« 「スパイ防止法」が無い異常国家 | トップページ | 北朝鮮は簡単には米国に屈しない »

2017年6月23日 (金)

今の「皇室の危機」を救うのは誰

 皇居周辺に建立された銅像は、楠木正成像、和気清麻呂像、大村Image2益次郎像、品川弥次郎像、大山巌像、北川白宮能久像、尾崎行雄像、吉田茂像、やや離れて、有栖川宮熾仁親王像等がありますが、「皇居を守護する銅像」などと知られた人物ばかりです。
 しかし、本当に皇室の危機に立ち上った人物の銅像は二人だけで、南北朝時代に後醍醐天皇を助けた南朝の忠臣・楠木正成公の武者姿が皇居外苑前広場に、また、大手町の大手濠緑地(気象庁付近)には奈良時代末期から平安時代初期の貴族・和気清麻呂(わけのきよまろ)公の銅像があります。和気清麻呂は、中央政権の実権を握った道鏡が天皇の地位を狙ったときに、権力に媚びる事無く道鏡の野望を砕いて皇室を守り、平安京への遷都を進言して造営を図り、その後の皇室の安泰に貢献した人物として、その功績が讃えられています。
 そして今、歴史上最大の皇室の危機が叫ばれ、特に皇室減少による天皇家維持の懸念が指摘されています。その背景には皇室を軽視する風潮が戦後教育や政治によって強く醸成されたことにあると思います。その軽視の先駆けは、天皇を間接支配の道具に利用したGHQであり、それに従った政治家、更に皇室を罵詈雑言で誹謗中傷するマスコミ、反皇室/天皇制廃止を叫ぶ団体や評論家の主張、本来は皇統をお守りする役どころの宮内庁の劣化などが指摘されています。このような、重大な危機に敢然と立ちあがる救世主が、今こそ待たれるのですが、果して「皇室の危機」を救ったとして、楠木正成や和気清麻呂のように、皇居前に銅像にしたくなるような人物は出現するのでしょうか。 

|

« 「スパイ防止法」が無い異常国家 | トップページ | 北朝鮮は簡単には米国に屈しない »

01、個人的に関心を持った話し」カテゴリの記事

コメント

今秋、国立の古民家で十二単体験ができるようであり、
http://www.yomiuri.co.jp/local/tokyotama/news/20170622-OYTNT50113.html
また大学通りの緑地帯の所有者とされるプリンスホテルの由来は旧宮家の跡地にホテルを建てたことと言われているが、そもそも旧宮家の皇籍離脱はGHQが決して同じ連合国であるソ連の意を受けて皇室憎しで行なったわけではなく、戦後の財政難で皇室予算を維持できなくなったため戦後復興の負担を少しでも軽減すべく止むを得ず行われたものであり、経済大国となった今やその理由はなくなり、かつ江戸時代以前も一度臣籍に下った皇族の皇籍復帰も普通に行われていたのだから、旧宮家の皇族復帰に何を阻む理由があろうかと思われるところで、そろそろ今日・6/23に都議選も告示され、先だって行われた我らが北多摩第二選挙区の公開討論会の動画も公開されると思われるが、
http://e-mirasen.jp/councilor/20170702toukyoutogikaigiinsenkyo-kitatamadainisenkyoku/
特に新人の都民ファーストは選挙プランナーの戦略で「選挙カー」をガンガン回してくるものと思われ、
http://otokitashun.com/blog/daily/14096/
細い住宅街路にまで入ってくるかどうかはわからぬものの、御社のある弁天通りや北大通りなどは国立・国分寺両市にまたがっていることもあり頻繁に行き交うことが予想され、子どもの安眠を妨害されたくなかったら速やかに川崎重工業に電話し、対戦車ミサイル「01式軽対戦車誘導弾」を取り寄せるのがよろしいかと思われることにも言及頂きたいかと…。

投稿: | 2017年6月23日 (金) 11時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/70941463

この記事へのトラックバック一覧です: 今の「皇室の危機」を救うのは誰:

« 「スパイ防止法」が無い異常国家 | トップページ | 北朝鮮は簡単には米国に屈しない »