« 「遺骨奪還計画」のこと。 | トップページ | 伊号潜水艦・佐久間艇長の遺書 »

2018年7月11日 (水)

玉川上水とJR中央線のコース取り

 運河・水路のコース取りや鉄道の線路敷設では、当然ですが、山や崖線などの凸凹・勾配000_img201を苦手とする共通点があります。
 先日、都心に用があり久々にJR中央線(甲武鉄道)を利用する機会がありました。改めて気付いたことは、立川~新宿間は殆どが高架になったのに、国立~国分寺駅辺りは切通しの谷底を走っていることです。その理由は、騒音防止効果のためと誤解していたのですが、実際は、高低差が10m以上もある国分寺崖線(段丘崖)を安全に走行するためでした。少し考えれば分かることで、鉄道は凸凹を上り下りすることが苦手であり、出来るだけ線路を水平にするために、高い場所ではトンネルや切通しで、また、低い地面は盛土、河川は鉄橋で対応しています。
 ところで、玉川上水の水路取りも似たような局面に幾度も遭遇しています。
 工夫をした痕跡は今も随所に残っており、拝島近くの「水喰らい土公園」、玉川上水旧堀跡として史跡に指定された「加美上水公園」、立川断層を避けるため迂回した立川市砂川町の「大曲」などに見られます。
 また、玉川上水の水路は、武蔵野台地の分水嶺を上手に使って流しています。000_tama01_map
 分水嶺 (分水線)とは、雨水が異なる水系に分かれる場所のことで、玉川上水は、西武拝島線・玉川上水駅辺りから三鷹辺りまでの北側の奈良橋川などは荒川方向に、南側の野川、仙川などは多摩川に流れています。更に、三鷹からの下流域では、北側は石神井川や神田川、南側には、目黒川、渋谷川が流れていますが、その分水嶺を利用しています。
 この尾根筋を自然流下することで、まず江戸城を目標とし、その分水網は、品川・世田谷、或いは、八丁堀、霊厳島辺りの江戸の街の隅々に生活用水を見事に届けています。
 この難工事に挑戦した玉川兄弟や先人の驚異的な測量技術は勿論、江戸の発展に長く貢献した玉川上水は、世界遺産登録に十分な価値があると思っています。
「玉川上水」世界遺産登録に期待: 大日建設の社長日記

|

« 「遺骨奪還計画」のこと。 | トップページ | 伊号潜水艦・佐久間艇長の遺書 »

03、 国立市界隈のこと」カテゴリの記事

コメント

玉川上水については杉本苑子作『玉川兄弟』も創作作品とは言え上水開削の模様を伝える書籍として挙げられ、ついでに言うと玉川上水の分水である「千川上水」も荒川水系の中でも石神井川と神田川の分水嶺を成しているが、これら玉川上水の恩恵を受けて開かれたのが他ならぬ御社近辺の「平兵衛新田」であり、玉川上水からの分水が御社の前の弁天通りや今の光町通りに沿って流れていたとされるも詳しい水路筋は御社の商売敵かもしれないが光町通りの学園土地さんの店頭ウィンドウに地図が掲げてあるところで、そろそろ水は「利」と共に「害」ももたらすものであり、今回の西日本を中心とした「平成30年7月豪雨」では政府の対策が後手後手に回ったことが批判され、お陰でカジノ法案から首相の中東・欧州外遊まで吹っ飛んでしまい、果ては総裁選への影響も懸念されており、その一因とされるのが、気象庁が特警を発しようかという最中に開かれた「赤坂自民亭」と称される党内の会合であったが、これとて本来は首相動静に「党内の定例会合に出席」と書かれる程度で済んだものを、ア◯◯ン◯ンな議員がその模様をツイートしたことから国民の怒りを買う大問題にまで発展してしまっており、
https://twitter.com/nishy03/status/1014857016441954305
その後に言い繕うようなツイートをするももはや手遅れで見苦しいばかりであり、何でもかんでも情報発信すりゃいいってもんではなく、受け手側がどう思うか、どういう影響があるかまで計算に入れた上で発言すべきであることにも言及頂きたいかと…。

投稿: | 2018年7月11日 (水) 15時32分

 大規模な土石流災害につながった扇状地や急傾斜地などの危険な土地に、行政はなぜ簡単に宅地開発許可や建築許可を出すのか。近年、多発する豪雨災害は「人災」と指摘する声が多いようです。昔から「治山・治水・利水は政治の基本」と言われるのに、これに貢献した二宮金次郎像が撤去されつつあります。
 それに、豪雨災害が想定され、翌日(7月6日)にオウム幹部の死刑執行が執行されるという日に、「赤坂自民亭」の自民党飲み会には、安倍総理ほか約50人の自民党議員が出席したことも批判されますが、その模様を堂々とツイートする西村康稔・内閣官房副長官の無神経ぶりには唖然としています。
 これらは治山・治水を軽んじている象徴です。

投稿: 豪雨災害は人災でしょう | 2018年7月11日 (水) 17時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/73832700

この記事へのトラックバック一覧です: 玉川上水とJR中央線のコース取り:

« 「遺骨奪還計画」のこと。 | トップページ | 伊号潜水艦・佐久間艇長の遺書 »