05、気になった事件や事故など

2017年9月 3日 (日)

この殺人事件も容疑者は外国人

 茨城県美浦村の清明川(河口付近)で、平成16年(2004)1月31日、Image7_2口県防府市出身で茨城大農学部2年・原田実里さん(当時21歳)が遺体で発見された「美浦村舟子地内における女性被害殺人・死体遺棄事件」の容疑者を茨城県警が逮捕したと報道されました。実里さんは性的暴行を受け死因は窒息死で、首などに刃物で傷つけられた痕があったほか、遺体から複数の男のDNA型の体液が検出されていました。容疑者は近所のアパートに住んでいたそうで、余罪も匂わせているそうです。
 逮捕された男は、岐阜県瑞浪市祖父江に住むフィリピン国籍の工員ランパノ・ジェリコ・モリ容疑者(35)で、更に、31歳と33歳のフィリピン国籍の男二人も国際手配しています。きっと、10年前にフィリピンに逃げたという二人もImage8ドゥテルテ大統領が直接指揮?してでも早期に逮捕されることでしょう。
 都内でも、「スーパーナンペイ事件」、「世田谷一家殺害事件」、「柴又女子大生殺人放火事件」は、警視庁三大未解決事件と呼ぶそうですが、茨城県の事件のような急展開が期待されます。いずれにしても、国内の重要未解決事件は、外国人が関係している可能性が高いとされます。つまり、クローバル化や規制緩和などの金儲け戦略で、遵法精神の薄い外国人が簡単に出入りするようになれば、先人が命懸けで築きあげてきた日本の治安や文化、経済活動、環境なども同時に崩壊する虞も覚悟すべきです。

https://t.co/H01JcbQfgY

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年9月 1日 (金)

外国人が多くなると警察も大変だ

 クローバル化とか規制緩和とか聞こえの良い言葉で、元々日本を大切に思わない外国人Image1_2が大量入国されては、治安維持が難しくなるもので、警察官は大変だと思っています。英国のEU離脱も「移民・難民の大量受け入れの反発」だったとされますが理解出来ることで、正しい判断と思います。
 先日、どこかの県警では「通訳をパッと現場に向かわせることができない中国語や韓国語を母国語とする外国人には、レンタカーを貸さないで欲しい」という発言をし、英語圏の観光客への貸し出しを勧めたことが問題にされていました。また、8月31日午前11時15分ごろ、群馬県大泉町で県警の捜査員が、職務質問中に暴行を受け公務執行妨害 (不法滞在、無免許、ナンバー偽造も判明)の疑いで逮捕しようとした男が逃走中です。県警は、ベトナム国籍の住所、職業不詳グエン・バン・ハイ容疑者と割り出して、顔写真を公開し指名手配したそうです。
 1971年11月14日に渋谷で発生した暴動殺人事件の大坂正明容疑者は46年間も逃亡をつづけ、今年5月23日に逮捕されていましたが、中核派という仲間から守られていたから逃げ続けることが出来たはずです。きっと、グエン容疑者も群馬界隈の仲間に匿われて、今頃、片手錠を切断するのに必死のはずです。近年、日本も何処に行っても外国人で溢れていますが、生い立ちの環境、価値観、思考回路が日本人とは全く違うそうですから、外国人事件に対応する警察官も大変なことでしょう。
 マスコミも、「手錠を掛けながら逃げられるとは・・・」と的外れの批判報道ばかりですが、職務質問中に警察官に暴行を加えて逃走する容疑者に、一人の警察官が民家の庭に逃げ込んだ容疑者に追い付いて、やっと片手錠したという流れを考慮しないでコメントしています。それに、グエン容疑者は不明ですが、外国人は軍隊上がりが多く、格闘技やナイフの扱いに慣れていると聞きますから留意すべきことです。
追記】熊谷市内のコンビニの駐車場にいるとの連絡から、1日午後11時20分、捜査員が身柄を確保、逮捕されました。容疑者は白いシャツを着て靴もはいていたが、手錠もはめていた。公務執行妨害の他に、不法滞在、無免許運転、ナンバー偽造などの疑いもあるそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年8月23日 (水)

高学歴者の不祥事が多くなった?

