« 日産に続いて「スバルお前もか?」 | トップページ | 10月31日は「ハロウィン」らしいが »

2017年10月29日 (日)

都の24区目は「湾岸区」にしたら

 大岡忠相(ただすけ)は江戸町奉行として、「子争い」「三方一両損Tochiarasoi_image3」「大工調べ」などの大岡裁きで知られていますが、最初の裁きは伊勢の山田奉行時代に、紀州藩領の松阪との領地争いで、これまでの山田奉行は御三家の紀州藩に気兼ねして裁けなかった係争に、権威に屈することなく公正に裁いたことが、当時、紀州藩主だった吉宗の耳に噂が入り、後年、吉宗が将軍に就任したとき江戸町奉行に抜擢されたもので、裁きの基本は「複雑な問題こそ単純に」だったそうです。
  さて、東京湾の中央防波堤周辺の埋立地は江東区と大田区が40数年来の帰属を主張しているため、区の所属はOuokasabaki_mage3未確定なことから裁定に都が乗り出し、先日、江東区86.2%、大田区13.8%の調停案を示していましたが、江東区は受け入れ姿勢を示すも、大田区は受け入れない方針のようです。埋め立ては44年前に始まり、東京都は大田区のノリ養殖業者の了解を得て埋め立てを開始したそうで、埋立工事は主に江東区側の道路から毎日大量のゴミが搬入されています。そのため、大田区は「ノリ養殖業者が廃業を余儀なくされた」と主張し、江東区は「トラックと悪臭、ハエの大量発生に我慢してきた」と、埋立地は自分たちに100%帰属すべきと主張してします。
 これでは、誰が見ても簡単に結着が付く話ではありません。
 ただ、東京湾という誰の所有でもない所(実際は国が管理)を都民の税金やゴミで埋立て拡張したのなら、大田区と江東区の二区だけの分配も問題に見えます。埋め立て地は最終的にどこまで拡大するのか不明ですが、それなりの人口や企業誘致、インフラ整備などが見込まれるなら、いっその事、24区目の湾岸区にでも指定したらとも思います。なお『大岡政談』は、政治家としてあるべき姿を求める庶民願望の作り話とされますから、つまり、このようなブログも願望が強く働いているだけのことですから、軽く受け流して下さい。
埋め立て地の調停案を拒否、提訴へ 大田区議会が議決:朝日新聞デジタル

|

« 日産に続いて「スバルお前もか?」 | トップページ | 10月31日は「ハロウィン」らしいが »

11、東京都知事に注目」カテゴリの記事

コメント

「湾岸区」を作るとなると中央防波堤のみならずお台場や羽田空港まで埋立地全てを含めないと一つの区の大きさとしては割に合わない上に、23区が24区になるとオンワードさんが困ってしまうところで、そろそろこれは区同士の争いだからまだいいものの、杉山社長の故郷では富士山頂の県境が未確定であるし、
https://www.news-postseven.com/archives/20160816_438002.html
さらに国同士の争いだったらどうなるか?北方領土もこんな調子だと困ることにも言及頂きたいかと…。

投稿: | 2017年10月29日 (日) 12時21分

大日建設(株)杉山
尖閣を中国が領有権を主張しはじめたのは、1968年(昭和43年)に尖閣諸島付近の海底調査で石油や天然ガスなどの大量地下資源埋蔵の可能性が発見されてからでした。今回、中央防波堤埋立地の帰属問題を強く主張しはじめたのは、2020年東京五輪・パラリンピックで、何かしらの施設が造られるなど、利権の争奪戦が絡んでいるからでしょう。
逆に、全国の空き地問題や富士山の領有権を、今直ぐ主張しても誰も得しないからのはずです。江東区と大田区は、自らの強欲なエゴに気付かないのでしょうか?

投稿: 大日建設(株)杉山 | 2017年10月29日 (日) 17時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/72077154

この記事へのトラックバック一覧です: 都の24区目は「湾岸区」にしたら:

« 日産に続いて「スバルお前もか?」 | トップページ | 10月31日は「ハロウィン」らしいが »