« 「国体」から「国スポ」の変更に想う | トップページ | 本物の「ジャーナリスト魂」が見たい »

2018年10月23日 (火)

改めて天皇陛下の存在に想う

 最近、日本の国柄をいう「国体」に触れる機会がありましたが、簡潔に申すなら、日本の「国体」は神武天皇以来、天皇を元首とする国家と言える00001204203200_はずです。先般亡くなられた佐々淳行氏は、2011年5月号「歴史通」で、「天皇―最高の危機管理機構」と題して、「天皇制は日本人が生み出した知恵の結晶、発明である」と述べています。
 また、明治天皇の玄孫で憲法学者の竹田恒泰氏は、著書「日本人の原点がわかる国体の授業」で、「日本で唯一、天皇だけは替えがききません。万が一、天皇が不在になったとしたら、もはや日本ではなくなるのです。天皇が唯一無二の存在であることを具体的に示していきましょう。天皇が不在になったら、国の統治機構は、立法・行政・司法のすべてがまったく機能しなくなります。」と述べ、その証拠として、「天皇の任命権」を定めた憲法第6条0005__sl500_と、「国事行為」を定めた憲法第7条を例示しています。
◎日本国憲法第6条
1  天皇は、国会の指名に基いて、内閣総理大臣を任命する。
2  天皇は、内閣の指名に基いて、最高裁判所の長たる裁判官を任命する。
◎日本国憲法第7条
天皇は、内閣の助言と承認により、国民のために、左の国事に関する行為を行ふ。
1 憲法改正、法律、政令及び条約を公布すること。
2 国会を召集すること。
3 衆議院を解散すること。
4 国会議員の総選挙の施行を公示すること。
5 国務大臣及び法律の定めるその他の官吏の任免並びに全権委任状及び大使及び公使の信任状を認証すること。
6 大赦、特赦、減刑、刑の執行の免除及び復権を認証すること。
7 栄典を授与すること。
8 批准書及び法律の定めるその他の外交文書を認証すること。
9 外国の大使及び公使を接受すること。
10 儀式を行ふこと。
 つまり、内閣総理大臣の任命は天皇であり、天皇が任命しなければ内閣総理大臣も最高裁長官も成立しないことになり、他の閣僚も同様です。それに、衆議院の解散も総選挙も天皇が公示することで始まります。また、全ての法律は天皇が公布しないと効力を持ちませんから、いくら国会で頑張って良い法律を作っても無駄なことになりますから、如何に天皇陛下の存在が大きいかを知ることが出来ます。
 そして竹田恒泰氏は、「日本では天皇の身体を通してあらゆる国政が具現化されています。私たちはその仕組みのなかで生活しているのです。もちろん、そういったことは、あくまでも形式的・儀礼的なものであって、天皇の意思がそこに入っているかどうかは、あまり重要ではありません。」と説き、「万が一、皇族の方々が消滅してしまうようなことが起こって、正統な皇位継承者がいなくなると、それは皇室がなくなるのと同じことなのです。国体を守ろうとするのであれば、天皇と皇位継承者を生み出す皇族(宮家)を合わせた皇室全体を守らねばなりません。」と締めています。
 このように、「天皇陛下の仕事」として、憲法にある国事行為の他に、皇室祭祀(宮中祭祀)、宮中晩餐会、、外国ご訪問;  被災地の慰問や各地へのご訪問、園遊会、皇居内での稲作など多岐に亘っていることを理解すべきと思います。

|

« 「国体」から「国スポ」の変更に想う | トップページ | 本物の「ジャーナリスト魂」が見たい »

01、個人的に関心を持った話し」カテゴリの記事

コメント

 今日は明治改元の日のようであり、この明治という元号は松平春嶽が考案したようであるが、以来、一世一元となるも、当時と違って今や医療技術も発達し、今上陛下もご在位中にご高齢となると、「激務」をこなされるのが困難となることは自明のことであり、この際、一世一元の見直しもさることながら(明治より前は生前退位が当たり前)、国事行為の一部を皇太子殿下(新天皇即位後は皇嗣殿下)に分散され、負担を軽減されることを真剣に議論すべきではないかといったところで、
 そろそろ仮に天皇制がなくなったとすると大統領制等になることが考えられるが、終戦時にそれを極度に恐れたのが他ならぬアメリカであり、仮に大統領制等になれば当時の状況からして共産政権が誕生する可能性があり、すなわち今日日本がその後の経済成長を経て資本主義を謳歌しているのは他ならぬ天皇制のおかげであり、事実終戦後朝鮮では南北分割せずに選挙で元首を選ぶと金日成が当選する可能性があったことから国を分けたのであり、それはまたアメリカのみならず日本人にもそうした事態を危惧した人物がおり、他ならぬ「近衛上奏文」がその典型例であることにも言及頂きたいかと…。

投稿: | 2018年10月23日 (火) 17時06分

 「近衛上奏文」がその典型例であることにも・・・・とありますが、「近衛上奏文」だけで近衛文麿を評価することは難しいはずです。
 陸軍や国民に期待されて誕生した近衛文麿内閣のもとで設置した企画院では、「京浜グループ」事件で、多くが治安維持法違反容疑で逮捕されています。他にも、風見章、尾崎秀実、ヒャルト・ゾルゲ、元アメリカ共産党員で洋画家の宮城与徳の逮捕などから、内閣中枢に多くの共産主義者が入り込み、日本を戦争に引きずり込む計画をつくっていたことが明らかになっています。
 近衛文麿はGHQに戦犯として逮捕される直前に荻外荘で自殺していますが、自殺せず堂々と東京裁判で共産主義の陰謀を証言して欲しかったものです。
 共産主義の脅威を訴えて、戦争の早期終結を天皇陛下に奏上した「近衛上奏文」だけを読めば、評価できる内容もあるとされますが、一般的には自己弁護色が強い内容と見られています。
 コミンテルン(国際共産主義運動)に操られていたとされる近衛文麿や当時の軍部、そのコミンテルンをも手足として操っていた「戦争屋(軍産複合体)」の存在も明らかになりつつあります。

投稿: 管理人 | 2018年10月24日 (水) 07時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/74455850

この記事へのトラックバック一覧です: 改めて天皇陛下の存在に想う:

« 「国体」から「国スポ」の変更に想う | トップページ | 本物の「ジャーナリスト魂」が見たい »