03、 国立市界隈のこと

2017年9月15日 (金)

「インド人もビックリ」新幹線建設

 我が社の隣には、鉄道技術研究所(現・鉄道総合技術研究所)がありますが、ここで新幹線「ひか2017915image222り号」が開発されたことから国分寺市光町(ひかりちょう)と言う町名が名付けられました。その新幹線が開発されてから50数年、今や台湾や中国にも輸出され、今回はインドから受注され、9月14日に起工式が行われていました。日本の物づくりの象徴と言われる新幹線技術は、最新技術の固まりとされますが、昭和33年の開発当初は、戦闘機「零戦」や特攻兵器「桜花」などの軍事技術が随所に使われ、デザイン、速度アップ、振動を押さえる工夫などをしてImage4_2いました。
 訪印中の安倍晋三首相は9月14日、インド西部グジャラート州アーメダバードで、日本の新幹線方式を導入したインド高速鉄道の起工式にモディ印首相とともに出席し、インドでの新幹線建設が2023年の開業を目指して動き始めました。日本は、インド国民軍を編成しインド独立に貢献したことで感謝されていることや、東京裁判ではインド代表のパール判事の「日本無罪論」を主張したことなどから、お互いに好印象を持っているようです。この新幹線も、国と国をつなぐ架け橋として大きく貢献するはずです。かつて、日本のカレーライスを食べたインド人は、あまりの美味しさに「インド人もビックリ!」と飛び上ったそうですが、きっと、日本が世界に誇る新幹線技術にも同じように驚くことでしょう。
地名「光町」の由来は新幹線「ひかり」: 大日建設の社長日記Dainichi_image

昭和の時代の新幹線構想 https://youtu.be/MV50hvlhc-Y

【これは凄すぎる】外交中の安倍首相が9kmに及ぶパレードで大歓迎される。外国首脳初の異例な大歓待に一見の価値あり!
  https://youtu.be/S0bfNGQq6jE

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年9月11日 (月)

国立市富士見台二丁目殺人事件

 今年6月から行方不明になっていた青木万里子さん(43=都立八王子Inume_image4特別支援学校教諭)の遺体を、八王子市犬目町の工学院大学脇の山林に遺棄した事件を捜査中の警視庁捜査一課(立川警察署に捜査本部設置)は、8月21日、国立市富士見台に住む夫・青木克人(51)容疑者を死体遺棄罪で逮捕していましたが、今日9月11日、殺人容疑で再逮捕したと報じられました。
 青木容疑者は、国立市富士見台2丁目のさくら通りに面したマンション二階に住む、保険会社の業務委託調査員で、報道では今年6月中旬、自宅で妻の万里子さん(43)の頭をハンマーなどで殴って殺害した疑いです。夫は黙秘しているようですが、6月17日(土)午前2時ごろ、自宅から大型バッグを運び出す姿が防犯カメラに映っていて、この時、八王子市の山林に妻の遺体を遺棄したと推測されています。
 その後、夫は妻が勤務する学校に「妻は体調が悪い」などのウソの電話やメールなどで発覚を遅らせたり、アリバイ工作したとみられています。また、万里子さんは6月19日(月)から学校に出勤しなくなり、7月25日に上司が心配して立川署員とともに自宅を訪ねていますが、安否を確認できなかったそうです。
  青木克人容疑者の経歴は、出身は福岡県北九州市で、
 一橋大学(経済学部)1990年卒業、
 埼玉大学2004年卒業 · 修士(経済学)、
 埼玉大学(経済学)2007年卒業、
 現在は、法政大学文学部地理学科在学中
 などと理解出来ないほどの学歴で、職歴も「三井住友信託銀行」、「日本アイ・ビー・エム株式会社」などで、現在は損害保険リサーチ業務委託調査員のようです。住んでいる高級マンションを見ても、よほど経済的に恵まれた家庭なのでしょう。
女性教諭遺体遺棄事件 夫を殺人容疑で再逮捕 | NHKニュース

