« 大坂なおみ選手が立川に来ますよ | トップページ | 「気をつけ」「休め」などの始まり »

2018年9月12日 (水)

日蓮の「四箇の格言」に想う

 今年のお盆も墓参りに行ってきましたが、日蓮宗・北山本門寺(重須(00000251おもす)本門寺)の檀信徒の一人として、日蓮聖人のことを少しは勉強しておきたいと思います。
 まず、日蓮が最高の経典と尊重した「法華経」28巻は、釈尊の晩年、72歳から80歳で入滅するまでの法話とされます。そして、法華経を説く前の、華厳経・阿含経(原始経典)・維摩経・般若経・涅槃経など数々の経典とは矛盾が多いから、「正直に方便を捨てなさい(正直捨方便)」と説いています。よって、法華経こそが釈尊の真の教えとし、これを実践すべきと説いたのが日蓮でした。そこで、立正安国論を著し、当時、臨済宗や曹洞宗の禅宗を重んじていた鎌倉幕府に進言するも、馬鹿にされる如く、伊豆や佐渡に流罪になったり、斬首されそうになりました。
 「四箇の格言」は、「念仏無間・禅天魔・真言亡国・律国賊」と激しいもので、
 ① 念仏(浄土宗・浄土真宗)は無間地獄に落ちる。
 ② 禅宗(曹洞宗、臨済宗)は仏法を破壊する天魔の教えである。
 ③ 空海が開いた真言宗は国を滅ぼす教えである。
 ④ 唐の鑑真が日本で広めた律宗は国を害する教えである。
 しかし、この四箇格言の通りなら、今頃は、日蓮宗以外は全て滅00sikanokakugen_jpg1びたはずです。
 それに、久遠実(くおんじつじょう)の釈尊は実在の釈迦と区別すべきとか、仏教の教えの力が弱まるという千年王国辺りから、凡人が理解するには限界があります。まぁ、日蓮が四箇の格言に拘ったのは、当時の時代背景もあったはずです。
 飛鳥時代に仏教が伝来しますが、長い期間、高い身分の為の貴族宗教とされ、平安時代でも天台宗の最澄や真言密教の空海も、護摩をたき秘儀の印相を結んで、呪文(マントラ)を唱えれば救われると広まっていました。そして、このような貴族仏教を批判して誕生したのが鎌倉仏教と称される念仏宗や禅宗でしたが、当時、地震、暴風、洪水、疫病、飢饉が頻発したことも日蓮を後押し庶民に支持されたと見られています。
 しかし、日蓮は教団を作る意思はなかったのに、弟子らは、日蓮宗、日蓮正宗、日蓮本宗、真門法華宗などを興し、且つ分裂し、在家団体も、創価学会、顕正会、霊友会、立正佼成会、国柱会などと多彩ですから、教えの真実はどこにあるのやらです。
 四箇格言を語った日蓮は、この現状を何と批判するのか・・・・・
■お釈迦さまのいいたかったこと

|

« 大坂なおみ選手が立川に来ますよ | トップページ | 「気をつけ」「休め」などの始まり »

11、宗教のこと。」カテゴリの記事

コメント

 当初の仏教が貴族宗教と化したのは彼らがスポンサーだったが故にある意味致し方ないものであるが、それでも奈良時代には行基が庶民から絶大な人気を集めたからこそ大仏建立という「国家プロジェクト」に多くの労働力を総動員できたのであって、一方、同じ宗教でも宗派が異なれば互いに罵り合うのはある意味当然であって(そもそも共存できないからこその分派したのであり)、イスラム教などはそれで戦争にまでなっており(イラン=シーア派、イラク=スンニ派)、それに比べれば仏教などはまだ平和共存している方だが、それでも寺が「僧兵」という軍事力を持ったこともあり、典型例は武蔵坊弁慶であるところで、
 そろそろ、現在でも「反原発教」と言った「宗教」が蔓延っており、現在泊原発が止まっているのは、何ら法的根拠はなく、他ならぬこの宗教の信者故であるが、このまま再稼働せずにいれば、この冬北海道では多くの「殉教者」が出ることが予想されることにも言及頂きたいかと…。

投稿: | 2018年9月12日 (水) 12時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/73733157

この記事へのトラックバック一覧です: 日蓮の「四箇の格言」に想う:

« 大坂なおみ選手が立川に来ますよ | トップページ | 「気をつけ」「休め」などの始まり »