« 小池百合子は日本の救世主か | トップページ | 自分達が仕分される民進党議員 »

2017年9月30日 (土)

小池知事は「日本をリセットする」

 小池都知事が言う「日本をリセットする」は、坂本龍馬の言葉で「今一度日本を2017930image2洗濯致し候」が近いイメージと感じております。そして、時ならぬ大旋風を巻き起こしている小池新党に男達が群がり、なんとか当選したい助平根性丸出しの醜態を世間に晒しています。
  小池百合子氏を例えて、英国元首相のサッチャーやキャメロン、現在のメイ首相、他にも米国のヒラリー候補、韓国の朴槿恵らと比較する声を聴きますが、個人的には、ドス一本で歯向かう男をバッタバッタと斬り倒す緋牡丹博徒のお竜と重なることもあります。ふざけ過ぎと言われるなら、「今一度日本を洗濯致し候」と語って混乱の幕末に颯爽と登場した龍馬はどうでしょうか。この言葉は、小池氏の「日本をリセットする」に一番近いイメージと思いますが・・・・まぁ、色んな評価や意見は当然あるわけで、ここでは小池都知事が最も尊敬するという「鉄の女」サッチャー言葉を借りて動きを考察したいと思います。
 今の小池知事はあなたの旗は赤旗でしょう? わたしの旗はユニオンジャックです」を意識して、「赤は×」「ピンクは△」「この人は〇」などと言いながら、「希望の党」で公認する候補者を分別しているはずです。
マーガレット・サッチャーの言葉
「私には後悔という言葉はない」 
あなたの旗は赤旗でしょう? わたしの旗はユニオンジャックです」
「私は意見の一致を求める政治家ではない。信念の政治家だ」
「敗北? 私はその言葉の意味を存じ上げません」
「勝つためには、一度ならず戦わなければならないこともある」
「私たち(政治家)は後戻りをしてはならない。立ち止まった姿を世間にさらすことも許されない。前に進んだ時こそ未来が約束される」
「リーダーは好かれなくてもよい。しかし、尊敬されなくてはならない」
「多数に追随するな自分自身で決断せよ。そして人々を納得させリードしていけ」
「私は、英国を依存社会から自立社会へと変えるつもりで首相になった。座って待っているのではなく、起き上がって進む英国だ」
「考えは言葉となり、言葉は行動となり、行動は習慣と000sid0022523なり、習慣は人格となり、人格は運命となる」、そして、締めは「緋牡丹博徒のお竜」の歌詞から、「娘盛(ざか)りを渡世(政治)にかけて、張った体に緋牡丹燃える女の 女の 女の意気地・・・・」(作詞:渡辺岳夫)

緋牡丹博徒 藤純子 cover by akinoitigo      https://youtu.be/xh_ajCOBP4k

|

« 小池百合子は日本の救世主か | トップページ | 自分達が仕分される民進党議員 »

15.改憲勢力に注目」カテゴリの記事

コメント

もはやゴミ扱いであるが、
https://twitter.com/payopayokill/status/913771541380308993
この読売記事に出ている「デスノート」とやらは恐らく今永田町界隈で流布されている「希望の党拒否リスト」とも思われ、しかし、かような選別があるにもかかわらずよく民進党側は両院総会で「満場一致」で決まったなと思ったら、どうやら前原代表がこの場で「全員希望の党へ行ける」みたいな大風呂敷を広げてしまったが故のようであり、
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170929-00000000-mai-pol
ヨシフなどは辻◯が選別されたら「前原代表の約束が違う」などとアン◯ン◯ンなことを抜かす始末であり、
https://twitter.com/aritayoshifu/status/913574953798197248
考えてみればわかることだが、他所の党から出るのだから当然その党で自分とこの党名出して立候補しても差し支えないかという人選があって然るべきであり、そもそも希望の党の「看板」である改憲・安保法制賛成に反する護憲・安保法制反対の議員を希望の党に入れたら長島議員とかが民進党を離党した意味がないのであり、また改憲をしてくれると願って希望の党に比例票を入れたのに、護憲を主張する議員が当選したなら、それこそ有権者に対する背信行為だろといったところで、そろそろマーガレット・サッチャー氏の名言でこの場で何度も採り上げたのに載っていないものに「金持ちを貧乏にしても、貧乏人は金持ちになりません」があり、この言葉の意味するところは、「私が貧乏なのはアベ政権が悪い」などと一向に貧乏から脱却しようと自分で努力しない者にいくら金持ちから分取った金をやったところで貧乏のままなのであり、選挙にしたって比例に頼らないと当選できないような者は、自分の主義主張は小選挙区で訴えたところで受け入れられないということであり、この北朝鮮のミサイルが飛び交う中で、いつまでも護憲・安保法制反対といった寝言を言っている者は潔く議員から引退すべきであることにも言及頂きたいかと…。

投稿: | 2017年9月30日 (土) 15時03分

やはり民進党内では全員希望の党に行けるものと誤解していたらしいことにも言及頂きたいかと…。
https://mainichi.jp/senkyo/articles/20170930/ddm/001/010/142000c

投稿: | 2017年9月30日 (土) 15時22分

その党に誰を入れて誰を入れないかを決めるのはその党の自由であり、他人にとやかく言われる筋合いはないことにも言及頂きたいかと…。
https://this.kiji.is/286674352555983969

投稿: | 2017年9月30日 (土) 15時40分

よろしければこちらも貼って頂きたいかと…。

https://twitter.com/apio_apio1516/status/913957280877486080

https://twitter.com/apio_apio1516/status/913559841058123776

投稿: | 2017年9月30日 (土) 16時20分

大日建設(株)杉山
 丁寧なコメント、いつも有難う御座います。
 「考えてみればわかることだが、他所の党から出るのだから当然その党で・・・・」とありますが、これは当然すぎることで、逆に「民進党」が受け入れる際に、主義・主張、政治的スタンスが全く違う者を入れて、重要な議決で反対されては困るはずです。それを「選別に反対」とか「約束が違う」、「騙された」などと、左翼議員や左翼評論家も一緒になって「希望の党」を批判することは滑稽なことです。
 また「民進党」の選挙資金目当てなどの批判には、小池百合子代表は記者会見で、民進党から衆院選候補を受け入れることについて「(民進党の)お金欲しさという批判は全くの間違いだ。希望の公認候補は自前の努力で戦ってもらうことを条件としている」と強調しています。いずれにしても、今回の選挙では、希望の党公認には、選別をハッキリさせて改憲勢力が伸びることを期待しています。今は、「黒い猫でも、白い猫でも、鼠を捕るのが良い猫だ。」と語った中国の鄧小平の言葉を思い出しています。

投稿: 大日建設(株)杉山 | 2017年9月30日 (土) 17時27分

まぁ、ソースは◯スポなんで、信憑性はアレですけど…。
https://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/782323/

投稿: | 2017年10月 1日 (日) 05時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/71846957

この記事へのトラックバック一覧です: 小池知事は「日本をリセットする」:

« 小池百合子は日本の救世主か | トップページ | 自分達が仕分される民進党議員 »