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年9月 2日 (土)

ゴミ有料化でゴミ削減と公平化

 「家庭ゴミの有料化」は、ゴミの削減や市民負担の公平化、街の環境保全が期待出来る反面、「市民負担の増加」「不法投棄の増加」なども懸念されています。0000003589_image001そもそも、ゴミなんぞ分別せず、何時でも何処にでも自由に出せたら、こんな便利なことはありませんが、どんな結果になるかは眼に見えています。
 昭和39年の東京オリンピックは、日本の国際社会復帰を印象づけましたが、ゴミ処理も大きな転換があったとされます。当時、生活様式の変化からゴミの排出量が激増し、ゴミの質も変化し、日本各地に公害や環境問題が噴出しています。昭和32年から埋め立てを開始した「夢の000003c2d28275e6島」はその典型例で、昭和46年には「東京ごみ戦争」が宣言され、これを契機に全国各都市でゴミが最大の都市問題となっていきました。
  昔から世界の大都市で一番の悩みは、ゴミ処理の問題で、空き地や川への投棄が日常的茶飯事だったそうですが、唯一評価されるのは江戸から昭和初期の糞尿は近郊の農民がリサイクル利用していたことです。それが、昭和初期には肥料の発達から、し尿の肥料としての価値が下がり、次第に処理・処分に頭を痛めた結果が、国立市のし尿処理施設清化園の誕生とされます。清化園はし尿処理施設として約40年間、国立、府中、国分寺市民の生活を支えてきましたが、平成11年にその役割を終え、今はスーパーや湯楽の里として市民の憩いの場所に変身しています。
 9月1日から国立市も「ゴミ有料化」となり、ようやく他の自治体並みになりましたが、この有料化による予算で、一層の環境に配慮した街づくりを期待しています。きっと、2020年の東京オリンピックまでには、都内の全ての自治体がゴミ有料化となり、街の清潔感がアップするともに、物を大切にする意識の変化も期待されています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年8月30日 (水)

国立駅「赤い三角屋根」の両隣にビル

 JR国立駅南口に復元が予定される赤い三角屋根の旧国立駅舎の両00020170823st_kunitachi隣に、右のイメージでJR東日本が商業ビルの建設を計画していることが判明し、せっかくの名所つくり計画がガッカリしてしまうと、8月23日の読売新聞に掲載されていました。
 これに、「復元旧駅舎の両隣にJR東日本が4階建の商業ビルを建てると、旧駅舎が札幌時計台みたいに『ガッカリ名所』になってしまう---中略----これこそ「勝てば官軍」で、その両隣の土地がJR東日本の所有である以上、法令に反しない限り何を建てようと自由でありそれが嫌ならばそれらの土地まで買い取ればよかったのであり、そもそも当初の高層ビル案から4階建に抑えただけでもまだ住民に「忖度」した方であり・・・」との面白い意見があります。
 この商用ビルの建設計画に、赤い三角屋根の旧国立駅舎復元推進派の国立市民はどのような手を打つのか注目されますが、ここで、マンション訴訟と同様に市に「後出しジャンケン条例」制定を迫って対抗されては、益々ごり押し住民のイメージを拡散し評判を悪くするはずです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年8月 7日 (月)

南武線沿線を「シリコンリバー」に?

