« 9月9日は「救急の日」です。 | トップページ | 日蓮の「四箇の格言」に想う »

2018年9月11日 (火)

大坂なおみ選手が立川に来ますよ

 全米オープンテニスで優勝したばかりで、日本国内だけでなく、世界2018_9_1600000526c7が注目する大坂なおみ選手(日清食品)が、もうすぐ、国立の隣町・立川に来るそうです。日本のテニス史上初の4大大会で女子シングルス優勝を果たし、世界ランキングも19位から自己最高の7位に浮上しています。
 日本に凱旋する大坂なおみ(20才)選手が出場予定の、「東レ パン パシフィック オープンテニス2018」は、アリーナ立川立飛で予選は9月15日(土)と9月16日(日)に開催、9月17日~23日は本戦です。今や、日本を代表するトップアスリートとして、世界も注目するほどですから、チケットは完売しているようですが、宿泊先や会場の出入り口辺りでは一目見ようと混雑するはずです。
 立川市は、昭和初期から、軍事施設や軍需工場が集中し、終戦後も進駐軍に接収され、数々の不利益を被った期間もありましたが、全面返還後は、多摩モノレールの開業、国営昭和記念公園や昭和天皇記念館の開設、裁判所、市役所、警視庁、消防庁、海上保安庁などの官庁、その他商業施設が集中する街に変貌しています。
 「アリーナ立川立飛」は去年完成したばかりで、収容人数は3275人。バスケットボールやバレーボール、フットサル、バドミントン、卓球などの大会も可能のようです。かつて、ある立川市会議員が「サッカー等の国際大会が開催出来る施設が欲しい」と語っていましたが、果たして具体的計画はあるのでしょうか。
東レ パン パシフィック オープンテニストーナメント 2018Image
●開催日時
 <本戦> 2018年9月17日(月・祝)~23日(日・祝)
 <予選> 2018年9月15日(土) ~16日(日)
●会場 アリーナ立川立飛・ドーム立川立飛
●所在地  東京都立川市泉町500番4
●関連リンク
公式ホームページ

|

« 9月9日は「救急の日」です。 | トップページ | 日蓮の「四箇の格言」に想う »

03、 国立市界隈のこと」カテゴリの記事

コメント

大坂なおみ選手は現在二重国籍であり、22歳になる来年10月までにいずれかの国籍を選択せねばならず、日米テニス界で綱引きが行われているようであるが、
http://agora-web.jp/archives/2034644.html
それにしても対戦相手の選手は自分の思うように行かないからと言ってラケットに当たるは暴言を吐くはでは見苦しい限りであり、しかも観客まであたかも大坂選手に優勝して欲しくないかのような態度であり、やっぱり欧米人はどこかにアジア人蔑視があるんだなと思われるところで、
そろそろそれにしても立川はこのようなテニスの大会が開催される等、事実上「多摩の首都」になりつつあり(それでも人口は八王子市の半分以下だが)、現在、IKEAの南側ではヤギによる除草も済み、上野の東京文化会館に匹敵する大ホール(2,500人クラス。ちなみにたましんRISURUホールで1,200人クラス)も建設中であるが、かねてより噂になっている「コストコが立川にやってくる」との件はどうなっているのか?についても言及頂きたいかと…。

投稿: | 2018年9月11日 (火) 12時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/74187445

この記事へのトラックバック一覧です: 大坂なおみ選手が立川に来ますよ:

« 9月9日は「救急の日」です。 | トップページ | 日蓮の「四箇の格言」に想う »