« 「グローバル化」の落とし穴 | トップページ | 受動喫煙による死者が年1万5千人 »

2017年6月 7日 (水)

大坂正明容疑者の現在の風貌

 先日、 広島市安佐南区東原の潜伏先マンション で、中核派・大坂正明Kamiyama_1110image2疑者(S24.9.29生)らしき人物が、公務執行妨害容疑により大阪府警に逮捕されていましたが、親族らから採取したDNA鑑定などから、指名手配中の帯広出身の大坂正明(当時は千葉工業大)と特定され、6月7日、殺人容疑などで警視庁に逮捕され、正午過ぎに大阪府警大淀署を出発し、東京・警視庁へ移送されたと報じられました。
 このテロ事件は、渋谷暴動と呼ばれ、1971年11月14日、沖縄返還協定の批准阻止を訴え過激派ら約5千人が渋谷駅周辺で起こした暴動事件で、中核派・数百人は機動隊に火炎瓶を投げたり、鉄パイプで殴りかかり、神山派出所や駐車車両を炎上させたりして、中村巡査(殉職後・警部補に特進)には、中核派7~8名が襲い掛かって鉄パイプで滅多打ちにされ倒れたところに、、更に出動衣の胸元を開きガソリンを肩口から身体に浴びせ、火ダルマにして死亡させたそうです。殉職現場は、NHK近くの渋谷区神山町11-10先で、若者が行き交う人気の街ですが、外国のテロと何ら遜色ない地獄絵図が広がっていたのです。
 大坂正明容疑者は、半世紀近い逃亡生活で風貌などは大きく変化しているようですが、中核派の仲間から逃亡の援助を受けていたとされ、それほどヤツレていなく小ざっぱりした印象です。逮捕後は完全黙秘を貫いているそうですが、今後の裁判闘争の準備をしているのでしょうか。渋谷区神山町11-10の殉職の現場には、中村警部補の小さな慰霊碑がありますが、いずれ現場検証で立ち会う機会に、人間の心があるなら手を合わせて欲しいものです。

Kamiyama_11_10Oosaka_masaaki_image822
Oosaka_masaaki_2

Oosaka_masaaki_image8
Oosaka_masaaki_image5
Oosaka_masaaki_image7_1
Oosaka_masaaki_image7_2

|

« 「グローバル化」の落とし穴 | トップページ | 受動喫煙による死者が年1万5千人 »

05、気になった事件や事故など」カテゴリの記事

コメント

長期潜伏容疑者の逮捕劇といえば、何年か前にNHKが『未解決事件』という特集番組で「オウム真理教」を採り上げたところ、その後立て続けにオウム手配容疑者が逮捕されたといったことがまだ記憶に新しく、この容疑者の逮捕もさることながら、よど号ハイジャック容疑者などは国外逃亡のために時効が停止しており、一日も早い解決が望まれるが、こと中核派ということで言えば、国会議員の中にも関係が取り沙汰されている人がいる模様であるところで、
http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51864901.html
そろそろその国会といえば、去年はパナマ文書かと思えば今年は「加計文書」なるもので揉めているそうだが、同じく揉めているものに「受動喫煙防止法案」(受動喫煙の防止対策強化を盛り込んだ健康増進法改正案)があり、
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170607-00000094-san-pol
塩崎厚労相が反対しているということは自民党内でもこの案件に対しては一枚岩ではないことが露呈されてしまっており、これでは都議選をどう戦うのか?特に北多摩第2選挙区で立候補予定の都民ファーストの会・岡本光樹候補などはそこを突いてくると思われ、果たして自民党側はどう応戦するのか?取りあえず受動喫煙対策もさることながら、ここ最近、富士見通りの哲麺さん、谷保の谷保うどんさんと、国立の名店が次々と姿を消しているので何とかしてほしいことにも言及頂きたいかと…。

投稿: | 2017年6月 7日 (水) 21時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/70792495

この記事へのトラックバック一覧です: 大坂正明容疑者の現在の風貌:

« 「グローバル化」の落とし穴 | トップページ | 受動喫煙による死者が年1万5千人 »