 一般的に「高学歴は育ちがよく、低学歴は育ちが悪い」と思われ2130image3ていますが、最近の日本では、このジンクスも消え去った感があります。
 「この、ハゲー!」の暴行・暴言問題で自民を離党した豊田真由子議員は、女子御三家の名門、桜蔭高から東大法学部を経て厚労省に入省。その後ハーバード大大学院も修了、議員当選後は文科大臣政務官などの経歴が話題でした。また、最近でも慶應大学広告学研究会の集団強姦事件や、麻布署に強制猥褻容疑で逮捕されたミスター慶應候補と言われた慶応大4年、光野恭平容疑者(25)なども注目されています。そして極め付けが、国立市富士見台2丁目の「さくら通り」に面した高級マンション二階に住む、保険調査員・青木克人容疑者(51)による妻・万里子さん(43)殺しです。青木容疑者の経歴は、
 一橋大学(経済学部)1990年卒業、
 埼玉大学2004年卒業 · 修士(経済学)、
 埼玉大学(経済学)2007年卒業、
 現在は、法政大学文学部地理学科在学中
 などと理解出来ないほどの学歴で、職歴も「三井住友信託銀行」、「日本アイ・ビー・エム株式会社」などで、現在は損害保険リサーチ業務委託調査員のようです。 住んでいる高級マンションを見ても、よほど経済的に恵まれた家庭の方なのでしょう。
 青木容疑者は殺人容疑を認め、「妻と口論になり、ハンマーのようなもので殴った。遺体は車で運んで捨てた」と話しているという。6月17日午前2時ごろ、青木容疑者が自宅から大型バッグを運び出す姿が近くの防犯カメラに映っているそうで、このとき、八王子市犬目町の山林に妻の遺体を遺棄したと見られています。その後、妻のメールアドレスから、妻の勤め先の特別支援学校に体調不良で休む旨のメールや電話が合計6回あったそうで、いずれも容疑者が妻が生きているように装って連絡したとみられています。 あまり頭のいい人の事件とは思えません・・・・

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年6月 7日 (水)

大坂正明容疑者の現在の風貌

 先日、 広島市安佐南区東原の潜伏先マンション で、中核派・大坂正明Kamiyama_1110image2疑者(S24.9.29生)らしき人物が、公務執行妨害容疑により大阪府警に逮捕されていましたが、親族らから採取したDNA鑑定などから、指名手配中の帯広出身の大坂正明(当時は千葉工業大)と特定され、6月7日、殺人容疑などで警視庁に逮捕され、正午過ぎに大阪府警大淀署を出発し、東京・警視庁へ移送されたと報じられました。
 このテロ事件は、渋谷暴動と呼ばれ、1971年11月14日、沖縄返還協定の批准阻止を訴え過激派ら約5千人が渋谷駅周辺で起こした暴動事件で、中核派・数百人は機動隊に火炎瓶を投げたり、鉄パイプで殴りかかり、神山派出所や駐車車両を炎上させたりして、中村巡査(殉職後・警部補に特進)には、中核派7~8名が襲い掛かって鉄パイプで滅多打ちにされ倒れたところに、、更に出動衣の胸元を開きガソリンを肩口から身体に浴びせ、火ダルマにして死亡させたそうです。殉職現場は、NHK近くの渋谷区神山町11-10先で、若者が行き交う人気の街ですが、外国のテロと何ら遜色ない地獄絵図が広がっていたのです。
 大坂正明容疑者は、半世紀近い逃亡生活で風貌などは大きく変化しているようですが、中核派の仲間から逃亡の援助を受けていたとされ、それほどヤツレていなく小ざっぱりした印象です。逮捕後は完全黙秘を貫いているそうですが、今後の裁判闘争の準備をしているのでしょうか。渋谷区神山町11-10の殉職の現場には、中村警部補の小さな慰霊碑がありますが、いずれ現場検証で立ち会う機会に、人間の心があるなら手を合わせて欲しいものです。

Kamiyama_11_10Oosaka_masaaki_image822
Oosaka_masaaki_2

Oosaka_masaaki_image8
Oosaka_masaaki_image5
Oosaka_masaaki_image7_1
Oosaka_masaaki_image7_2

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年5月30日 (火)

