« 大祓と「茅の輪くぐり」の唱え詞 | トップページ | 将棋の藤井四段は30連勝ならず »

2017年7月 1日 (土)

明日(7/2)は都議選です。

 近年、選挙のたびに「〇○チルドレン」や「〇○ガールズ」などと揶揄される新人が大量当選する現象が201771image見られますが、こんなときは、アジテーション(大衆扇動)が巧みな一人の政治家がバックに控えています。明日7月2日は都議選ですが、今回の選挙では「都民ファースト」に加わった「小池チルドレン」などと揶揄される新人が大量当選する見込みです。
 デマゴーグ(大衆扇動者)による政治は「ポピュリズム政治」と言われ、大抵の場合、有権者が間違った意思決定で進められる政治状況になると批判されています。ポピュリズム政治の特徴は、まず「敵役」を作り、その敵役に対して戦いを挑む「正義の味方」を演じてみせるリーダーが誕生しています。小池都知事の敵役は、都知事選以来、舛添前知事、鳥越候補、自民都連、内田茂自民都連幹事長、歴代市場長や幹部、石原元都知事、森五輪会長などを敵役にて、マスコミの注目を集めて、且つ味方にしています。
 このマスコミは、常に政権与党のスキャンダルネタに飛びつき針小棒大に拡散中であり、森友、加計学園問題、豊田真由子衆院議員のバカーハゲー暴言、更に、稲田防衛相の自民都議候補への防衛省、自衛隊として投票依頼発言、とどめは自民都連会長の下村衆議院議員が、加計学園から裏テクで200万円の献金を受けたとの文春砲など次々と集中砲火を浴びています。このように、敵にとって不利な情報を次々と報道して、自分が応援する側の不利な情報は一切報道しないならば、相対的に敵の評判を下げることになることは明白です。
 自民の二階幹事長も、国分寺市での都議選の応援演説で、「落とすなら落としてみろ。マスコミが選挙を左右すると思ったら大間違いだ」と挑発的に批判したそうですが、やり場のない怒りをマスコミに向けてしまったのでしょう。明日は、自民に対する風向きは最悪の中で、どこまで持ち応えることが出来るのか注目されます。

|

« 大祓と「茅の輪くぐり」の唱え詞 | トップページ | 将棋の藤井四段は30連勝ならず »

11、東京都知事に注目」カテゴリの記事

コメント

明日は都議選投票日ということで、公選法にかからないように一般論的な話をしたいと思うが、選挙で一番困るのはやはり何と言っても「投票に行かないこと」であり、逆に投票率が低いと組織票に有利に働くため「寝ててほしい」などといった本音を漏らした政治家も過去にいたが、選挙に少しでも関心を持ってもらうにはやはり政策論争よりもむしろ「対立の構図」というものが一番わかりやすく、
http://blogos.com/article/231443/
そういった点で今回の選挙は普段選挙に関心の薄い若年層を揺り動かす上で役に立っているのではないかといったところで、そろそろ今日、明日と我らが国立では恒例の朝顔市が催されており、地元の農家が手塩にかけて育てた朝顔が販売され、浴衣姿で行くと割引もしてくれるそうだが、投票の折に是非とも足をお運び頂いた上で、藤井四段の対局中継に興じて頂ければといったことにも言及頂きたいかと…。

投稿: | 2017年7月 1日 (土) 23時46分

選挙は結果がすべてです。社長もこれからは「自民ファースト」ではなく「国立市民ファースト」でお願いします。

投稿: | 2017年7月 3日 (月) 01時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/71016837

この記事へのトラックバック一覧です: 明日(7/2)は都議選です。:

« 大祓と「茅の輪くぐり」の唱え詞 | トップページ | 将棋の藤井四段は30連勝ならず »