« 日蓮の「四箇の格言」に想う | トップページ | コーチの由来は安全に運ぶこと »

2018年9月13日 (木)

「気をつけ」「休め」などの始まり

 韮山には小学生当時に遠足で連れて行かれただけですが、教練のEgawa_daikan_13号令から幕末に活躍した静岡・伊豆韮山の代官・江川太郎左衛門英龍(号は坦庵)のことを思い出しています。
 さて、警察署や消防署前を通りがかると、中庭から「気をつけ」「休め」「右向け、右」「右へ、ならえ」「前へ、ならえ」「回れ右」などの号令が聞こえることがあります。このような教練の号令は、警察、自衛隊、消防、消防団、警備員、学校など日本中で同じような発声と動作で行われています。この教練の始まりは、幕末にマルチの活躍をした江川英龍(号は坦庵)(1801~1855)でした。「江川太郎左衛門」は世襲名で、江戸時代に伊豆・駿河・相模・甲斐・武蔵などの広大な天領を管轄した伊豆国田方郡韮山(伊豆00008aの国市)を本拠とした江戸幕府の代官です。中でも、36代の江川英龍(ひでたつ)が有名ですが、遠足で行った当時は郷土の偉人とは知りませんでした。ただ、伊豆方面では「世直し江川大明神」の異名があるほど人気だそうです。
 江川代官が歴史の表舞台に引きずり出されるのは、1853年のペリー来航に遡ること16年前の天保8年(1837年)、日本人漂流民7名を帰国させる目的と、対日通商とキリスト教布教を求めて浦賀に来航した米国船「モリソン号」に、日本が砲撃する「モリソン号事件」が起きてからです。このとき、江川代官は江戸湾入口に位置する下田は、海防上重要地点と気が付き、「台場」の設営と台場に配備する大砲を鋳造する「韮山反射炉」を建造しますが、今では世界遺産に登録されています。
 他にも、嘉永2年(1849年)には、下田に英国軍艦マリナー号が現れ、無断で測量を開始したことに立腹し、江川代官は予てから訓練していた伊豆・金谷村(伊豆市の大部分)の農兵500人を動員して威圧し、マリナー号に退去を勧告し見事に退去させたのです。この農兵(農民による西洋式軍隊)を組織する際に協力したのが、日野宿の名主で新撰組副長・土方歳三の義兄で、自宅である日野宿本陣に天然理心流の道場を開いた佐藤彦五郎でした。
 当時、農民を取り立て(徴兵した)西洋式軍隊を農兵と言い、1863年に創設した長州藩士高杉晋作の奇兵隊が有名ですが、伊豆や多摩地域では、それより15年も前に編成されていたのです。そして、ゲベール銃やスペンサー銃などを持たせて、今も通用する教練の基本や号令の要領を、江川家・親族の石井修三に頼んで西洋の文献から日本語に訳させ、農兵部隊に教練していたのです。
国立も富士宮も「韮山県」だった: 大日建設の社長日記

|

« 日蓮の「四箇の格言」に想う | トップページ | コーチの由来は安全に運ぶこと »

13、明治150年」カテゴリの記事

コメント

 こうした基本教練は他ならぬ軍隊由来であり、軍隊ではこの他執銃操作として「担え銃(つつ)」などの号令はチャップリンの映画の題名にもなっているが、他に「かしら〜右!」「かしら〜左!」「注目!」というものがあり、このうち「注目」だけはなかなか全員の動作が揃わず、その後「かしら〜中!」に改められた経緯があり、さらに講話中に「かしこくも…」という言葉が出てきたら自ずと「気をつけ」の姿勢を取ることが要求されたところで、
 そろそろ、日本時間の今朝方iPhoneの新型の発表があったが、貴ブログをiPhoneで拝見すると、安室奈美恵による沖縄の広告の他に、「宅建士の試験対策ならTAC・今から始めて初学者でも安心!教材・熱意ある講義が短期合格へ導く」との広告が出ることがあり、調べてみたところ、今年の宅建士の試験日は10/21(日)であり、残り1カ月余りであるが、本当にそれでも初学者から合格できるのか?巷で市販されているテキストを見るととてもそのような分量に思えないが、何かTACさんならではの秘策があるのか?についても言及頂きたいかと…。

投稿: | 2018年9月13日 (木) 09時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/74198505

この記事へのトラックバック一覧です: 「気をつけ」「休め」などの始まり:

« 日蓮の「四箇の格言」に想う | トップページ | コーチの由来は安全に運ぶこと »