« 本庶佑博士は27人目のノーベル賞 | トップページ | 青梅街道沿いの「今川」や「八丁」 »

2018年10月 4日 (木)

静岡県西部の長期停電に想う

  9月30日、日本海側を北上した台風24号は、静岡県辺りは、いわゆるShizuoka_2018_10_4_1432_2風台風」だったため、電柱や樹木が倒れて電線が損傷したり、太平洋沿岸部では海水が巻き上げられ「碍子に塩分が付着してショートなどが原因で停電したと報じられています。この碍子に塩分が付着するショート被害は初耳でしたが、いつもの雨が伴う台風なら多少の塩分が「碍子」に付着しても、雨で洗い流されているから大丈夫のだそうです。
 静岡県西部(富士川以西)の中部電力地域では、3日午後8時現在でも、13市町の約二万七百七十戸で停電中と報じられていますから、家庭生活や企業活動への影響は莫大です。また、信号機停止による交通渋滞や交通事故の多発、断水、医療現場などに、日を追うごとに影響は深刻です。勿論、復旧作業が加速しているそうで、今日4日中にも、殆どの地域で停電が解消される見込みでも、山間地の道路では倒木の影響で調査が困難な地域もあり、完全復旧までは見通せていないようです。それに、復旧し通電を再開しても「通電火災」の心配もあるとされ0000029992473128、火災を防ぐため熱器具はコンセントから抜き、外出時はブレーカー「断」を呼び掛けているそうですが、徹底するでしょうか。
 台風24号の通過時には、多摩地域でも一時的な停電が発生していましたが、今度は台風25号も接近しています。いつ我が街でも長期間の停電が発生しても不思議ではありません。その停電時に必要なものは、キャンプ用品とほぼ同じと言われています。我が社でも、ラジオ、懐中電灯(ランタン)、カセットコンロ、電池、水、食料、車のガソリン量などを、あらためてチェックしております。Sn2018100301_60

|

« 本庶佑博士は27人目のノーベル賞 | トップページ | 青梅街道沿いの「今川」や「八丁」 »

01、個人的に関心を持った話し」カテゴリの記事

コメント

 てっきり今日の貴ブログのお題は「教育勅語」のことだろうと思っていたが外れてしまったようで、件の電線の「塩害」については千葉県で電柱から火花が出るなどしているようだが、
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20181003-00402268-fnn-soci
今回の東海地方で発生した大規模停電は、ある意味で北海道地震時の大停電に匹敵する規模であり、その北海道についても現在事実上火力だけで供給されているような状況では、またあのような地震が起きた際の停電は容易に予想でき、特にこれから冬を迎えるとなるとこのような綱渡りの状況で果たして乗り切れるのか?一刻も早く泊原発を再稼働させるべきであるが、マスコミどころか政権までこの件に触れることを巧妙に避けていると思われるところで、
 そろそろそれにしても世田谷区役所のこの職員の女性漫画家に対する非礼の数々は憤りを禁じ得ないものであり、
https://twitter.com/sahoobb/status/
1047061214176661504
仮にも講師を依頼しておきながら教材費は手弁当にさせている上に、預かった物を紛失するは、会場の予約をミスするは、挙げ句の果てにそのミスの責任を講師になすりつけてギャラからキャンセル料を差し引こうとは言語道断であり、どうもこれはその職員の業務上横領も疑われる件ではないかと言ったことにも言及頂きたいかと…。

投稿: | 2018年10月 4日 (木) 09時33分

「教育勅語」のことが話題になっておりますが・・・・
 2014年4月8日の参院文教科学委員会において、教育勅語を「学校現場で活用できるという見解でいいか」との質問に、あの文科省の前川喜平・初等中等教育局長(当時)でさえ、「教育勅語の中には今日でも通用するような内容が含まれており、これらの点に着目して学校で活用することは考えられる」と答弁しています。
 そして、4次安倍改造内閣初入閣した柴山昌彦文部科学相の就任会見で、「私は戦後教育や憲法のあり方がバランスを欠いていたと感じています。」とツイートしたことを質問された柴山文部科学相は、「その私のツイートの趣旨は、やはり教育というのは当然のことながら私たちの権利とともに、義務や規律ということについても教えていかなければいけないと、これは当然のことだと思っております。ただ、戦前、その義務とか規律が過度に強調されたことへの、これもまた大きな反動として、個人の自由とか、あるいは権利ということに重きを置いた教育、あるいは個人の自由を非常に最大の核とする日本国憲法が制定をされたということだと思っております。」と答えたことが問題視されています。
 このコメントの何が問題にされるのか理解できません。
 分かるのは、何とかして新内閣の足を引っ張りたいかという、マスコミの意地悪さだけです。第一、あの前川喜平・初等中等教育局長(当時)でさえ、2014年4月8日に国会で冒頭のように立派な返答しているのです。

投稿: 管理人 | 2018年10月 4日 (木) 16時13分

今入ってきた情報によると、鉄道総研さんの正門脇に今年の「平兵衛まつり」のポスターが掲出されたとのことで、開催日は「ひかりまつり」と同じ「10月13日(土)」であり、貴ブログでも例年この情報を入手せんがためにアクセス数が伸びることからそれに応えるべく言及頂きたいかと…。

投稿: | 2018年10月 5日 (金) 18時17分

ついでに自衛艦旗と韓国観艦式に海自不参加についても言及頂きたいかと…。
…というか、「塩害」で言えば、京成電鉄が全面運休になってます。

投稿: | 2018年10月 5日 (金) 18時46分

 自衛艦旗と韓国観艦式に海自不参加についても言及頂きたい・・・とありますが
 →→ きっと、ブログの性格からして内容をある程度期待してのコメントと思います。匿名の方がどんな発言をしても影響ないでしょうが、我が社には、いろんな主義・主張・思想の持ち主の訪問者もおりますので、ここでのトーンは押さえたいと思います。
 ただ、岩屋防衛大臣の最初の大仕事は「韓国観艦式に海自不参加の表明」と述べたことと、10月4日に潜水艦「おうりゅう」の進水式に出席したことでした。無難なスタートを切ったと見ることができます。

投稿: 管理人 | 2018年10月 7日 (日) 14時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/74326461

この記事へのトラックバック一覧です: 静岡県西部の長期停電に想う:

« 本庶佑博士は27人目のノーベル賞 | トップページ | 青梅街道沿いの「今川」や「八丁」 »