なりふり構わぬ感があります

 森友学園(籠池)や加計学園理事長の関係、前川前次官の醜00image1聞、そして安倍首相と親しいというジャーナリスト・山口敬之氏の醜聞と続きますと、意図的な裏側も勘ぐってしまいます。しかし、詩織さんという「女子の心神喪失若しくは抗拒不能に乗じ、又は心神を喪失させ、若しくは抗拒不能にさせて事に及んだ」とあっては、極めて事件性が強いと認められますので、関係者はシッカリと対応すべきです。
  週刊新潮の記事では、詩織さんは「2015年4月3日、恵比寿の串焼屋から二軒目の寿司屋へ移動して約1時間後、睡眠薬のようなものを盛られたのか、目眩がしてトイレで記憶が途絶えた。翌朝午前5時ごろ、ホテルのベッドで気が付いた時には自分の上に山口氏が乗っかっていた。」などと主張していますが、意識ない人を不審に思われず、ホテルにどのように運んだのか・・・
 それにしても、皆さん、いろんな意味で、なりふり構わずの感が見えます。もう少し、身を質して生活することはできないのでしょうか。昔から「瓜田に履を納れず、李下に冠を正さず」と言われているではありませんか。ネット上では、「枕営業だろ」、「ハニトラに引っかかった」、「名前を出した女の勝ち!」などの意見が飛び交っています。
 果たして、真実はどうなのか、そして、事の本質は何処にあるのか。
 いずれにしても、皆さんこの程度のレベルの人物だったのかと残念に思えます。
 なお、山口氏はミサイル発射に詳しいと見られ、ホットロンチコールドロンチ方式があるそうですが、この件では、どの方式を採用したのかが追及のポイントか??00000025852_2
■山口敬之(やまぐち のりゆき)氏プロフィール
生誕---1966年5月4日(51歳)
出身地---東京都
教育---慶應義塾大学経済学部
職業---政治部記者 元カメラマン
活動期間---1990年 - 現在
肩書き---元TBSテレビワシントン支局長 ジャーナリスト
配偶者---有
子供---1男
※引用:wikipidia
詩織さんプロフィール
本名 イトウ シオリ・・・「伊藤詩織」
職業 ジャーナリスト、写真家
年齢 28歳
学歴 大学で米国留学(ジャーナリズム専攻)
サイト shioriito.com
Facebook 「Shiori Ito」Facebookページ
ツイッター Shiori.I(@photograshiori)
instagram Shiori ito(@shioristreet)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年5月27日 (土)

テレビは矛盾を堂々と報道する

 新聞・テレビはテロ準備罪(共謀罪)と、外国で多発するテロ2017527image1や中核派の中村恒雄警部補殺しを並べたり、悪質性など比較報道しないのは、共謀罪に反対する日頃の主張と矛盾するからですか・・・・それとも外国人の共謀だけが悪いのですか。
 テロ事件は政治的目的を達成するために、暗殺・爆破・ハイジャックなど手段を選ばず実行していますが、大津事件や浅沼委員長暗殺事件などの一部右翼テロを除き、組織的背景が強いものです。今国会で成立を目指すテロ準備罪(共謀罪)の対象は、テロ組織や暴力団などの犯罪組織の撲滅であり、国民がより安心して生活できる社会づくりのための法律で、反対する方が不自然です。マスコミも、外国の組織的且つ計画性の強いテロには、一応は共謀性を強く批判しつつ報道するのですが、日本のテロ準備罪(共謀罪)となると、途端に批判的になり、恰も共謀罪は悪法かのような印象を与えています。兎に角、この法律は安全・安心した社会を作ることが目的で、これに反対する人達は余程へそ曲がりなのか、捜査機関にフリーハンドを与える危険性があるとか、「話し合うだけで罪になる・・・」などと必死で反対しています。
 このような皆さんは、日ごろからテロの相談をしているのでしょうか。
 それなら理解出来ますが、怖い話です。00miyamoto
 日本共産党によるテロ事件の一部を掲載します。
1933年(昭和8年)12月23~24日、宮本顕治が渋谷区幡ケ谷本町のアジトで、荒縄、針金、硫酸、包丁、斧、炭火などで査問と称するリンチで小畑達夫を殺害
1949年(昭和24年)7月15日、車庫から無人電車を動かし、三鷹駅前の交番と民家に突入させて6名の死者を出した三鷹事件
1949年(昭和24年)8月17日、青森発上野行きの旅客列車を東北本線、福島県金谷川駅と松川駅間で脱線転覆させ、3名の死者を出した松川事件
1951年(昭和26年)12月、練馬署旭町駐在所の印藤勝郎巡査(32歳)を殺害
1952年(昭和27年)1月、札幌署警備課長の白鳥一雄警部(36歳)を拳銃で殺害
1952年(昭和27)年2月3日、長野県南佐久郡田口村で、無灯火自転車に乗った日共の一団が5人の警察官に暴行を加えピストルを強奪
1952年(昭和27)年5月1日、皇居前広場に突入し8名が死亡した血のメーデー事件  
 このような昭和20年代に行った武装闘争を、0000s02_0104「誤りのうちもっとも大きなものは極左冒険主義」(革命情勢がないのに武装蜂起した)などと自己批判し、1955年の日本共産党第6回全国協議会で暴力革命は否定するも、革命が「平和的となるか非平和的となるかは結局敵の出方による」とする、「敵の出方論」による暴力革命の方針は棄てていません。
 これでは反対するのは当然で、赤い影響を受けたマスコミの反対も然りです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年5月26日 (金)

