« 改憲勢力が伸びることを期待する | トップページ | 激戦地・東京21区は四ツ巴? »

2017年10月 9日 (月)

女性が憲法改正のカギを握る?

 支持政党なしの女性有権者は、無条件で女性候補に投票する20171009image1傾向が見られます。
 支持政党が明確でない無党派層には二種類あるとされ、政治に無関心ならイメージやムードに流され易く、政治に関心はあっても支持政党がなければ、政策や争点、政治スキャンダルに敏感に反応して批判票を投じる傾向が強いようです。
 また、投票行動を「組織票(固定票)」と「浮動票」に分ける場合もあります。「組織票」には、人数が多い公務員、業界団体、労働組合、利益団体、宗教団体などのほかに、少人数でも、同級生、同窓生、PTA、自治会、青年団、消防団、環境団体、ボランティア団体、趣味の会なども含まれるそうです。また、「浮動票」を投じる無党派層は、「国会議員や総理大臣なんて誰がやっても一緒でしょ」式の考えが強いもので、当然ながら「投票率が低ければ組織票が有利」、「投票率が高ければ浮動票が有利」に働く計算になります。
  近年、このような分析に該当しないのが「女性票の行方」で、誰からも思想的に違うと見られるのに、単に女性というだけで投票する傾向が強いと見受けられます。先日も、女性コメンテーターが「同性の候補者は無視出来ない」と語り、また、左翼色の強い田嶋陽子氏が「小池都知事を支持する」とコメントしていました。このように、女性候補と言うだけで女性票が流れる傾向が強いことから、今回の衆議院選挙でも女性候補や、女性都知事が立ち上げた政党を無視できないと見ています。
 近年、日本女性はオリンピックなどスポーツの国際大会でも大活躍を見せていますが、政界でも間違いなく女性のパワーで、憲法改正まで突き進むはずです。
小池百合子を「舐めたらいかんぜよ」 2016.07.02

|

« 改憲勢力が伸びることを期待する | トップページ | 激戦地・東京21区は四ツ巴? »

15.改憲勢力に注目」カテゴリの記事

コメント

 自民党が公約として、緊急事態宣言条項を改憲案と出すのは既定路線であり、「希望の党」と維新ら補完勢力は丸呑みする。「希望へ党」の合流クーデターで、憲法論議そっちのけの凡庸な候補は改憲に衣替えしてしまう。
 かつ、小池百合子というリーダーの存在で、国民投票で女性票を受け易い環境づくりもありそうという意見が有力です。

投稿: | 2017年10月 9日 (月) 10時57分

以前も書いたが、女性は母性本能故か、「戦争」「放射能」「貧乏」から子供を守ろうとするが、ベトナム戦争の戦死者数よりも交通事故死者数の方が多いのに車を無くせとは言わず、航空事故の発生確率の方が原発事故の発生確率よりも高いのに飛行機を無くせとも言わないところで、そろそろ選挙というものは「セット販売」なので、「Aという政策をやって欲しくてある党に投票すると、やって欲しくないBという政策も付いてくる」ものであり、その点で希望の党は女性が忌避しがちな「改憲」という政策を、女性が支持しやすい「原発ゼロ」「消費増税凍結」という政策と「セット販売」にしているのであり、果たしてこれで女性票をどこまで取り込むことができるのかと言ったことにも言及頂きたいかと…。

投稿: | 2017年10月 9日 (月) 11時08分

大日建設(株)杉山
■自民党が公約として、緊急事態宣言条項を改憲案と出すのは既定路線であり、「希望の党」と維新ら補完勢力は丸呑みする。・・・・≫≫≫≫拙ブログでも、「希望の党」立上げ当初から、そのように見ていました。
■選挙というものは「セット販売」なので・・・・≫≫≫≫との意見ですが、「希望の党」に政権奪取の力は元々無いに等しく、国内外の喫緊の情勢から、「改憲勢力の拡大」だけが目標であると見られ、その他の公約には大して力を入れないはずです。
 「希望の党」の役割は、当初から「憲法改正一本に有り」とみています。
■「果たしてこれで女性票をどこまで・・・・」の意見には、今回の衆議院選挙では、三分の二の議席確保に貢献するであろうし、憲法改正の「国民投票」の段階では、もう一度、解散総選挙を行うことも予測され、その際は小池百合子代表も国政に立候補して陣頭指揮し、「国民投票」では女性票獲得に尽力することも想定されます。
•自分達が仕分される民進党議員 2017.10.01
•小池知事は「日本をリセットする」 2017.09.30
•小池百合子は日本の救世主か 2017.09.29
•「希望の党」公認は改憲派だけです 2017.09.28
•「希望の党」受入可能リスト作成 2017.09.28
•正に「政治は一寸先は闇」です。 2017.09.28
•「希望の党」は減税と靖国参拝を 2017.09.27
 などの記事で当初から注目しています。
 「希望の党」には、この期待を裏切らないで欲しいと期待しております。

投稿: 大日建設(株)杉山 | 2017年10月 9日 (月) 11時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/71921269

この記事へのトラックバック一覧です: 女性が憲法改正のカギを握る?:

« 改憲勢力が伸びることを期待する | トップページ | 激戦地・東京21区は四ツ巴? »