« 日本の死刑制度の始まりに想う | トップページ | 牛丼屋の「うな丼」に想う。 »

2018年7月28日 (土)

国連の分担金未払いに想う

 国連も発足から73年を経過し、既に制度疲労を起こしている現Image状がみられます。
 世界には、中国と周辺諸国の問題、アフリカの内戦・貧困問題、移民・難民問題、北朝鮮問題、ロシアとウクライナの紛争、イスラエル・パレスチナ問題、シリア問題等々喫緊の大問題が山積しているのに、国際連合が積極的に解決に関わることはありません。さて、国際連合のグテーレス事務総長が、「すぐにも現金が底をつきそうだ」と財政難を伝える異例の文書を提出したと報じられています。
 なんと、国連193の加盟国のうち、日本、中国、ドイツなど112カ国が分担金を払ったのに、残り81カ国は未払いです。この未払い国の中には、最大の分担拠出国の米国の他、スーダン、アンゴラ、ケニアなどのアフリカ諸国や、イラン、シリア、イスラエルなど中東諸国、北朝鮮などが上げられています。
 国際連合は、第二次世界大戦を防げなかった国際連盟の反省から、1945年に51ヵ国の加盟国で設立されます。活動目的は、国際平和と安全・経済・社会・文化などに関する国際協力の実現などと多岐に渡ります。日本も、サンフランシスコ講和条約で主権が回復した1952年に加盟申請するも反対が多く加盟できず、1956年にソ連との国交回復したことで、ようやく80番目に国連に加盟しています。それ以降は、安全保障理事会の非常任理事国に選出されるなど、一定の信頼を得ています。それに、大国が自国の都合で国際連合を軽視する風潮の中で、日本は国連信仰が強く財政面からも支えている国とされます。00_kokurenbuntankin
 ところで、国際連合の正式名称は「United  Nations(連合国)」であり、第二次世界大戦の戦勝国の意味を持ち、戦勝国(中、仏、露、英、米)が常任理事国として、常に優遇されています。特に、独、伊はNATO加盟国として敗戦国条項から外れたのに日本だけは敗戦国条項によって、日本が再度戦争を起こすと判断されただけで、戦勝国側は日本を攻撃できるという極めて差別的です。この現実から、「お人よし外交を見直せ」、日米は国連を同時脱退して、新たな国際機関を構築したらとの声も聞かれます。

|

« 日本の死刑制度の始まりに想う | トップページ | 牛丼屋の「うな丼」に想う。 »

01、個人的に関心を持った話し」カテゴリの記事

コメント

 まぁ国連は言うなれば「町内会」のようなもので、御社だって町内会に入って安くはない会費を支払い、結局何に使われるのかと言えば盆踊り大会の費用や祭りの時に子供に配る菓子代など(国連で言えば途上国支援など)だろうと思われ、はっきり言って御社に直接的なメリットは薄いだろうと思われるが、それでも加入するのは、それによって「あっ、大日建設さんは地域社会に貢献してくださっている。さすが創業40年の会社は違うな!」と名声が高まり、看板に傷がつかずに済むところで、
 そろそろ御社近辺の北地区でも盆踊り大会が始まり出すと思われ、8/4にオリンピック国立北店、8/25には第四小学校で行われると思われるが(日付は変更になる可能性もあり)、お隣り立川市羽衣地区の「羽衣ねぶた祭り」は今年は8/17〜19であることにも言及頂きたいかと…。

投稿: | 2018年7月28日 (土) 09時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/73931366

この記事へのトラックバック一覧です: 国連の分担金未払いに想う:

« 日本の死刑制度の始まりに想う | トップページ | 牛丼屋の「うな丼」に想う。 »