« 戦略のミスは戦術では挽回できない | トップページ | 良書「日本とアジアの大東亜戦争」 »

2017年5月12日 (金)

小池知事は「アコギなまねをする」

 「阿漕なまねをする」とは、大多数の人が「やってはいけない」と思っていることを平気ですることとされ、禁漁地だった三重の阿漕ヶ浦で、2017512image「阿漕の平次」と呼ばれる漁師が何度も密漁をして捕らえられたという伝説から「しつこく、ずうずうしいこと。義理人情に欠けあくどいこと」を言います。
 小池都知事は、東京五輪と豊洲移転の二つのお手玉を手にして、都民や関係者を弄んでいるのでしょうか。11日は小池知事は安倍総理と会談し約500億円の都外施設の整備費用を都が負担する方針を示したそうですが、「決断が遅すぎる。都民ファーストを掲げるからには当然」と見られています。一方の豊洲移転にしても、早かれ遅かれ移転せざるを得ない現状なのに、じらし作戦で都民や関係者を弄んでいるように見えます。00_otedama_obaasan
 築地の魚河岸「鈴与」の三代目・生田与克氏らは、「昨年11月の豊洲移転延期以降、1日約500万円の維持管理費が生じている」として、小池知事らに計3億6000万円の返還を求める住民監査請求書を都に提出しています。
 また、「東京都水産物卸売業者協会」の伊藤裕康会長は「どう考えても、豊洲市場に移転する選択肢しかない」と語っています。更に、森喜朗元総理も「築地が当分移転しないことで、環状二号線の建設が頓挫し市場跡地を駐車場にする案も霧消しました。小池さんの一連の見直しは、都民受けを狙った選挙公約のつじつま合わせ、オリンピックを道具に使ったパフォーマンス、と見られても仕方ありません」と述べています。小池知事は阿漕なまねをしているとしか見えませんが、これは性格ですか、戦略ですか。Image2 
豊洲問題を斬る!山本一郎と激論!第一話 /6分22秒
  https://youtu.be/cGQdJuyuMdI

|

« 戦略のミスは戦術では挽回できない | トップページ | 良書「日本とアジアの大東亜戦争」 »

11、東京都知事に注目」カテゴリの記事

コメント

本来こういう時に知事の姿勢を正すべき都議会が目前の選挙で腰が引けてしまっている状態であり、特に公明党から見捨てられて劣勢が予想される自民都連などは完全にレームダック化しており(そもそも豊洲問題にしたって元々は自民都連自らが蒔いた種なのだから知事を批判する筋合いはないはずだが)、民進党は離反者が相継ぎ、唯一抵抗を見せている共産党などは「汚染土壌に市場はダメ」などといったポスターを国立市内にもベタベタ貼っているが、築地の土壌だって汚染されていることがわかっており、
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20170511-00000071-jnn-soci
この辺りをどう説明するのか?また同じく豊洲への移転に反対する生活者ネットが豊洲移転を決定するかもしれない都民ファーストと組むのは矛盾しているのではないか?いずれにせよ選挙が終わってみないとわからず、小池知事も恐らく選挙で「抵抗勢力」を一掃した後で一気に決断するシナリオではないかと思われるところで、そろそろ明後日・5/14の日曜日は母の日であるが、今年は大学通りを歩行者天国にしてのスポーツイベント「LINKくにたち」が予定され、同日はまたお隣り日野市でも「ひの新選組まつり」ということで日野駅周辺の甲州街道が車両通行止めになるため、いずれもこの方面に車で行かれる際にはご注意頂きたいことにも言及頂きたいかと…。

投稿: | 2017年5月12日 (金) 12時48分

大日建設(株)杉山
 築地市場の土壌調査で、地表近くのガス成分の簡易な分析で有害物質のベンゼンが検出されたと報じられました。これまで、豊洲より築地が安全だとデッチ上げた、マスコミや共産党など野党は糾弾されること必至です。
 これまで、都民は築地の土壌汚染に影響された食品を前々から食べていたことになり、「築地ブランド」などお笑いです。それに、これまでの 「豊洲が極めて危険だという報道は何だったのか?」、兎に角、小池さん、都民の血税をドブに捨てるような政策は終わりにして欲しいものです。
■築地市場の土壌調査でベンゼン検出 https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20170511-00000071-jnn-soci
東京都が築地市場で行っている土壌調査で採取したガスから有害物質のベンゼンが検出されたことがわかりました。東京都は先月から築地市場の111地点で土壌ガスを採取し、汚染調査を行っていますが、水産卸売場の建物近くの1か所で採取したガスから0.16volppmのベンゼンが検出されたということです。この数値は定量下限値という値を超えているため、都の環境確保条例により最大10メートルの深さまで土壌を調べるボーリング調査を行う必要があるということです。都は、「なるべく速やかに実施したい」とした上で、「ガスは自然に地上に出るものではない上、アスファルトに覆われ、安全性に問題はない」としています。築地市場の土壌をめぐっては、2013年に行われた調査で市場の一部から環境基準の2.4倍のヒ素などが検出されたことがわかっていて、調査の結果は小池都知事の市場移転の判断にも影響を与えることになりそうです。(11日21:17).

投稿: 大日建設(株)杉山 | 2017年5月12日 (金) 15時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/70538516

この記事へのトラックバック一覧です: 小池知事は「アコギなまねをする」:

« 戦略のミスは戦術では挽回できない | トップページ | 良書「日本とアジアの大東亜戦争」 »