 南武線沿線は、戦前から日本電気(NEC)、富士通信(富士通00000map_1)、日本光学(ニコン)等の軍需産業が集中し、戦後も日本のモノづくりの発展に多大の貢献をされた歴史から日本のシリコンバレーと呼ぶこともあるそうです。
 さて、アメリカ西海岸の「シリコンバレー」地域は、I T業界の中心地でハイテク産業全体を指すイメージがありますが、実は第二次世界大戦当時、夜間戦闘を可能にした高性能レーダーなどの最先端兵器を造り出す軍需産業が母体だったと知られています。その発展の陰には、「東のハーバード、西のスタンフォード」と言われる、アメリカ屈指の名門「スタンフォード大学」が存在し、戦前から電子工学の研究に莫大な予算を投じて、その成果は大学周辺の軍需産業で実用化し、その製品を米軍が採用することで、より発展した歴史があります。
 そして、グーグルの創立者ラリー・ペイジや、HPの創業者のビル・ヒューレットとデイブ・パッカードら数多くの起業家を送り出してベンチャーの聖地とされるものの、現実には戦争や冷戦が育てたような地域です。最近では、九州が半導体関連産業が多い事から「シリコン・アイランド」と呼ばれ、これに負けずと多摩川沿いの南武線沿線を「シリコン・リバー」と呼ぶ動きもあると聞きます。それを確かなものに育てるには、「スタンフォード大学」と並ぶ研究機関や、その研究を実用化する産業やベンチャー企業の育成も同時に必要がありそうです。果たして、受け皿はあるでしょうか。
 一橋大学では、1年間の交換留学を可能とする海外派遣留学制度で「スタンフォード大学」との交流もあるそうですが、その種火に育つ可能性は・・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年8月 6日 (日)

南武線沿線の引抜合戦が話題です

 「えっ!? あの電気機器メーカーにお勤めなんですか!それならぜひ弊社にきませんか」 Yoyoata1x1、「シリコンバレーより、南武線エリアのエンジニアが欲しい」、更に「エンジニアのみなさま、お疲れさまでした。本日帰宅されましたら、自宅でじっくりと下記の内容をご検討ください」などと、エンジニアの心理をくすぐる広告が駅構内などに掲載され、その意図をあからさまにした引き抜き合戦が話題です。今日8月6日の読売新聞にも、車大手「自動運転技術開発を競う」とあり、南武線沿線でI T人材争奪戦が繰り広げられている実態を紹介しています。
 確かに、戦前・戦後を通じて京浜工業地帯に直結する南武線は、横須賀線や京浜東北線と並んで、日本のものづくり産業を牽引してきた象徴的な沿線です。その証のように、駅名を「日本電気前駅」が向河原駅に、「グラウンド前駅」が武蔵小杉駅に、「日本ヒューム管前駅」が津田山駅に、「久地梅林駅」が久地駅に改称した歴史など、沿線沿いには戦前から軍需産業など各企業の事業所や社員の住宅が多いことを示しています。最近では沿線に、トヨタの他に、富士通、NEC、キャノン、日立、東芝などの大手企業が並ぶことから、日本のシリコンバレーと紹介しており、自動運転技術の開発を競い合っている現状を知ることが出来ます。ただ残念なのは、多摩川を越えて東京側に入ると、府中にNECがある以外は殆どその色合いが薄まることであり、国立市もこの一角に食い込めないかと期待したいものです。

00nambulinemap201603201786image

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年7月23日 (日)

「国立 まと火」は今日7/23開催です

 この「まと火」という地方文化も国立には多摩川という前提条件が備わり、国立2017723_matobi市民にも受け入れる素地があったのでしょう・・・・
 国立市は秋田県の旧・合川町(現・北秋田市)と、昭和50年代から児童交流がはじまり、これが発展し、平成26年からは合川地区春彼岸の中日の伝統行事「まと火(万灯火)」を多摩川で実演して交流を深めています。この「まと火」は、「万灯火」、「万渡火」、「纏火」とも漢字で書くほかに、単に「マトビ」とカタカナで書き記すこともある先祖供養の行事で、毎年春のお彼岸と8月のお盆の時期に行われることが多いようです。それにしても、秋田県には、この「マトビ」の他にも、「竿灯祭り」、「ねぶた流し」など火を使う行事が多いようです。北秋田辺りは、1200年も前には、蝦夷と大和朝廷側との激しい戦いや、飢饉では多くの餓死者を出した地域だそうですから、先祖供養の想いも深いものがあるのでしょうか。
 「国立まと火」も本家を凌ぐほどの盛況ぶりが期待されます。
日時~平成29年7月23日(日曜日)(雨天決行)
開場~午後6時  点火 午後7時30分
場所~多摩川河川敷公園グラウンド(谷保9544付近)
  (注)駐車場はありません
内容~天神太鼓・合川太鼓による演奏・参加者による点火式など
[PDF]地方 ( ちほう ) の 万灯 ( まと ) 火 - 文化庁 Image_3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年6月15日 (木)

