« 「希望の党」受入可能リスト作成 | トップページ | 小池百合子は日本の救世主か »

2017年9月28日 (木)

「希望の党」公認は改憲派だけです

 今日の民進党の前原誠司代表は、かつてソ連共産党の解散を宣言しImage3、ソ連邦の解体に追い込んだソ連最後の大統領・ゴルバチョフと重なって見えます。民進党は28日の両院議員総会で「希望の党」に事実上合流するという前原代表の提案を満場一致で了承したことで、日本共産党と共闘するという最悪の選択を避けました。かつて、前原氏は「日本共産党はシロアリ」と厳しく批判しており、 松下政経塾の卒塾生としては、共産党主導の民主連合政府樹立につながる共闘だけは避けたかったはずです。目前の選挙では共産党からの強い誘いと、民進党内部の呼応したい強い意見に対して、自らの手で全てリセットする決断をしたと見られます。  
 民進党の両院議員総会では、全員に次の御触れを出したそうです。
一、今回の総選挙における民進党の公認内定は取り消す
二、民進党の立候補予定者は「希望の党」に公認を申請することとし、「希望の党」との交渉及び当分の間の党務については代表に一任する。
三、民進党は今回の総選挙に候補者を擁立せず、「希望の党」を全力で支援する。
と伝えており、2017928image2特に「民進党は今回の総選挙に候補者を擁立しない」と宣言しており、つまり、「希望の党」から断られた候補者は行き場を失い無所属で立候補することになります。これでは事実上、民進党の解体であり、果たして、何人が「希望の党」で拾ってもらえるか。現在、民進党の衆議院議員は87名から選別作業中のようですが、何人が「希望の党」で拾ってもらえるのでしょうか。きっと「前から改憲主義で安全保障やスパイ防止法を支持します」などと、左翼思想を隠蔽しても、拾われようとするのが左翼の特徴とも言われます。「希望の党」の細野議員も「安全保障関連法の白紙撤回を言い続ける人は厳しい」と語り、左向きのテレビも、このような意見や小池都知事の改憲主義に正面からコメントできずお通夜状態に見えます。

|

« 「希望の党」受入可能リスト作成 | トップページ | 小池百合子は日本の救世主か »

15.改憲勢力に注目」カテゴリの記事

コメント

満場一致、ということは、ヨシフや辻◯ら「ガラパゴス左翼」も賛成したということであり、果たしてどうなのか信じ難いものがあるが、
https://twitter.com/hashimoto_lo/status/913322468642660353
あとは希望の党側で踏ませる「踏み絵」が、そういったガラサヨをサヨナラと門前払いにしてくれればいいわけであり、
https://twitter.com/euroseller/status/913303886894469120
それで国会からも追い出してくれれば、北朝鮮有事に対する体制も心置き無く整えられるところで、
https://twitter.com/ikedanob/status/913285224615702530
そろそろ翻って我らが国立市の東京21区を見るに、おそらく「事実上」、希望の党・オリジナルメンバーの長島議員と、自民党の小田原議員との一騎打ちになろうかと思われ、いずれも比例との重複立候補になろうかと思われるが、長島議員はまだしも、小田原議員の比例順位がどの辺りになるのか?であり、恐らく党内の論功行賞で順位が決まるものと思われるものの、仮に小田原議員が小選挙区で長島議員に大差をつけられたとなると惜敗率が低くなるから、この名簿順位が比例復活当選するかのファクターになるものと思われることにも言及頂きたいかと…。

投稿: | 2017年9月28日 (木) 22時10分

ご参考までに
https://twitter.com/NomuraShuya/status/913346893425524736
で、早くも「選別」される人の名が…。
https://twitter.com/moeruasia/status/913407207433175041

https://twitter.com/kazue_fgeewara/status/913417013489319936

投稿: | 2017年9月29日 (金) 05時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/71832469

この記事へのトラックバック一覧です: 「希望の党」公認は改憲派だけです:

« 「希望の党」受入可能リスト作成 | トップページ | 小池百合子は日本の救世主か »