« 「希望の党」に希望はあるの? | トップページ | 正に「政治は一寸先は闇」です。 »

2017年9月27日 (水)

「希望の党」は減税と靖国参拝を

 国政政党 「希望の党」には多少の批判を受けても、敢て「消費税減税Koike_7148」と「戦後レジーム」見直しの核心とされる靖国参拝を行って立ち位置を明確にして欲しいものです。
 小池知事は「希望の党」を結成し、「消費増税凍結」を提示するとともに、希望の党の希望の政として「希望の政治」「希望の社会」「希望の経済」「希望を守る環境・エネルギー」「憲法改正」の5本柱を提示し、ほかにも「議員定数・議員報酬の縮減」「地方分権」「情報公開」「女性活躍」「原発ゼロ」を挙げ、改憲にも「議論を避けてはいけないが、9条の一点に絞って議論することがいいのか」と踏み込んでいます。
 しかし、まだ中途半端ですから、「消費税を5%かゼロ」を提示して消費の活性化を促すことと、靖国神社参拝を選挙前に行って欲しいものです。勿論、豊洲や築地問題も解決できずに、税金の無駄遣いや現場を混乱させ、東京五輪への影響など批判されても、誰にもマネできない破壊力の強さだけは高く評価されます。もし「消費税減税」を提示して、選挙前に全員で靖国神社に参拝して英霊に感謝申し上げたなら、中途半端で今000498defaultの政治に不満を持つ国民から大喝采を受け、大躍進間違いなしでしょう。
 すでに、日本のこころの中山恭子代表は「希望の党」に合流し、夫の中山成彬氏も加わり衆院選に出馬の意向からも、憲法や安全保障問題のことは意見は合致しているはずです。今回の選挙で「希望の党」は、全国から100人程度擁立するそうですが、都議選以上の台風の目となり、民進は半減、自民からも数十人の落選が出ること必至でしょう。もし、この勢いに対抗するなら、安倍首相はせめて今からでも「消費増税凍結」と靖国参拝を行って挽回を目指して欲しいものです。
「脱しがらみ」の綱領発表 小池新党が設立会見 - 読んで見フォト - 産経Image228
小池新党、23人が参加検討 首都圏で民進離党の流れ
   http://www.asahi.com/articles/ASK9V7DH2K9VUTFK02L.html

|

« 「希望の党」に希望はあるの? | トップページ | 正に「政治は一寸先は闇」です。 »

15.改憲勢力に注目」カテゴリの記事

コメント

「消費増税凍結」は創価学会婦人部票を取り入れたいとの思惑のようであり(だから首班指名では公明党代表をとヨイショしている)、
http://agora-web.jp/archives/2028534.html
要するに主婦は毎日の買い物などから消費税の負担については敏感になっているようだが、それよりサラリーマンにしてみれば池田信夫氏も指摘するように、給与天引きされる(さらに杉山社長の立場で言えば、労使折半で会社も負担する)「社会保険料」の増大を何とかしてほしいものであり、消費増税以上のスピードで真綿で首を絞めるが如く家計を圧迫しているのに誰もどの党もこれを争点にしようとしない(何故かと言えば、高齢者の年金の財源だから)ところで、そろそろ都議選の時には小池知事や都民ファをボロクソに批判していた杉山社長もさすがに今回はご贔屓されていると思われる長島議員が希望の党に参加されるとあっては批判のトーンも抑えているものと思われるが、一つ言えるのは、国政を任せられる政党が必ずしも都政や国立市政を任せられるかと言えばそうとは限らず、例えば「国防」なら「安保法制」「特定秘密保護法」(これで北朝鮮「領空内」を飛んでいると思われるグロホからの情報も恐らく官邸に入るようになったと思われる)「テロ等準備罪」(これで国内に潜伏している北朝鮮工作員によるテロを抑止)を成立させた実績のある自民党に任せられるが(逆にこれらが違憲で安保法制廃止などと唱える民進党には任せられない。まして◯産党など以ての外。なお、希望の党の国防政策は恐らく長島氏がいるように自民党と歩調を合わせるものと思われる)、「受動喫煙対策」ならやはり都民ファがいい(これも都議選で「憲法ガー」などと言っている◯産党などは御門違い)と言った具合に「適材適所」に柔軟に考えるべきであり、ちょうど大学受験に強い予備校が高校受験や中学受験にも強いかと言われれば必ずしもそうではなく(現にそうである)、TACさんにも建築士講座はあるが、やはり建築士受験となると日建学院さんや総合資格学院さんへ行くのと同じことであることにも言及頂きたいかと…。

投稿: | 2017年9月27日 (水) 05時51分

大日建設(株)杉山
 早朝から、丁寧に分析をされたコメントを頂きまして有難う御座います。
「ご贔屓されていると思われる長島議員が・・・」とありますが、予てから憲法改正やスパイ防止法制定を目指すなど安全保障問題に精通した発言には共感を覚えます。
 また、小池都知事が「しがらみのない政治」で、日本をリセットしたいと言う「希望の党」に、中山恭子元代表や夫の中山成彬氏も加わり、日本の心を大切にする党を目指すものと感じています。小池都知事は「政界渡り鳥」とも言われ、立ち位置がハッキリ見えない点がありますが、中山夫妻を受け入れた点である程度見えて来ましたので、今回の選挙では、50議席以上を目指して欲しいと期待しています。
 小選挙区「東京21区」では、自民の小田原潔候補と希望の長島昭久候補がバッティングしますが、小選挙区で敗退しても、どちらも比例で復活して欲しいものです。

投稿: 大日建設(株)杉山 | 2017年9月27日 (水) 10時21分

安全保障問題と言えば、今回米軍の爆撃機(爆撃機自体はステルスだが、護衛についた戦闘機は非ステルス)が北朝鮮東方沖を飛んでも北朝鮮側からのレーダー捕捉がなく、米軍が飛行の事実を公表後、慌てて北朝鮮が中露に確認すると共に、戦闘機を東側に集めて哨戒飛行を開始したそうで、レーダー照射がなかったのは恐らく電力不足故だろうと言われているが、
http://www.yomiuri.co.jp/world/20170926-OYT1T50057.html
http://www.asahi.com/articles/ASK9V7WWZK9VUHBI00V.html
http://www.iza.ne.jp/kiji/world/news/170926/wor17092621240034-n1.html
この記事だけでも、
・恐らくレーダー稼働や哨戒飛行のために電力や燃料がなおさら軍用に回され、冬を前にして住民にはそれらがますます不足することになろうと思われること。
・米軍が北朝鮮を攻撃する場合は軍事施設よりも電力施設を攻撃すれば軍機能を容易に麻痺させることができること。
・東側への戦闘機移動や中露への確認まで米韓に筒抜けであること。
・防空責任者が恐らく処刑されたであろうこと。
まで推測できることにも言及頂きたいかと…。

投稿: | 2017年9月27日 (水) 13時11分

今朝方からマスコミを賑わしている「民進党が希望の党に合流する」との話は希望の党側が否定していますので、もしブログネタにされるようでしたらご注意頂きたいかと…。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170927/k10011158751000.html
http://www.asahi.com/articles/ASK9W6S76K9WUTIL05V.html

投稿: | 2017年9月27日 (水) 22時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/71817303

この記事へのトラックバック一覧です: 「希望の党」は減税と靖国参拝を:

« 「希望の党」に希望はあるの? | トップページ | 正に「政治は一寸先は闇」です。 »