日本はテロリスト輸出国だった

 「テロ等準備罪」に反対の立場から、「日本ではテロの発生は00000ea殆ど心配ない」などと語る人がいましたが、日本はテロの輸出国と世界中から批判されたことを忘れています。
 昭和47年5月30日、日本赤軍メンバーによるテルアビブ空港乱射事件は無差別テロの先駆けと言われています。この乱射事件の日本人犯人は、最初から死を覚悟しており、この手法はイスラム過激派が、「死ぬと天国に行ける」と信じられるジハード(聖戦)を正当化した自爆テロ誕生のキッカケになったそうです。
 昭和45(1970)年3月31日 日本航空便よど号ハイジャック事件
 昭和47(1972)年5月30日 テルアビブ空港乱射事件   
 昭和48(1973)年7月20日 日航ジャンボ機乗っ取り事件(ドバイ事件)
 昭和49(1974)年1月31日 シンガポール製油所襲撃事件(シンガポール事件)
 昭和49(1974)年9月13日 フランス大使館占拠事件(ハーグ事件)
 昭和50(1975)年8月 4日 スウェーデン大使館占拠事件(クアラルンプール事件)
 昭和52(1977)年9月28日 ダッカ日航機乗っ取り事件(ダッカ事件)
など数々の日本赤軍によるテロは、日本共産革命を世界同時共産革命の一環と位置付け、パレスチナ解放人民戦線(PFLP)と合流して、全世界を震撼させた無差別テロを最初に惹起して、世界中のテロリストから模範と讃えられる極左組織です。000s02_0503
 このような一般市民を無差別に襲撃するテロの先駆け国だけに、「テロ等準備罪」に反対する国民が多いのも頷ける話です。そして、民進党の辻元清美議員の内縁の夫は元日本赤軍・北川明氏であることや、社民党の福島瑞穂の夫・海渡雄一氏は中核派の元幹部であり、どのような立場で活動しているかは火を見るよりも明らかです。つまり、日本でも「イスラム国」と合流したテロリストの誕生の土壌は十分にあると見るのが自然です。
共謀罪ではテロは防げない! - 小林よしのりオフィシャルwebサイト
重大事件等を展開した日本赤軍その他の国際テロリスト(警察庁)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月25日 (木)

「桜田門外の変」は牛肉の恨み?

 1974年の「三菱重工ビル爆破事件」など、一連の「連続企業爆000070a破事件」の大道寺将司死刑囚(68)が5月24日、東京拘置所で病死したと報じられました。この事件は、
 「日本赤軍事件」1970~1980年代に世界各地で起こしたテロ事件、「地下鉄サリン事件」1995年(平成7年)3月20日オウム真理教による事件と並べて、近年の「三大テロ事件」の一つと思われます。また、日本の歴史上の「重大テロ事件」としては、「本能寺の変」、「赤穂浪士討ち入り」、「桜田門外ノ変」、「二・二六事件」などが上げられ、
 「本能寺の変」は、天正10年6月2日(1582年6月21日)
 「赤穂浪士討ち入り」は、元禄15年12月14日 (旧暦)(1703年1月30日)、
 「桜田門外ノ変」は、安政7年3月3日(1860年3月24日)、
 「二・二六事件」は 昭和11年(1936)年2月26日発生は、動機が積年の遺恨を晴らすことや、本能寺以外は、雪が舞う寒い日だったことなどから、芝居や映画でも美しく演出されることが多いようです。
  ところで、「桜田門外の変は牛肉の恨みから」という新説があります。
 それは、江戸時代は肉食が禁じられていましたが、例外的に、彦Yosida_545437根藩では牛肉の味噌漬けを生産し、将軍家に献上してきました。そして、時々、老中や諸大名にも贈呈していたそうです。幕末の水戸藩主徳川斉昭も、贈られた一人で、牛肉が大好きだったので井伊家からの贈呈を楽しみにしていました。しかし、井伊直弼が彦根藩主になると牛を殺すことを禁じたので贈呈されなくなりました。そこで、度々、水戸藩から彦根藩へ、牛肉を贈るよう依頼しましたが、彦根藩はむげに断ってきました。この食べ物の恨みから水戸藩と彦根藩は仲が悪くなり安政の大獄・桜田門外の変に繋がったとのことです。この話は、吉田忠著の「牛肉と日本人」によると、明治期に水戸藩の関係者が書いた「水戸藩党争始末」に基づくもので、説得力ある話しだそうです。
 世界中で発生するテロ事件も、こんな裏話しがありますと、小説や映画にもなるのでしょうが・・・・・実際のテロの根本原因は、歴史的な民族紛争、領土問題、経済格差、宗教問題、イデオロギーの対立等々、深刻な問題があると思われ、これらを題材にした感動する小説や映画など生まれそうにありません。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年5月24日 (水)

