« 「テロ等準備罪」ナゼ必要か | トップページ | 子どもは大人社会を映す鏡 »

2017年5月28日 (日)

森友や加計は蟻の一穴になるか

 「王道政治」とは、仁と徳によって民を治めることであり、一方、「覇道政治」と00203200_は、武力や権謀を持って治めることで、覇者は私的な野望の具現者とも言われています。
 江戸幕府御三家筆頭・水戸家の水戸光圀公が編纂を命じた『大日本史』によって、武士による覇道政治は、いずれ別の覇者に奪われるという事実を発見しますが、幕末には尊王攘夷の思想を生み出し、多くの幕末志士に影響を与えたとされます。つまり、武士による「覇道=戦いで勝ち取った権力=武家政権」であり、力で奪取したものは力で再び奪い取られる。一方、天皇による「王道=君主による人徳に基づく政治=天皇」であり、天皇のカリスマと徳性によって途絶えることなく続くと分析したとされ、結果的にその通りになったと思われています。
 今、日本の政治も自民党一強による安倍晋三首相の長期政権によって、一見、王道政治を歩んでいると見られていますが、実際は奪いとった政権であり、いずれ奪還される運命にあります。その奪還方法Imageは、手段を選ばず崩壊させることにあり、「千丈の堤も蟻の一穴から」とされ、どんなに堅固に作った堤防も、蟻が開けた小さな穴が原因で崩れることもあります。
 最近、野党やマスコミは森友学園や加計学園問題、閣僚の失言などから、この「蟻の一穴」を開けようと必死です。勿論、単なる「言いがかり、因縁を付けている」と見ていますが、こんな人達の心理状態は、「ストレスの固まりで、辛い精神状態にあり、地獄のような心で、幸せそうな人や組織を見ると、引きずり落としたくなる」のでしょう。日本だけでなく、多く政治家は、政権を奪うために権謀術数を駆使して政局を作るためには、揚げ足とり、作り話、「嘘八百」を並べるなど、どんな汚い手段も選ばないのが、多くの政治家やマスコミなのでしょう。

|

« 「テロ等準備罪」ナゼ必要か | トップページ | 子どもは大人社会を映す鏡 »

01、個人的に関心を持った話し」カテゴリの記事

コメント

「自民党一強による安倍晋三首相の長期政権」が続いている理由は他でもなく「他に選択肢がないから」であり、他に選択肢があれば漢字の誤読からバー通いまで蟻の一穴になり得たが、今や他の選択肢となるべき野党側が二重国籍疑惑を抱え、それでなくとも都議選を前に離党者が続出しているような有様であり、そもそも過去の政権担当時に東日本大震災で政権運営能力の無さを露呈したことを有権者は歴史的教訓として知っており、したがって堤が崩れても野党側に洪水を収拾できる能力がないことを与党側も有権者も知っているからこそ、野党側がいくら蟻の一穴として必死に焚き付けても一向に世論が盛り上がらないところで、そろそろむしろこうした時にこそ与党側で腰を据えて取り組むべきことは「後継者の育成」であり、特に自民党が長期に政権を担当したければ必須の課題であるが、長期戦略の元に若手議員にどんどん要職を任せて経験を積ませ、将来の総裁(=総理)候補を要請することが肝要であることにも言及頂きたいかと…。

投稿: | 2017年5月28日 (日) 15時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/70693324

この記事へのトラックバック一覧です: 森友や加計は蟻の一穴になるか:

« 「テロ等準備罪」ナゼ必要か | トップページ | 子どもは大人社会を映す鏡 »