« 日本は非難と脅えるだけでいいのか | トップページ | 日共は「地上の楽園」に何想う? »

2017年9月 5日 (火)

北の立場にすれば核兵器は必要だ

 近年の北朝鮮を批判するのは簡単ですが、今のような緊張感をエスカレ201794image1ートさせた責任は、朝鮮半島に最初に核を持ち込み、強力な軍事力を背景に北朝鮮に迫ってきた米国にあるとされます。
 「朝鮮停戦協定第60項」には、
 「朝鮮問題の平和的解決を確保するため、双方の軍司令官は、双方の関係国の政府に対して、休戦協定が署名され、効力を生じた後3カ月以内に、これらの国の政府がそれぞれ任命する代表により一層高級な政治会談を開催して、すべての外国軍隊の朝鮮からの撤退、朝鮮問題の平和的解決その他の諸問題を交渉により解決するよう勧告する。」とあり、また、1975年10月の第30回国連総会では、韓国からすべての外国軍隊を撤去し、朝米間で平和協定を締結するよう求める決議が採択されています。勿論、駐屯を合法化する「米韓相互防衛条約」に調印していたからでしょうが、米軍は韓国に核兵器を持ち込み、かつては800発も配備した経緯からも、北朝鮮が核開発を目指した原因は米国にありそうです。北朝鮮には、中国軍やロシImage185245ア軍など他国の軍隊は駐屯しておらず、一国だけでアメリカに立ち向かう姿勢は、別の意味で評価されます。
 池田信夫氏はアゴラで、
 「恐ろしいことですが、現実には広島・長崎の後は原爆は使われていません。それは相互確証破壊(MAD)という原理が働いているからです。これはむずかしい言葉ですが、理屈は簡単です。原爆を本当に使ったら国を滅ぼすことができるので、たとえばロシアの指導者が原爆でアメリカを破壊したら、その報復に原爆が飛んできます。もしどっちかが核兵器を使うと相手が自動的に報復するので、両方の国がほろびるまで核戦争が続くでしょう。普通の戦争では国の指導者は死にませんが、核兵器では死ぬので、それは実際には使えない集団自殺兵器なのです。」と述べています。 
 核兵器を禁止したら核戦争はなくなるの? – アゴラ
 かつて、ブッシュ大統領は、北朝鮮、イラン、イラクを「悪の枢軸」と表現していましたが、歴史的にみれば、アメリカが最大の「悪の枢軸国」とされます。

|

« 日本は非難と脅えるだけでいいのか | トップページ | 日共は「地上の楽園」に何想う? »

14、緊迫する国際情勢」カテゴリの記事

コメント

「米国が悪い。だから北朝鮮の言い分も聞いてやるべきだ」というのがどうやら東京新聞の主張らしいが、
http://www.sankei.com/politics/news/170831/plt1708310051-n1.html
では東京新聞の主張に従って、北朝鮮が日本語のできる有能なスパイ人材を欲すれば日本国民を拉致させてでも差し出し、韓国の要人を殺したいと言えばラングーンに爆弾を仕掛け、ソウルオリンピックを潰したいと言えば大韓機を爆発させ、挙げ句の果てにむしゃくしゃしたから日本に核ミサイルを撃ってやりたいと言えばその通りにさせてやり、それで日本人が死んでもすべて米国が悪いのだから恨むなら米国を恨めということなのかといったところで、そろそろ北朝鮮が本気で自国民を守る為に核武装をするのだと言っているのなら、そもそも国民から餓死者がゾロゾロと出ないはずであり、
https://news.yahoo.co.jp/byline/kohyoungki/20170710-00073122/
「北の立場」と言ってもそれは所詮この金豚の保身でしかなく、そんな金豚のワガママの為に我々日本国民が犠牲になるのはまっぴらごめんであることにも言及頂きたいかと…。

投稿: | 2017年9月 5日 (火) 12時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/71618431

この記事へのトラックバック一覧です: 北の立場にすれば核兵器は必要だ:

« 日本は非難と脅えるだけでいいのか | トップページ | 日共は「地上の楽園」に何想う? »