« 「希望の党」第一次公認 210人? | トップページ | 衆議選は改憲勢力の拡大で十分 »

2017年10月 2日 (月)

目指す国のため周囲を引きずり回せ

 今の現状を単に政界のゴタゴタと見るか、周囲を揺さぶり引きずり回して自分のOni10_img_0主張を通そうとする政治的動きと評価するかは、立場、考え方で大きく違うと思われます。
  小池都知事は「希望の党」の公認条件は、憲法改正と安保法制に賛成することを踏み絵にしています。これを「あからさまな左翼潰し」「自民補完勢力の誕生だ」と批判の声が上がる一方で、「憲法論議へやっと動くか?」との積極的な見方があります。
 今、社員を自殺に追い込んだとして評判が悪い電通「鬼十則」のうち、「周囲を引きずり回せ、引きずるのと引きずられるのとでは、永い間に天地のひらきができる。」を思い出しています。この鬼十則は、小生の若い頃から既に有名で、一つひとつ納得させられ、自身を奮い立たせたものです。また、鄧小平は「白猫であれ黒猫であれ、鼠を捕るのが良い猫である」と語り、立場・方法・意見の違いを乗り越えて、本音では嫌いな日本やアメリカに頭を下げてでも協力と支援を求め、中国発展のため指導力を発揮し、発展の礎を築いたとされます。
 これらの考えは、今の政治混迷深まる日本にも当てはまり大切と思います。
 小池都知事の動きからは、「周囲を引きずり回せ論」と「Thatcherimg猫黒猫論」で、まずは改憲勢力を結集させる意図を感じています。選挙後は憲法改正論議は間違いなく活発化し、更に、自民党や「希望の党」にとどまらず、他の政党も「遅れてはならず」と真剣に憲法議論に加わる流れを予測しています。最後に、小池都知事が最も尊敬するサッチャーは、イギリスの議会は派兵反対意見が強い中で、「情けない、ここには男は私しかいないのですか?」と言い放って、アルゼンチン軍からフォークランド諸島を奪還しています。北朝鮮から拉致被害者を取り戻せない軟弱な日本に、サッチャーなら何と言うでしょうか。

|

« 「希望の党」第一次公認 210人? | トップページ | 衆議選は改憲勢力の拡大で十分 »

15.改憲勢力に注目」カテゴリの記事

コメント

池田信夫氏が言うように「政治は結果がすべて」であり、
https://twitter.com/ikedanob/status/914518064481177600
白猫も黒猫も「鼠を捕る」という結果を出しさえすればいいのであって、ただ、「周囲を引きずり回した」挙げ句、「鼠を捕ることに反対」という猫が混じってくると困るのであって、何でもかんでも引きずり回しゃいいってものではないところで、そろそろ貴ブログをスマートデバイスで閲覧すると「建設業界はツライよ」とのネット広告が出ることもあり苦笑するが、電通新入社員過労自殺事件では件の「鬼十晢」やら、接待宴会後の深夜にまで及ぶ吊るし上げ反省会が槍玉に挙げられているものの(『ガイアの夜明け』でのキリンビール社員叱責飲み会が炎上した件もそうだが、こんな吊るし上げをしても何の改善策にもならない)、自殺社員を出した部署では激増するネット広告の報告書を「手作業」で作っていたことが激務に繋がったと指摘されており、
https://www.buzzfeed.com/jp/satoruishido/dentsu-mondai?utm_term=.wtkBl75lYz#.sk35bkEblZ
つまり電通側の業務の構造的な問題であり、しかもこれが後にネット広告の不正請求事件にも発展するため、「鬼十晢」は「濡れ衣」であると認識しつつも、不正に手を染めた電通には何ら同情できないことにも言及頂きたいかと…。

投稿: | 2017年10月 2日 (月) 12時40分

大日建設(株)杉山
 丁寧なコメント有難う御座います。
  スマートデバイスで閲覧すると「建設業界はツライよ」とのネット広告が出ることもあり苦笑するが・・・・」、とありますが、その意味も理由も分からないでいます。
 その広告は勝手に現れるものでしょうか。
 どのように利用されているのか分かりませんが、「白猫黒猫論」からすれば結果オーライでいいのか、それとも、悪意が感じられる内容でしょうか。

投稿: 大日建設(株)杉山 | 2017年10月 2日 (月) 13時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/71863847

この記事へのトラックバック一覧です: 目指す国のため周囲を引きずり回せ:

« 「希望の党」第一次公認 210人? | トップページ | 衆議選は改憲勢力の拡大で十分 »