« 地域の王者として君臨する外来種 | トップページ | 水道事業が外国資本に渡る恐れは? »

2018年12月 7日 (金)

ナゼ「同じ轍を踏むのか」

 他の人の失敗を見ておきながら自分も同じ失敗を繰り返すことを、「同じ轍を踏む」と言いますが、自らの事も含め、人間の持つ悲しき性(さが)を見る思いです。Onagitetu_image
 貴ノ岩(千賀ノ浦部屋)が、冬巡業先の行橋市の宿舎内で付け人・貴大将に暴行したことが騒がれています。貴ノ岩は、昨年秋の鳥取巡業の酒席で元横綱日馬富士からの暴行事件であれほど注目されていたのに、あれから1年、今度は、被害者から一転加害者です。旧貴乃花部屋では、今年の名古屋場所で貴公俊が付け人に暴力を振るう騒動が起きたばかりで、師匠の貴乃花が角界を去る事態に追い込まれたばかりでした。
 この負の連鎖は最悪の結末を迎えるのかと心配しています。
  仏の哲学者ヴォルテールは、「どんな人も 他人の経験によって学び取るほど利口ではない」と語り、松下幸之助は「失敗したところでやめるから失敗になる。成功するまで続けたら、それは成功になる。」と教えます。しかしながら、「仏の顔も三度撫ずれば腹立つ」の言葉もあり、また、前の人の失敗を繰り返す「二の舞を踏む」や、前の失敗を知っていながら同じ過ちを繰り返すことを「同じ轍を踏む」と言います。
 何故か今、良寛の「うらを見せ 表を見せて 散る紅葉」を思い出しています。2018_12_image_

|

« 地域の王者として君臨する外来種 | トップページ | 水道事業が外国資本に渡る恐れは? »

01、個人的に関心を持った話し」カテゴリの記事

コメント

 同じ轍を踏むといえば、この時期忘年会で何度注意しても終電を乗り過ごしたり、そもそも終電そのものに乗れなかったりといった「酒の失敗」はサラリーマンなら経験者も多かろうと思われるが、そんなあなたに京王バスさんが今日から大手町・東京駅南口・新宿駅西口発〜国立駅行きの「深夜急行バス」を運行してくださるところで、
 そろそろ同じ轍を踏むまいとして頑張ったにもかかわらず今年は大波乱となったのが、一昨日合格発表のあった宅地建物取引士(宅建士)試験であり、これまでの資格スクールの指導や市販のテキストでは50点満点中「36点」獲得を目標にしており、それに合わせて学習し、受験した結果、自己採点が「36点」で目標達成と安堵したのも束の間、平成最後の宅建士試験は合格最低点が過去最高を更新し「37点」となり、1点足りず涙を飲んだ受験生が続出したのもさることながら、資格スクールやテキスト出版社にとっては、これまでの36点目標の指導から大きな戦略転換を迫られていることにも言及頂きたいかと…。

投稿: | 2018年12月 7日 (金) 11時00分

「東京発着高速バス」は平日のみの運行のようです。
https://www.tokyobus.or.jp/midnight/midnight_all.html
運休日:土日祝、12月30日~1月4日、8月13日~16日の翌日、予約制ではありません、直接のりばへお越しください。(先着座席定員制)
【お問合せ先】京王バス東 世田谷営業所 : 03-5357-2505
との情報です。因みに、[深夜急行] 国立駅行は、新宿駅西口バスのりば、新宿駅西口 京王百貨店前 21番バスのりばで、01:25発 02:30着 (65分)で、運賃は2550円とあります。

投稿: 管理人 | 2018年12月 7日 (金) 14時14分

今年18年度宅建試験合格点は37点で過去最高で合格率は15.6%だそうです。
合格者は17年度から716人増の3万3360人(男性2万1838人、女性1万1522人)のようですが、果たして、何割の人達が不動産業界に足を踏み込むのか。

投稿: | 2018年12月 7日 (金) 19時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/74727992

この記事へのトラックバック一覧です: ナゼ「同じ轍を踏むのか」:

« 地域の王者として君臨する外来種 | トップページ | 水道事業が外国資本に渡る恐れは? »