このような殺人テロ集団が対象だ

 この事件は被害者や容疑者とも同級であり、昨日のことのように記2017524image3憶しています。
 また、このようなテロ事件からテロ等準備罪に、暴力革命を堅持し破防法の監視団体・日本共産党を頭に、赤い影響を強く受けた左巻き野党やマスコミがなぜ懸命に反対するのか理由が分かります。
 さて先日、昭和46年11月14日の渋谷暴動で、新潟県警から都内に応援派遣されていた中村恒雄巡査(殉職後・警部補に特進)の殺害容疑で指名手配中の中核派・大坂正明容疑者(S24.9.29生)らしき人物が、広島市安佐南区東原の潜伏先マンションで公務執行妨害容疑により大阪府警に逮捕されたと報じられました。大坂容疑者には逮捕歴がない為、親族から採取したDNA鑑定などで確認を進めているそうです。
 一方、殺害された中村警部補は、新潟県佐渡郡相川町(現佐渡市)出身で、相川高校を卒業後69年に採用、70年3月新潟中央署配属と共に関東管区機動隊員として、殉職するまで成田警備等に3~4回出動。殉職の現場は渋谷区神山町11-10先で、中村警部補の小さな慰霊碑があります。目標はNHKセンター下交差点と観世能楽堂のほぼ中間で、ローソン向かい精米店脇Shibuya_image2です。渋谷暴動とは、1971年11月14日、沖縄返還協定の批准阻止を訴え過激派ら約5千人が渋谷駅周辺で起こした暴動事件で、中核派・数百人は機動隊に火炎瓶を投げたり、鉄パイプで殴りかかり、神山派出所や車を炎上させ、中村巡査は鉄パイプで滅多打ちにされ倒れたところに、、更に出動衣を開きガソリンを肩口から身体一杯浴びせて火ダルマにされて死亡。今は若者が行き交う人気の街ですが、外国のテロと何ら遜色ない地獄絵図が広がっていたのです。
 21歳の若さで殉職された中村警部補には、改めてご冥福をお祈り致します。なお、佐渡の中村家が仏教徒なら、「四十七回忌」の法要は、命日から満46年目、つまり今年の11月のはずです。
広島市安佐南区東原の潜伏先マンションImage1_2
■中村警部補の最期の様子
Image5

■東京都渋谷区神山町11-10付近
Image3Shibuyakukamiyama1110Image2


共謀罪云々の時期に中核派の大坂正明と見られる男の逮捕。
これは反日左翼に対する、天の怒りか地の声か、警察の執念か…………
何にせよ、反日国賊集団の悪事千里に暴くべし! pic.twitter.com/6dp0x4kUG0

00004551

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年4月14日 (金)

リンちゃん殺人容疑者はPTA会長

 今年3月26日、千葉県我孫子市北新田の利根川沿い排水路脇のImage8草むらで発見された遺体は、同県松戸市六実(むつみ)5丁目に住むベトナム国籍で松戸市立六実第二小学校3年生のレェ・ティ・ニャット・リンさん(当時9)でしたが、近所に住む不動産賃貸業の渋谷恭正容疑者(46)が我孫子警察署に死体遺棄の疑いで逮捕されたと報道されました。容疑者は同校のPTA会長であるとともに学童通学路の見守り隊員であったことからも波紋を広げています。容疑者の自宅付近にはマスコミ関係者が多く集まり、画面の情報から 千葉県松戸市六実4丁目8−4付近であることが判りますが、PTAや見守りまで信用を蔑めた罪は大きいと思います。この事件の経緯は、
 リンちゃんは、遺体で見つかる2日前の3月24日に登校するため自宅を出たあと行方が不明となり、26日我孫子市北新田で発見されましたが、遺体の発見現場から約20キロ離れた坂東市の利根川の河川敷で、ランドセルや衣服などが見つかっていました。そして現場の遺留物のDNAの型から容疑者が浮上し一致したことなどから、遺体遺棄の疑いで逮捕されました。ご遺体はベトナムに帰ったと報道されていましたが、まずはご冥福をお祈り申し上げます。
Image5https://goo.gl/maps/h5Mdc3CeqTr

| | コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