真珠湾と国立市の料亭「夏の家」

 6月14日は「ハワイ・アメリカ合併の日」で、明治31(1898)年、「ハワ1935_makanani_drive_honolulu_hawaiiイ人・アジア人には選挙権を与えない」という憲法を押し付けて併合した日ですので、「ハワイ真珠湾と国立市の夏の家(ナツノヤ)」という題名で触れて置きたいと思います。
 常夏のハワイは、日本人にとって最も身近な海外として観光客や移住者が多いところですが、この島は日本によって独立させる機会が二度あったとされます。最初は1881年(明治14年)、ハワイのカラカウア王がアメリカの軍事脅威に対抗するため、明治天皇に対し、「山階宮定麿王(後の東伏見宮依仁親王)を姪のカイウラニ王女の婿に欲しい。」と申し込まれたとき。更に、1941年(昭和16年)12月8日の真珠湾攻撃が成功したときとされ、そのままハワイを独立させていたなら、その後の展開は全く違ったと見られています。
  さて、本題に入りますと、
ハワイ・ホノルルのアレワハイツといImage2う丘の上の料亭「春潮楼(しゅんちょうろう)」は、戦後「夏の家(ナツノヤ)」と名前を変えていますが、その姉妹店の懐石料理店「夏の家」が 国立市中1-16-5にあると知りました。つまり、夏の家(春潮楼)の姉妹店は、ハワイ・ホノルルにある創業95年の老舗で、真珠湾攻撃に関わった料亭と知られています。戦前、スパイ・森村正こと吉川猛夫(愛媛県松山市出身)は、春潮楼二階からの羨望が米海軍基地パールハーバーの艦隊の動向を観察する最良のポイントと知り、昭和16年1月1日~12月7日までの間、日本に艦隊の動きを打電し、真珠湾攻撃を成功させた陰の功労者と言われています。「夏の家(ナツノヤ)」には、今でも当時使用していたという望遠鏡が飾られているそうで、初代の女将は藤原タネヨさん、現在は藤原栄美子さんで、吉川猛夫と同じ愛媛県出身のようです。もう二度とスパイの舞台に利用されることはないはずですが、国立市の「夏の家」さんのことは、客として訪問して直接質問して下さい。
懐石料理店「夏の家」 国立市中1-16-5 電話042-577-1110
 平均予算は、ディナー:6000円~7999円、ランチ:2000円~2999円との情報です。Map

■ハワイ「夏の家(ナツノヤ)」の住所:
 1935 Makanani Drive Honolulu, Hawaii, United States of America
 公式サイト:http://natsunoya.com/
■日本人スパイと 真珠湾攻撃 / 歴史秘話ヒストリア
http://dai.ly/x2boxt7

日本人スパイと 真珠湾攻撃 / 歴史秘話ヒストリア 投稿者 byzantinedeslergreatbasileus

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年6月14日 (水)

