« 佐藤一斎の『言志四録』に学ぶ | トップページ | 大坂なおみ選手が立川に来ますよ »

2018年9月 9日 (日)

9月9日は「救急の日」です。

 「こんなに乗ったら、キューキューするから救急車と言う」と、ケーシー119_qq_poster20180725高峰さんが、漫談で笑わせていました。救急車は、「トヨタハイエース」や「日産アトラス」などを改良しているようで、一般的に5人か6人乗りが多いと見受けます。救急隊員は基本的に三人チームのようですから、傷病者は二人か三人乗せるスペースがありそうです。
 さて、今日9月9日は「救急の日」です。
 救急の日は、「9(きゅう)9(きゅう)」の語呂からで、救急医療や救急業務に対する国民の理解と認識を深めることを目的に、昭和57年に定められています。日本の救急業務の始まりは、神奈川県警察部が昭和8年に横浜消防署に救急車を配置したのが最初で、昭和9年に愛知県警察部の名古屋市中消防署が、そして東京・警視庁でも昭和9年に救急業務を開始しています。いずれも警察が始めたことになるのは、当時の消防業務は警察所管だったからで、昭和23年3月7日、消防組織法の施行で警察から分離独立しています。
  救急車を利用する際は、救急の名称の通り、本当に困って大変な時にしか呼ぶことができません。軽傷程度でタクシー代わりに救急車を呼んだり、自分で病院に行けるのに呼んだりしていると、本当に困っている人が救急車を呼んだ時に、救急車がすぐに来てもらえないからです。なお、平成3年から「救急救命士」制度が発足し、今では全ての救急車に高度処置が出来る救急救命士が乗車しているそうです。救急車より消防車が先に到着して処置されることも見受けますが、救急車が別の現場に出動して不在の場合、救急救命士の資格を持つ隊員が消防車で到着しているからだそうです。近年、救急出場件数の増加に伴い、救急隊員の負担も大きいとされ、それこそ「その程度で呼ばれたら現場はキュー(窮)キュー(窮)する」とケーシー高峰の漫談のネタにされそうです。
どんな場合に、どう呼べばいいの? もしものときの救急車の利用法 | 暮

|

« 佐藤一斎の『言志四録』に学ぶ | トップページ | 大坂なおみ選手が立川に来ますよ »

01、個人的に関心を持った話し」カテゴリの記事

コメント

 もう一つ似た趣旨の日として11/9の「119番の日」があるが、こちらはどちらかと言えば消防の方を主にしているようで、秋の全国火災予防運動もこの日から開始になっており、一方、アメリカでは火事も救急も警察も電話番号は皆「911番」となっており、2001年の同時多発テロの実行犯が9/11を決行日に選んだのもそれが故ではなかろうかと言われているところで、
 そろそろアメリカと言えば、横田基地の日米友好祭が今年は9/15、16に行われる予定であり、当日は青梅線牛浜駅から徒歩の第5サプライゲートが一般開放され、基地内を見学できるが、入場には「国籍の確認できる写真付き身分証明書」が必要であることにも言及頂きたいかと…。

投稿: | 2018年9月 9日 (日) 21時37分

日本は「スパイ天国」と言われ、横田基地などの米軍基地は世界各国のスパイから狙われる標的ですから、出入りに際して、パスポートや運転免許で身分確認することは当然でしょう。しかし「日米友好祭」では同時に、首都に存在する横田米軍基地の意味や日米地位協定の現実を勉強する機会にすべきと思います。

投稿: 管理人 | 2018年9月10日 (月) 15時55分

 ちなみに湾岸戦争勃発時の当時の海部内閣の対応が「金だけ出す」ということで批判を浴びたことから、(明日で発生から17年になる)9・11の同時多発テロ発生時に、当時の小泉内閣は迅速に横田基地を含めた米軍基地の警備強化を指示したことにも言及頂きたいかと…。(その前の防災の日に当時の石原都知事と共に横田基地で防災訓練も行なっているが…)

投稿: | 2018年9月10日 (月) 18時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/74179219

この記事へのトラックバック一覧です: 9月9日は「救急の日」です。:

« 佐藤一斎の『言志四録』に学ぶ | トップページ | 大坂なおみ選手が立川に来ますよ »