« トランプ大統領の英雄伝説誕生? | トップページ | 北朝鮮の豹変は期待出来るか »

2018年6月12日 (火)

拉致被害者は解放されるだろうか

 今は、トランプ米大統領と安倍晋三首相の、強いコネ(人脈)に期2018612_image1待しています。.
 ところで、一番仕事ができる人材は「コネ持ち」、「コネも実力の一つ」とし、会社経営や役員経験を持つ人材だけを集めた会社を知っています。殆どが高齢の方々ですが、過去の経験とコネを生かして経営は順調と聞きます。また、我が社のお客様も、何かしらの人づてに評判を聞いて訪問される方々が多いものです。すると会話もはずみ、その後の契約もスムーズに進むものです。
 さて、トランプ米大統領と金正恩委員長による米朝首脳会談が迫っています。
 はたして、北朝鮮の非核化は進むのか?、また、日本人拉致の解決に向けてトランプ大統領は圧力をかけてくれるのか、行方が気になります。これに、安倍総理に批判的なマスコミや戦力を放棄した日本の現状を認識しない人達は、「日本はナゼ北朝鮮と直接対話しないのか」、「口先だけで結局はアメリカ頼みだ」などと的外れの批判です。安倍首相はトランプ政権が誕生以来、幾度も二人だけの首脳会談や電話による会談を繰り返し、トランプ氏は「日米は完全に一致している」と語っています。
 現在の日米関係は、かつてないほど強いコネがあることに間違いありません。
 武器を持って立て籠もる人質事件では、人命を尊重し犯人をなだめる説得交渉も大事でしょうが、犯人が拒否を続ける場合は、人質の健康などに配慮して警察は実力行使による人質解放と犯人逮捕に突入する場面があります。北朝鮮による拉致事件の解決も同じようなものでしょう。これまで被害者解放に向けて、何度も解放の説得を試みても、拒否され続けられては、武力で解決手段を持たない日本は、米軍などの特殊部隊の突入が必要と認めたはずです。今回の米朝首脳会談では、安倍首相は、その最後通告をコネを生かして、トランプ大統領に要請したはずです。
 今は只々、人質(拉致被害者)が早期に無事解放されることを願っています。

|

« トランプ大統領の英雄伝説誕生? | トップページ | 北朝鮮の豹変は期待出来るか »

01、個人的に関心を持った話し」カテゴリの記事

コメント

まさに今日は桶狭間の戦いのあった日であるが、それはさておき、北朝鮮から未だに帰国できない拉致被害者がいるのは他ならぬその被害者達がスパイ等国家機密に関わっていたからであり、特に横田めぐみ氏などは大韓機爆破事件の金賢姫工作員によれば金一族の秘密を知り過ぎていたため、おいそれと帰すわけにはゆかず、死亡扱いとしたと言われているところで、そろそろ宿代も足代も他所持ちでアメリカ相手に物申そうとはえらい厚顔であるが、「足」を貸した中国としてもトランプ大統領に対し北朝鮮に影響力があることを示したのみならず、それを米国製の機体とすることで、我が国も米国製品を十分買っていると、貿易戦争に関するメッセージも送るようなしたたかさもあることにも言及頂きたいかと…。

投稿: | 2018年6月12日 (火) 09時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/73667924

この記事へのトラックバック一覧です: 拉致被害者は解放されるだろうか:

« トランプ大統領の英雄伝説誕生? | トップページ | 北朝鮮の豹変は期待出来るか »