« 風評被害の払拭は「情報発信?」 | トップページ | 教誨師(きょうかいし)のこと。 »

2018年5月13日 (日)

「善光寺如来尊」の本物は何処?

 山形・米沢藩主上杉家の菩提寺・八海山法音寺(本山は奈良・長谷15226566741寺)で、この5月15日、年に一度の『秘仏 善光寺如来尊』御開帳の特別拝観があると知りました。八海山 法音寺のホームページには、「天文二十(1551)年、川中島の戦いの折、信州中野城主・高梨政頼は戦国の兵火を避けるため、信濃善光寺のご本尊を上杉謙信公に奉じた。謙信公は春日山に如来堂を建ててご本尊を懇ろに奉祀するとともに深く尊信し、厳重に守護した。」とあります。
 先日、信濃善光寺を参拝して来ましたが、日本最古の仏像一光三尊阿弥陀如来像は絶対秘仏だから誰も見たことがないと言われ、御開帳の時に公開される仏像は前立本尊=レプリカのようです。案内の僧侶からも「誰も見たことがない」と説明を受け、龍が刺繍された緞帳の上げ下げも実に素早く、参拝者からは「本当にあるのか」と疑念を持たれることもあるそうです。
 そもそも川中島の合戦は、甲斐の武田信玄と越後の上杉謙信の間で5度に及ぶ北信濃の支配権を巡る戦いでしたが、実際は善光寺如来の争奪戦だったそうです。そして、戦の前段で上杉軍側は、戦火を避けるため予め善光寺の御本尊や仏具を越後の春日山に移したとされ、それが八海山法音寺の仏像とみられています。
 また、甲斐善光寺は1558年信玄の創建で、このとき信州善光寺から、ご本尊、鐘楼、仏具、僧侶までも一時移したとされますが、既に本物の御本尊は上杉軍が春日山に移していたので、信濃善光寺の御本尊は前立本尊=レプリカと見られます。
 果たして、天竺より百済を経由して、仏教伝来と共に日本に渡って来たという絶対秘仏善光寺如来の本物は何処に祀られているのでしょうか・・・・
八海山法音寺~山形県米沢市御廟1-5-32
甲斐善光寺~山梨県甲府市善光寺3-36-1
信濃善光寺~長野県長野市元善町491
 そろそろ、放射性炭素年代測定を使ってでもハッキリさせて欲しいものです。Honzon_image_2
 また、信濃・善光寺は丁未の乱(587年)で殺害された物部守屋の鎮魂の寺とされます。本堂の祭壇中央には、物部守屋の首が埋めた上に建てた守屋柱があり、その左側に一光三尊阿弥陀仏像。それら全体を見守るように、右側に百済から亡命して来た百済王とされる本田善光と家族の像が横並びに置かれています。そして、これら全体を参拝するように配置された祭壇も珍しいことです。これは先祖供養の観点からも物部守屋と本田善光は同族の可能性もあります。7imageG0honzin_image

|

« 風評被害の払拭は「情報発信?」 | トップページ | 教誨師(きょうかいし)のこと。 »

01、個人的に関心を持った話し」カテゴリの記事

コメント

そんなこと言ったら「三種の神器」だって当の天皇陛下ご自身もご覧になったことのないものであるが、誰もその真贋(ましてや実在)について語ろうとせず、放射性炭素年代測定なんて言い出そうものならどのような結末が待っているのかわかっているところで、そろそろすっかり国立市の年中行事になった「LINKくにたち」も後半雨に降られながらも終わり、次の国立のイベントと言えば6/9〜10の「KODAIRA祭」になろうかと思われるが、次週・5/20のテレビ東京番組「モヤモヤさまーず2」では国分寺・国立が採り上げられる予定であり、68歳の美魔女が出るとの情報も入っていることにも言及頂きたいかと…。

投稿: | 2018年5月13日 (日) 17時42分

あっ、あと明日5/14は国立駅ガード下に「くにたち・こくぶんじ市民プラザ」ができることにも言及頂きたいかと…。

投稿: | 2018年5月13日 (日) 17時51分

 「三種の神器」も「善光寺如来尊」などの真贋のほどには、敢て触れないという「大人の対応」のご意見、有難う御座います。そのとおりと思います。

投稿: 大日建設(株) | 2018年5月14日 (月) 06時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/73458286

この記事へのトラックバック一覧です: 「善光寺如来尊」の本物は何処?:

« 風評被害の払拭は「情報発信?」 | トップページ | 教誨師(きょうかいし)のこと。 »