« 「桜田門外の変」は牛肉の恨み? | トップページ | テレビは矛盾を堂々と報道する »

2017年5月26日 (金)

日本はテロリスト輸出国だった

 「テロ等準備罪」に反対の立場から、「日本ではテロの発生は00000ea殆ど心配ない」などと語る人がいましたが、日本はテロの輸出国と世界中から批判されたことを忘れています。
 昭和47年5月30日、日本赤軍メンバーによるテルアビブ空港乱射事件は無差別テロの先駆けと言われています。この乱射事件の日本人犯人は、最初から死を覚悟しており、この手法はイスラム過激派が、「死ぬと天国に行ける」と信じられるジハード(聖戦)を正当化した自爆テロ誕生のキッカケになったそうです。
 昭和45(1970)年3月31日 日本航空便よど号ハイジャック事件
 昭和47(1972)年5月30日 テルアビブ空港乱射事件   
 昭和48(1973)年7月20日 日航ジャンボ機乗っ取り事件(ドバイ事件)
 昭和49(1974)年1月31日 シンガポール製油所襲撃事件(シンガポール事件)
 昭和49(1974)年9月13日 フランス大使館占拠事件(ハーグ事件)
 昭和50(1975)年8月 4日 スウェーデン大使館占拠事件(クアラルンプール事件)
 昭和52(1977)年9月28日 ダッカ日航機乗っ取り事件(ダッカ事件)
など数々の日本赤軍によるテロは、日本共産革命を世界同時共産革命の一環と位置付け、パレスチナ解放人民戦線(PFLP)と合流して、全世界を震撼させた無差別テロを最初に惹起して、世界中のテロリストから模範と讃えられる極左組織です。000s02_0503
 このような一般市民を無差別に襲撃するテロの先駆け国だけに、「テロ等準備罪」に反対する国民が多いのも頷ける話です。そして、民進党の辻元清美議員の内縁の夫は元日本赤軍・北川明氏であることや、社民党の福島瑞穂の夫・海渡雄一氏は中核派の元幹部であり、どのような立場で活動しているかは火を見るよりも明らかです。つまり、日本でも「イスラム国」と合流したテロリストの誕生の土壌は十分にあると見るのが自然です。
共謀罪ではテロは防げない! - 小林よしのりオフィシャルwebサイト
重大事件等を展開した日本赤軍その他の国際テロリスト(警察庁)

|

« 「桜田門外の変」は牛肉の恨み? | トップページ | テレビは矛盾を堂々と報道する »

05、気になった事件や事故など」カテゴリの記事

コメント

現時点(12:30)で記事には出ていないが「よど号ハイジャック事件」なども死傷者が出なかったとは言え立派なテロ事件であり、1日も早い関連法案の成立が望まれる一方で、むしろ御社に直接関係するのは民法改正の方と思われ、敷金返還ルールの明記化、店子の故意過失による傷がない限り敷金原則返還などが影響するのではないかと思われるところで、そろそろこのテロ対策関連法案の審議を妨害しているのは他でもなく森友・加計学園問題であるが、その度に出てきて、もはや今年の流行語大賞になるのではと思われる言葉に「忖度(そんたく)」があり、ついには「そんたくん」なるゆるキャラ(?)まで登場するような有様であり、本来この言葉は臣下が天皇の御意を推し量るという意味であり(天皇がそれを追認して統治することが「しらす」)、
http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51993651.html
それがいつしか、社畜サラリーマンが上司や会社の意向を推測してサービス残業やら接待ゴルフやらに動員されるといった意味合いでも使われるようにもなり、「空気」が支配する日本ならではのものであり、その辺りは池田信夫著『「空気」の構造』
http://www.hakusuisha.co.jp/book/b205996.html
に詳しいことにも言及頂きたいかと…。

投稿: | 2017年5月26日 (金) 13時00分

大日建設(株)杉山
 昭和45(1970)年3月31日 日本航空便よど号ハイジャック事件を追加致します。
 死傷者がいなかったので抜かしていました。

投稿: 大日建設(株)杉山 | 2017年5月26日 (金) 19時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/70674915

この記事へのトラックバック一覧です: 日本はテロリスト輸出国だった:

« 「桜田門外の変」は牛肉の恨み? | トップページ | テレビは矛盾を堂々と報道する »