都議選・北多摩Ⅱ区の候補者たち

 注目の都議選(6月23日告示、7月2日投開票)まで、残すところ17日となりました2017614_image
 今度の都議選は、都議会で最大勢力の57議席を有する自民党と小池知事が率いる地域政党「都民ファーストの会」の真っ向対決と見られ、今のところ議席獲得は拮抗している印象です。つまり、民進・共産・維新などの野党は大打撃を受けること必至でしょう。
 投票率アップも予測されていますが、その分、適性或いは政治的能力が不足した議員が誕生すると予想されています。北多摩第二選挙区「国立市・国分寺市」は、定数2のところへ、現在4人の有力候補者が出馬しているようです。
興津秀憲(60)民進公認(元)国分寺市出身
高椙(たかすぎ)健一(66)自由民主党公認()国分寺市在住
山内玲子(61)生活者ネットワーク公認、都民推薦、共産支持()国立市在住
岡本光樹(34)都民ファーストの会公認(新)岡山県倉敷市出身
 これではとても、現職有利などと言えない情勢と思われ、注目は、豊洲移転賛成の方針を示した「都民ファーストの会」が、当初から移転反対を貫く「生活者ネットワーク」の動きです。先般は、都民とネットは選挙協力すると報じられていましたが、今後、どのような展開があるのでしょうか。また、小池知事は、築地は売却しないで築地のブランドを大切にして「食のテーマパーク」という商用施設の建設案を見せていますが、これも都議選を前にしたイメージアップ作戦か・・・そして、一時的な人気で誕生した「小沢チルドレン」「小泉チルドレン」「鳩山チルドレン」のように、偏向したテレビ報道に左右された都民によって小池チルドレンが多く誕生するはずです。そもそも、こんな現象が日本は民主主義が不向きな国民性と見られる所以と思います。
北多摩第二選挙区「国立市・国分寺市」平成25年6月23日執行の開票結果 
 当時新人ながら、国分寺市議の高椙氏が余裕の勝利だったことが分かります。
 今回は、生活者ネットワーク公認の山内玲子氏は更に都民ファーストの会の推薦を受けて支持の幅を広げたと思われたのに、都民ファーストの会公認の岡本光樹(34)氏が出馬することになり、山内氏はかなり厳しくなった印象です。

Image2017614image0001

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年6月 9日 (金)

立川の長島昭久議員インタビュー

 長島昭久衆議院議員は2003年の衆院選で東京21区( 立川・昭Image5島・日野)から民主党公認で立候補し初当選以来、防衛安保政策を担当していましたが、「共産党との選挙共闘という党方針は受け入れ難い」と、4月25日に民進党を離党していました。
 この長島議員に5月10日、築地魚河岸仲卸三代目で豊洲移転派の生田よしかつ氏主宰の「報道特注」が突撃インタビューを行った動画が配信されました。話題は、民進党離党に至った経緯をはじめ、国会における民進の立ち位置、蓮舫代表の二重国籍、共産党との連携、小西洋之議員、辻元清美議員、山尾志桜里議員、都民ファーストの会との関係など多岐に渡っています。当然ながら、民進党をよく分析していますが、「14年間もお世話になった党だから」、「辻元議員を生理的に嫌だと思わない・・・」、「蓮舫代表や山尾議員は質問が巧い」などと言い訳や擁護が多く、切れ味が悪い印象が強く、離党が遅すぎたと見ていました。
 国会の裏話として、「民進党は自民と同じ土俵に上がらない作戦」を語り、民進党が徐々に左傾化した現状を暴露しています。また、長島議員と一緒に離脱した地元の市議や都議が、都民ファースの会の公認や推薦で立候補することや、自身は自民からの誘いもあるが当面は無所属で行く方針を語っています。今回、都議選の立川市選挙区では、「都民ファーストの会」推薦で酒井大史候補、日野市選挙区は日野市議の菅原直志候補が公認であり応援は明白でしょう。また、北多摩第二(国分寺・国立) の都民ファーストの会候補に応援に来るかは不明ですが有りえることです。
■#21報道特注【長島昭久議員インタビュー
 離党のワケ・蓮舫二重国籍・共産党・小西洋之・辻元清美・都民ファーストを語る
 築地魚河岸仲卸三代目で豊洲移転派・生田よしかつ
 https://youtu.be/KjcpIkcaUTk

| | コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