« 「八十里 腰抜け武士の越す峠」 | トップページ | 久々に「牛にひかれて善光寺」 »

2018年4月23日 (月)

青森の「南部」は富士の南部から?

 近所に博学な青森県出身者がおられ、よく青森のお話しを聞く機会がNanbu_imageありますので、行ってもないのに行ったような気分になっております。面白かったのは、青森県は津軽と南部で大きく区分されていますが、この南部富士山の南部と関連していた話しです。
 さて、弘前城の城郭を利用した弘前公園では、数千本の桜が咲き乱れる季節で弘前さくらまつりも100周年と注目されています。青森と言えば桜祭りの他に、リンゴ・にんにく・ねぶた祭・津軽海峡・よされよされ節・恐山・大間のマグロ・八甲田山・・・等々を思い浮かべますが、津軽と南部の対立も有名です。津軽南部は奥羽山脈で分断され、異なる歴史・気候・文化・方言を持つ土地柄で、かつ両藩は幾度も対立し、1821年には南部藩士による弘前藩主の暗殺計画「相馬大作事件」、明治元年には野辺地戦争も勃発し遺恨は深く、今も知事選などは激戦と聞きます。Image69
 まず津軽藩は、津軽為信(1550~1607)という武将が1590年に津軽を統一し、豊臣秀吉から津軽3郡(4万5千石)を拝領、1594年に大浦城から堀越城に移転。更に跡継ぎが1611年弘前城を居城として幕末まで続いています。この間、関ヶ原の合戦に参戦して2千石の加増。また津軽信枚は徳川家康の養女・満天姫を正室に迎えて、大阪冬の陣にも参戦するなど徳川家と密接な関係を築きますが、戊申戦争では早々に新政府側に寝返っています。片や、南部藩は平安後期の前九年の役 (1051~1063) まで遡り、陸奥の豪族で蝦夷の長・安倍頼良が納税を怠るようになり、朝廷は源頼義・義家親子に安倍氏討伐を命じたことで長い戦が開始。源頼義親子には苦戦が続き、万策尽きたとき、清原一族の援軍を受けると1ヶ月で安倍氏を滅亡させました。Gengi_image1
 そして、源頼義の子で八幡太郎源義家の弟の新羅三郎・義光の子孫で、甲斐国加賀美庄(南アルプス市辺り)を治めた加賀美遠光の三男で、今の山梨県南部町に居を構えていた南部三郎光行 (1165~1236) が、1191年に平良ヶ崎(南部町)に城を構えたのが南部の祖だそうです。つまり、山梨県南部町と青森県南部町は、同じ南部氏を祖ということになりますが、南部とは甲斐の南部からなのか、富士山の南部からなのか・・・・また、南部氏はなぜ甲斐から海を渡って八戸に行く必要があったのか・・・・
 なお、青森出身の方も、ご先祖は源義家の曽孫・義俊の後裔で、青森で里見新田を完成させた大新田太郎里見の末裔とのことです。そして、府中市のけやき並木近くには源義家の像がありますが、「前九年の役」の帰途、大國魂神社に戦勝報告した際に欅を奉納したことから建立されています。1_315


■青森県の歴史(津軽と南部がひとつになれたのはなぜか)   https://youtu.be/Jg_nCImG37U  

|

« 「八十里 腰抜け武士の越す峠」 | トップページ | 久々に「牛にひかれて善光寺」 »

14、明治150年」カテゴリの記事

コメント

同じ青森県内で南部と津軽が不仲なのは有名であるが、南部については南部鉄器、南部焼き、南部煎餅、せんべい汁と優れた文化も生み出しており、かつては「南部の私大(わたくしだい。私立大学のことではない)」と言って、正月の日付をずらすなど、独自の暦文化も持っていたところで、そろそろ県内の地域同士が不仲と言えば、杉山社長の故郷・静岡県の駿河と遠江との間も全国的に有名であり、静岡市と浜松市の政令指定都市昇格争い、清水エスパルスとジュビロ磐田のJリーグ昇格争い、果ては静岡おでんと浜松餃子のB級グルメ争い(それで言えば、駿河には富士宮焼きそばもあるが)など、枚挙に暇がないことにも言及頂きたいかと…。

投稿: | 2018年4月23日 (月) 12時32分

 「箱根八里は馬でも越すがが、越すに越されぬ大井川」と東海道の旅人を泣かせました。静岡県は大井川を境として駿河と遠江に分かれ、現在も静岡と浜松という二大都市がライバルとみられています。地域性の特徴として、サッカーの応援だけでなく、大学や就職先も大井川以西は名古屋方面、大井川以東は東京志向が強いと見られますが仲が悪いとは思ったことはありません。
なお、青森県の戸来(ヘライ)村は現在は新郷村ですが、「キリストの墓」といわれる墓も存在し、この地域の日本最古といわれる盆踊り歌「ナニャドヤラ」も不思議な歌詞です。歌詞にある「ナニャドナサレノ」はヘブライ語の“ナギッド ナツェレット”が訛ったもので、「ナザレの主よ」という意味になるとも言われています。 また「南部せんべい」は、ユダヤ人が故郷のパンに似せて作ったとの説もあります。更に父親を「ダディ」と呼ぶ方言や、元日を一日遅らせる「わたくしだい」など不思議な風習は何処から来ているのか知りたいものですね・・・

投稿: 大日建設(株)杉山 | 2018年4月23日 (月) 20時14分

一説では、ロシア人がその当時から渡来している可能性があり、秋田美人もそれが故と言われていることにも言及頂きたいかと…。

投稿: | 2018年4月24日 (火) 05時19分

ちなみに「南部の私大」は家祖・南部光行に関係していることにも言及頂きたいかと…。
http://koyomi.vis.ne.jp/doc/mlwa/201509050.htm

投稿: | 2018年4月24日 (火) 05時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/73349036

この記事へのトラックバック一覧です: 青森の「南部」は富士の南部から?:

« 「八十里 腰抜け武士の越す峠」 | トップページ | 久々に「牛にひかれて善光寺」 »