« 「A3ノビ」の写真は迫力あります | トップページ | 青汁は「まずい!もう一杯!!」 »

2017年11月16日 (木)

超悪玉コレステロールがあると言う

 このページでは、自身の健康管理のために記録しておきたいと思っています。0000266f2
 NHKの「ためしてガッテン」は、2016年春から「ガッテン!」と番組名が変わりましたが、多くの日本人が気にしている「健康」「食」「住宅」などに着目して、「なぜ?」「どうして?」と切り込み、いつも「そうだったのか!」「目からウロコ」と頷いています。
 昨日11月15日のガッテン!は、「コレステロールの新常識SP 注意すべきはコレだ!」で、第3のコレステロールと呼ばれる「レムナントコレステロール」と言う、聞き慣れないコレステロールが初登場し、今年の健康診断表を見比べながら見ていました。この「レムナントコレステロール(超悪玉)」は、これまで血液検査の検査表にも載っていないのですが、動脈硬化などの生活習慣病を引き起こす原因だそうです。一般的な血液検査では、「総コレステロール」、「HDLコレステロール」、「LDLコレステロール0002888」の3項目しかないのが一般的で、殆どの国民は知られていないようです。レムナントコレステロールの測り方は、「総コレステロール=HDLコレステロール(善玉)+LDLコレステロール(悪玉)+レムナントコレステロール(超悪玉)」となり、つまり、総コレステロールが110、HDLコレステロールが50、LDLコレステロールが50の場合、残りの10がレムナントコレステロールだそうです。この超悪玉コレステロールは、「マクロファージ」が食べてくれるのですが、食べすぎると今度はマクロファージが死んで、血管内のプラーク(粥腫)になり動脈硬化の原因になるそうです。今、元々、医学知識がない人が語っているのですが、「ガッテン!」では、これを上手に説明していました。
  結びは、超悪玉コレステロールを下げる方法で、食事法では、サバやイワシなどの青魚のEPAは総悪玉コレステロールを下げてくれる効果が高く、また、適度の運動で適正な体重を保つことも大切のようです。番組では二週間の食生活の改善や散歩だけで、大幅に改善した事例を紹介していました。

|

« 「A3ノビ」の写真は迫力あります | トップページ | 青汁は「まずい!もう一杯!!」 »

01、個人的に関心を持った話し」カテゴリの記事

コメント

悪玉コレステロール値を下げる食材のうち「サバ」についてはナスと並んで「秋鯖は嫁に食わすな」と呼ばれるほどこれからが旬であり、かつては若狭湾で水揚げされて「鯖街道」を経て京都へ運ばれたサバが珍重されたものの、今やノルウェーから空輸されているような状況であり、一方、「イワシ」については正月のおせち料理の所謂「三種肴」の一つ「田作り」がこのカタクチイワシであり、イワシを田の肥料にしたら豊作になったことから五穀豊穣の願いをこめて食べるところで、そろそろこういった食事とは対極的な食生活を送っているものと思われるのが取りも直さず某国大統領であり、機中でマ○クのハンバーガーをよく食べることから来日中は日本側もコチラ
http://munchs.jp
のハンバーガーで歓待したが、それ以上に、国民の窮乏をよそに酒池肉林の生活を送ったが故にあの体格になったと思われるのが某国の将軍様であり、とうとう兵士までこの窮乏に耐えかね、板門店で40発もの銃撃を受けながら亡命する者まで現れていることにも言及頂きたいかと…。

投稿: | 2017年11月16日 (木) 12時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/72228837

この記事へのトラックバック一覧です: 超悪玉コレステロールがあると言う:

« 「A3ノビ」の写真は迫力あります | トップページ | 青汁は「まずい!もう一杯!!」 »