« 100時間カレーAMAZING国立店OPEN! | トップページ | 国立駅北口 2月28日から一方通行 »

2018年2月17日 (土)

好物の「落花生」のこと

 落花生は、ピーナッツ、南京豆などとも呼ばれ、昔から食べ過ぎると鼻血が出865df9cbb5_2るぞと言われながら育ったものですが、医学的には証明されていない何ら根拠のない噂のようです。
  落花生の原産地は南米アンデス山麓とされ、日本には江戸時代に沖縄辺りに伝わっていたそうですが、全国には普及しておらず、本格的な栽培は、明治初期にアメリカから種を輸入して奨励してからで、現在では、主に千葉、茨城、神奈川などで美味い品種が栽培されているようです。我が社には千葉県出身の職人さんがおりまして、私の落花生好きを知っていて良くお土産に頂いております。今回頂いたのは、千葉県千葉市若葉区みつわ台の前橋園の「燻りざや」という落花生です。面白い話しは、世界中に落花生が広まったキッカケは、奴隷や家畜用のエサとしてや、戦争時の携帯食糧として広まったという意外な歴史があるそうで、それに戦闘機のパイロットには「落花生入り救命具」が考案され、不時着した際の非常食にも活用されたそうです。
 かつて外国から日本に入って来た、鉄砲、蒸気機関車、自動車、カレー、天ぷら、ラーメン、カステラ等々に限らず、殆どのものが、日本人によって高度に改良、発展し昇華を続ける典型でしょうか。

|

« 100時間カレーAMAZING国立店OPEN! | トップページ | 国立駅北口 2月28日から一方通行 »

07、我が社の関連情報」カテゴリの記事

コメント

ピーナッツでむしろ懸念されるのはピーナッツアレルギーと誤飲による窒息事故であり、特に小さなお子様には気をつけた方が良く、またアレルギーについてはピーナッツオイルの保湿剤の使い過ぎにより体が拒否反応を示すことが原因とも言われており、保湿剤使用者は今一度成分を見直した方が良いところで、そろそろ鼻血と言えば、米国による所謂「鼻血作戦」はその存在が否定されたが、
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180216-00000011-reut-kr
そもそも軍事作戦なのだから馬鹿正直に存在するなどと言うわけがなく、果たしてオリパラ後にどう出るか、そのオリンピックも羽生選手はどうなるか?とりあえず今日行われる「国立駅周辺整備駅前報告会」が注目されることにも言及頂きたいかと…。

投稿: ピーナッツアレルギーと誤飲に注意 | 2018年2月17日 (土) 10時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/72936441

この記事へのトラックバック一覧です: 好物の「落花生」のこと:

« 100時間カレーAMAZING国立店OPEN! | トップページ | 国立駅北口 2月28日から一方通行 »