« 二・二六事件は「ニーテンニーロク」か | トップページ | 明治10年3月は「田原坂の戦い」の最中 »

2018年3月 2日 (金)

日本人の祖先はネアンデルタール人か

 きっと日本列島でも、ヒト(現代人)はネアンデルタールと共存2018224_imgし子孫を残し縄文人となり私たちの祖先となったはずです。
 現代に生きる我々ヒト(ホモ・サピエンス)の先輩「ネアンデルタール人」は、30万年もの期間、地球上に君臨していたのに、4万~2万数千年前にヒトとの争いに負けて絶滅したと言われていました。そのネアンデルタール人が描いたとするスペインのラパシエガ洞窟の壁画が、6万4800年以上前の世界最古に描かれたと分かり注目されています。
 これまでネアンデルタール人は、ヒト(現代人)より体力は勝っていたのに、知的能力が劣るから滅んだとも見られていました。しかし、今回の洞窟壁画からは、一概に結論づけることも出来ないし、氷河期の厳しい環境を生き抜いた適応力も見逃すことは出来ません。きっと、厳寒の中で温かい光を放つ太陽が昇る東方を目指して「必ず何かあるだろう」と思い歩きはじめ、偶然にも火山列島で温泉もある日本に辿りついたネアンデルタール人、そして、後を追うようにやって来た我々ヒト(ホモ・サピエンス)は自然を共有し、混ざり合って縄文人となり日本人の祖先になったことが容易に想像されます。
 事実、ネアンデルタール人のDNAが日本人に一番多いことからも証明され、小柄ながらも知的能力や体力でも優れた日本人の原点はDNAからも証明されそうです。それに「漢字渡来以前の日本には文字はなかった」という定説を根底から覆す古代文字神代文字も話題です。2万年近くも平和で豊かに続く縄文人に文字が無いとするほうが不自然です。Dna_image_3
 日本人は最古の人類だった!?
海外の研究発表 ネアンデルタール人と日本人の遺伝子DNA   https://youtu.be/5aNtKfhECEw  

|

« 二・二六事件は「ニーテンニーロク」か | トップページ | 明治10年3月は「田原坂の戦い」の最中 »

01、個人的に関心を持った話し」カテゴリの記事

コメント

古代文明において壁画を含む絵画が残っているということは、その文明の担い手が見たものを抽象化する能力を持っているということであり、それはすなわち数学的な能力があるということであり、それを自然に身につけるには天文学の発達が不可欠で、すなわち絵画を残す文明はすべからく天文学も発達していたといわれているところで、そろそろ実は日本人の数学的能力は非常に高いとされ、「駅から自宅までの地図を何も見ずに手書きで描ける」「店のレジでお釣りがすっと出てくる」などはこれが相当高くないとできない芸当であり、にもかかわらず、日本人には何故数学が苦手な人が多いんだろうとピーター・フランクル氏が嘆いていたことにも言及頂きたいかと…。

投稿: | 2018年3月 2日 (金) 12時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/72981661

この記事へのトラックバック一覧です: 日本人の祖先はネアンデルタール人か:

« 二・二六事件は「ニーテンニーロク」か | トップページ | 明治10年3月は「田原坂の戦い」の最中 »