« 8月18日は天台宗最澄の誕生日 | トップページ | みちびき4機体制で誤差6㎝以内 »

2017年8月19日 (土)

口先だけ?「備えあれば患いなし」

 「備えあれば患いなし」とは、いざという時の為に準備しておImageけば心配せず生活出来るのに、実際は災いが起きてから、準備しておけば良かったと右往左往し後悔することが多いものです。最近、某市役所で警備を担当する市の職員とお話しする機会がありました。役所の業務が終了した午後5時以降でも、役所全般の「問い合わせが多いので結構大変なんです」と語りつつ、最近は「震災や豪雨、北朝鮮からのミサイルには何処に避難したらいいのか」との問い合わせが多いそうです。
 その時に答える基本的なことは、「自宅に危険が迫っていなければ自宅の安全な場所に居て下さい」、「危険が迫っているなら近くの安全と思う場所に避難して下さい」と答えるのですが、お叱りを受けることが多いそうです。つまり、役所や公民館、学校などは受け入れ態勢が殆ど出来ていないので、突然訪問されても通常は避難先として適しないのだとの返答でした。
  最近の緊迫した北朝鮮の情勢から危機に何ら備えなしの日本のお寒い現状の数々が露呈していますが、ようやく、THAAD(高高度防衛ミサイル)より、イージス・アショア(地上配備型イージスシステム)の導入を決めたそうで、来年度予算案の概算要求に盛り込むことになったと報じられました。イージスアショアはイージス艦の設備を陸上に移転するもので、イージス艦やTHAAD よりも、運用、費用面でも安価で済むそうです。これにプラスして公共の核シェルターも完備して欲しいものです。この会話の中で、「日本は二回の核攻撃や大空襲を何度も受けて、免疫が出来ているから無頓着なのだろう」との茶化しが記憶に残ってしまいました。

|

« 8月18日は天台宗最澄の誕生日 | トップページ | みちびき4機体制で誤差6㎝以内 »

14、緊迫する国際情勢」カテゴリの記事

コメント

だいたい、学校教育の体育で柔道を必修にすることすら「軍事教練の再来」などと評される有様であり(しかも文科省もバカだから「銃剣道」なんて言葉を蒸し返したものだから尚更)、前にも書いたが、「左」の人は何故「戦場に行く」という発想しかないのか?否が応でも「戦場になる」という発想はないのか?それに柔道で受け身だけでもやっておけばバイクや自転車で走行中に転倒した際にも役に立つのであり、攻撃技も痴漢の撃退の際にも応用できるところで、そろそろ昨日・8/18から明日・8/20まで、御社に近い立川市羽衣町では恒例の「羽衣ねぶた祭り」が開かれており、
http://www.geocities.jp/hagoromonebuta55/
これは、前にも書いたが羽衣町に青森県出身者が多いことに由来すると言われており、道路を通行止めにして数々のねぶたが運行され、特に夜暗くなってから見る姿は幻想的であるので、是非とも言及頂きたいかと…。

投稿: | 2017年8月19日 (土) 14時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/71463884

この記事へのトラックバック一覧です: 口先だけ?「備えあれば患いなし」:

« 8月18日は天台宗最澄の誕生日 | トップページ | みちびき4機体制で誤差6㎝以内 »