« 乳飲み子の 匂いも愛し 春うらら | トップページ | 「八十里 腰抜け武士の越す峠」 »

2018年4月17日 (火)

熊本城の石垣修復に「穴太衆」

 熊本では平成28年4月14日と16日の二度の激震で、熊本城をはじめ各地で甚大な被害が発生しましたが、熊本城の復旧には0005_151_2太衆の末裔も加わって順調のようです。さて、旧・陸軍は工兵という技術集団が重用され、「工兵の歌」では「挺身深く潜入し、野に臥すことも幾そ度、今ぞ臨むや目的地、地軸も砕けむ大爆破、退路遮断の任なりて・・・・」とあるように、戦況を大きく左右したそうです。
 戦国時代も、このような技術集団が重宝され、
石垣等の石積集団の穴太衆(あのうしゅう)、
鉱山掘削やトンネル技術集団の山衆(かなやましゅう)や百足衆(むかでしゅう)
鉄砲製造や火薬の原料の硝石を準備する鉄砲傭兵集団の雑賀衆(さいかしゅう)
 などの、優秀な技術集団には大金を支払っても、多く雇い城郭造営や戦では敵の城の破壊工作に利用した武将が戦に勝利したようです。
 事実、秀吉も蜂須賀小六の率いる川並衆は、普段は水運や治水などの仕事をしていた人たちを戦で重用し、また、信長も「安土城」の築城に穴太衆を雇い戦では敵の城の破壊に利用したとされます。そして、甲斐の武田信玄も金山衆・百足衆を抱えて、金銀採掘による潤沢な軍資金で武田軍団を支えていたし、武田家滅亡後に家康が一早く千人同心や金山奉行・大久保長安などを保護したのは、実際は、多摩川上流の黒川渓谷沿いに多く住む「金山衆」による金山採掘やトンネル掘削の技術と知識が欲しかったからとされます。Support_bridge
 ところで、熊本城が熊本地震で大きな被害を受けましたが、この石垣修復に、穴太衆の末裔・粟田建設(滋賀県大津市)が携わっているそうです。「穴太衆」は、大古から古墳の造営の他に寺院や城郭などの石工技術を持った集団で、元々はユダヤの末裔とされ、シルクロードを東へ東へと移動する途中では、万里の長城や古墳の建設にも関係したとされます。なお、旧日本軍で工兵と呼ばれた技術集団は、陸上自衛隊では施設科部隊と呼ばれ、災害派遣では架橋や道路復旧に、PKO活動でも、現地の復旧活動等に活躍する様子が報じられますが、穴太衆や川並衆、雑賀衆に負けない仕事をすると言われています。そして、〇○衆と呼ばれた技術集団は、歴史の流れと共に日本各地に広まり、建築・土木全般で現代建築と融合して「物づくり日本」を支えているはずです。

|

« 乳飲み子の 匂いも愛し 春うらら | トップページ | 「八十里 腰抜け武士の越す峠」 »

02、業界の大したことない話し」カテゴリの記事

コメント

まさに武田節にもある「人は石垣、人は城」であるが、こうした技術屋集団は同時に自ら築いた物の「弱点」も知っているもので、讃岐国・丸亀城の石垣築造を命ぜられた石職人・羽坂重三郎などは城主の前で自ら築いた石垣を棒を使って易々と突破する姿を見せたがために、羽坂が敵に通ずることを恐れた城主により殺されてしまったという話が残っているところで、そろそろ技術屋集団といえば金山衆も重用されており、中でも飛騨国・内ヶ島氏などは戦国時代に居城・帰雲城を秀吉の家臣・金森長近に攻められるも、その鉱山技術故に所領安堵となり、その宴を催した夜、天正大地震により付近にあった帰雲山が山腹崩壊し、居城諸共滅亡してしまったことにも言及頂きたいかと…。

投稿: | 2018年4月17日 (火) 08時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/73313085

この記事へのトラックバック一覧です: 熊本城の石垣修復に「穴太衆」:

« 乳飲み子の 匂いも愛し 春うらら | トップページ | 「八十里 腰抜け武士の越す峠」 »