« 惨敗は「全て自民がまいた種だ」 | トップページ | 百田尚樹氏のメディア批判! »

2017年7月 6日 (木)

美味いチーズやワインが安くなる

 郷里・富士宮市の朝霧高原は、富士山西麓の一大「酪農地帯」であ00257り、比較的早くからチーズやヨーグルトなどの乳製品に親しんだ記憶があります。
  先日、某デパート地下のチーズ売り場に向かいますと、フランス産チーズの試食コーナーで1cm角ほど頂いたのですが、実に濃厚でまろやかな風味が伝わってきました。値段を尋ねますと、一塊が千円以上の正札が付いていましたので、「これが半額なら手が出るのですが・・・・」と答えていました。
  最近、新聞やテレビから、日本と欧州連合の経済連携協定(EPA)交渉に絡んで、欧州産チーズやワインの関税の行方が注目されていました。このEPA交渉は、トランプ大統領の登場でTPPが暗礁に乗り上げたことから、20年越しの交渉が一気に加速したとのことで、ワインやチーズ、パスタ、豚肉などが相当安価で輸入される見通しのようです。
  これまで、チーズは朝霧高原産とばかり思っていたのですが、欧州産チーズもこれまでの半額近くになって、庶民でも手を出る価格に下がるのでしょうか。欧州の長い歴史と伝統で育まれてきたチーズなどの乳製品やワインには、一日の長がありそうですが、日本各地の酪農家も持ち前の高い技術と研究心で、欧州に負けない商品を店頭に並べて欲しいと期待しています。

|

« 惨敗は「全て自民がまいた種だ」 | トップページ | 百田尚樹氏のメディア批判! »

01、個人的に関心を持った話し」カテゴリの記事

コメント

昨今国立界隈では「いた小(こ)」の通称で親しまれていた老舗の名店「いたりあ小僧」さんが休店となり、巷では、雑誌の「休刊」と同じく事実上の閉店ではないかとの噂が広まっており、字義通り再開を期待したい一方で、富士見通りで閉店してしまった哲麺さんの跡地に新しい店が開業との情報も入って来ているが、ワインとチーズに関して日本が大消費国であることに疑いようはなく、ボジョレー・ヌーヴォーに至っては、「あんなのを有難がるのは日本人だけ」と欧米人から揶揄されている一方、チーズに関しては「ミモレット」という高級品種まで国立の紀ノ国屋スーパーで売られるなど出回っており、そのカラスミに似た風味は日本酒との相性も良いとされるものの、この場でも過去に書いた話だが、当時の小泉首相が、郵政解散を思い留まるよう説得に訪れた森元首相にこのミモレットをお見舞いしたところ、「干からびたチーズ」などと称されたされ、このような物事の価値のわからぬ人物がオリンピックの組織委員長などをしているから先の都議選で自民党が大敗するのではないかといったところで、そろそろその選挙期間前後の貴ブログを拝読すると、小池知事への罵詈雑言によるdisりと共に、自民党への過剰な擁護とも解されるような記述が散見され、加計問題や閣僚・議員の数々の失言、暴言どころか、ともすればあの就任当初の小池知事に事もあろうに都議会議長が写真撮影や握手を拒否するといった非礼な態度をとったことまで水に流して自民党を支持すべきと言わんばかりであったが、それは「1人区」での攻め方であり、我らが北多摩第2のような「2人区」ではむしろ都民ファーストも自民党も共に上がろうという戦略を取った方がかえって賢明である上に、御社のような「建設会社」があまりにも自民党を擁護すると、これはひょっとして自民党候補当選の暁には公共工事を回してもらえるなど「うまい汁」を吸えるからではないか?などと勘ぐられ、痛くもない腹を探られることになる恐れもあることにも言及頂きたいかと…。

投稿: | 2017年7月 6日 (木) 10時05分

大日建設(株)杉山
当社の政治的姿勢にまで言及・心配いただきありがとうございます。多少の言い訳をさせて頂きますと、このようなブログは、その時々の勢いで書き込むようなことがありまして、一つひとつを検証すれば整合性がとれないような記事もあるのかと思われます。ただ、当社は特定の政治団体を無条件で擁護する意思は毛頭なく、保守・革新政党の区別なく、間違いは間違いとして糾弾されても当然と思っております。
 また前提として言えることは、我が社は株式会社として、資本主義経済の中で仕事をしており、この考えを大切にしている政党を支持することは当然の成り行きです。昔から、「共産主義者には資本家が支配する世界は敵」、「資本主義者は、共産主義者は自らの財産を奪う敵」という考えがありますから、その政党の成り立ち・性格・体質・外交姿勢・支持団体などを知れば、結果的にどのような政党を支持するかは明白です。よって、今は一見して健全そうな保守政党であっても、崩壊に導くような「獅子身中の虫」として成長する人物や勢力の考えは批判されるべきです。
なお、自民党を擁護することで自民党候補当選の暁には公共工事を回してもらえるなど「うまい汁」を吸えるからではないか?痛くもない腹を探られることになる恐れもある?との質問ですが、我が社は公共工事の競争入札に参加したことも、参加する計画も一切無く、濡れ衣以外に何ものでもありません。また、匿名性の強いネット上では、いわれなき誹謗中傷のコメントも多くある中で、このブログは名前などを公表していますので、イタズラに品格や評判を落とす内容は慎むべきと思っております。

投稿: 大日建設(株)杉山 | 2017年7月 7日 (金) 08時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/71061782

この記事へのトラックバック一覧です: 美味いチーズやワインが安くなる:

« 惨敗は「全て自民がまいた種だ」 | トップページ | 百田尚樹氏のメディア批判! »