« 平和こそ最大の福祉が理念の国 | トップページ | 「勝てば官軍 負ければ賊軍」 »

2017年8月29日 (火)

北のミサイルたった四発で夜も眠れず

 164年前の嘉永6年6月3日(1853年7月8日)、浦賀沖にアメリカ東インド艦隊司令官・ペリ2017827_704_01_02ーが率いる4隻のアメリカ軍艦に驚き、「太平の眠りをさます上喜撰 たった四杯で夜も寝られず」と狂歌が詠まれましたが、これを借りるなら、「泰平の眠りを覚ます北のミサイル、たった四発で夜も眠れず」となるのでしょうか。
 今日8月27日午前5時58分ごろ、北朝鮮西岸から北海道方向に向かってミサイルが発射され、北海道上空を通り越して、午前6時12分ごろ、襟裳岬東方の東、およそ1180キロの太平洋上に落下したものと推定され、朝からこの放送一色です。
 正に、米韓合同訓練最中のミサイルを発射ですが、日本は「情報収集に全力を」「遺憾に思う」「断じて許すことが出来ない」などと非難するだけです。そろそろ多くの日本国民は、「憲法9条があるから攻撃されないはずなのに、北朝鮮や中国の挑発行為が強まるばかりだ。何だかおかしい。」と気付きはじめたはずです。 164年前は鎖国していたのに、開国を迫る黒船が来航したことに危機感を覚え、優柔不断で頼りない徳川幕府の倒幕へと一早動いたのは、米国など白人の軍事力や外国の事情に通じてした水戸藩や長州藩でしたが、今の日本では、自民を倒しても、日本防衛を旗印に掲げる政党が誕生する勢いはあるのでしょうか。
 それには先に国民が、70年ぶりに太平の眠りから覚醒出来るのかが鍵か・・・・

0000720xauto

 

|

« 平和こそ最大の福祉が理念の国 | トップページ | 「勝てば官軍 負ければ賊軍」 »

14、緊迫する国際情勢」カテゴリの記事

コメント

飛行ルートから見てわかる通り、日本は北朝鮮から馬鹿にされているのであり、これだけ好きな時にミサイルを撃ち放題で自分とこの領空を通過しても黙って指をくわえて見ていなければならないのか?また発射の度に制裁制裁と言いながら一向に効いている様子がないのは何故なのか?いい加減に国民の怒りをわかったらどうなのかといったところで、そろそろ9月1日から我らが国立市でもゴミの有料化が始まり、有料ゴミ袋が御社近辺のセブンイレブン国立北2丁目店でも発売されると思われるが、地域によっては収集曜日が変わったり、毎週収集だったものが隔週や月1回に変わったりするものもあるので注意が必要であることにも言及頂きたいかと…。

投稿: | 2017年8月29日 (火) 09時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/71552623

この記事へのトラックバック一覧です: 北のミサイルたった四発で夜も眠れず:

« 平和こそ最大の福祉が理念の国 | トップページ | 「勝てば官軍 負ければ賊軍」 »