« 築地残すなら五輪道路どうなる? | トップページ | 都議選・北多摩Ⅱ区の候補者たち »

2017年6月13日 (火)

公営住宅と築地のアスベストの違い?

 小池都知事は築地の土壌汚染を指摘され、「コンクリートなどで覆Imageわれ、法令上問題なく健康に影響を与えることはない」と見事なダブルスタンダードの返答をしていました。
 今回は、全国の公営住宅でアスベスト使用と居住者らが吸い込んだ可能性が報じられています。それでは、豊洲移転反対派の人達やマスコミは、築地の剥き出しのアスベストには、どんな見解を持っているのでしょうか。
 さて、発がん性のあるアスベストを使った公営住宅が、全国で2万2千戸に上り、専門家はアスベストを吸い込んだ可能性のある人は23万人余りに上ると昼のNHKで報じていますが、それを指摘するなら、築地市場のアスベストの危険性はどうなのでしょうか。築地市場のアスベストは、現在はどう処置したのか知りませんが、今年3月には、建物にたくさん使われ、剥き出しだった報じられていました。築地市場の建物のうち、発がん性物質のアスベスト(石綿)が使われている部分の延べ床面積が約4万7000平方メートルに上るそうで、都は除去を進めてきたが、都有施設の総面積の約16%で取り除けていないとあります。今も、働く業者はもちろん、都民・国民は、アスベストが付着した可能性がある食品を食べているのでしょうか。アスベストは目にも見えず、空中を浮遊し人体に入り込み、絶対に自然消滅はしないそうですから、付近の居住者や通行人の健康被害も心配なことです。今後も、不毛な豊洲移転の反対運動を続けるなら、築地で長年放置されたアスベストにも触れるべきです。
築地、石綿4.7万平方メートル残存 地震で飛散の恐れ :日本経済新聞
築地市場のアスベストの危険性
アスベストを大量に吸った場合、人体に悪影響があることがわかってます。石綿肺や肺がんの他、悪性中皮腫などの原因になるとされています。繊維が粉じんとなり細かく散り散りになったアスベストは目にも見えず、空中を浮遊し続け、人体に入り込み、絶対自然消滅しません pic.twitter.com/hcZ4eaTe6e

|

« 築地残すなら五輪道路どうなる? | トップページ | 都議選・北多摩Ⅱ区の候補者たち »

11、東京都知事に注目」カテゴリの記事

コメント

小池都知事の豊洲移転の決断の遅れは確かに批判されるべきであるが、おかげでその間、都庁職員のガバナンスの欠如や、この築地の不衛生さが世間によく広まるところとなり、結果として早期に移転を求める世論が醸成されたのも事実であり、その点は評価されてもいいと思われるが、問題はその築地の活用方であり、やれテーマパークを作るだの、借地とするなど報じられているものの、かつてあった噂が、何でも読売グループに売却してジャイアンツ球場を築地に移転するというもので、仮にこれが本当だとしたら宿敵朝日新聞社の目と鼻の先に読売がやってくることになり、球団名も「築地ジャイアンツ」になるのか?といったところで、そろそろ公営住宅のアスベストといえばむしろ懸念されるのが国立市内の南武線沿いや北に多々ある団地であり、一応URは対策を行なっているとは言うものの、そもそもアスベスト云々以前に建物も老朽化、住民も高齢化、さらに空室化してきており、いっそ建て替えるぐらいなら現住民と交渉した上で全て取り壊し、跡地を売却して武蔵小杉のような「タワマン銀座」にすれば、南武線の駅からも近く資産価値を維持できる上に(やはりマンションは駅近でないと売却時に不利)、住民が増えれば谷保駅にも快速が停車するようになり、高所得者層が住めば保守政権を志向するようになり市政も安定し、さらに子どもが通学する学校の学力も上がると、小手先の街活性化よりもよっぽどメリットがあるので、航空法が許しさえすれば、武蔵小杉や湾岸よりもよっぽど地盤も安定している国立で実現すべきものであることにも言及頂きたいかと…。

投稿: | 2017年6月13日 (火) 18時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/70848779

この記事へのトラックバック一覧です: 公営住宅と築地のアスベストの違い?:

« 築地残すなら五輪道路どうなる? | トップページ | 都議選・北多摩Ⅱ区の候補者たち »