« 運動会の紅白色分けと源平合戦 | トップページ | 「テロ等準備罪」ナゼ必要か »

2017年5月24日 (水)

このような殺人テロ集団が対象だ

 この事件は被害者や容疑者とも同級であり、昨日のことのように記2017524image3憶しています。
 また、このようなテロ事件からテロ等準備罪に、暴力革命を堅持し破防法の監視団体・日本共産党を頭に、赤い影響を強く受けた左巻き野党やマスコミがなぜ懸命に反対するのか理由が分かります。
 さて先日、昭和46年11月14日の渋谷暴動で、新潟県警から都内に応援派遣されていた中村恒雄巡査(殉職後・警部補に特進)の殺害容疑で指名手配中の中核派・大坂正明容疑者(S24.9.29生)らしき人物が、広島市安佐南区東原の潜伏先マンションで公務執行妨害容疑により大阪府警に逮捕されたと報じられました。大坂容疑者には逮捕歴がない為、親族から採取したDNA鑑定などで確認を進めているそうです。
 一方、殺害された中村警部補は、新潟県佐渡郡相川町(現佐渡市)出身で、相川高校を卒業後69年に採用、70年3月新潟中央署配属と共に関東管区機動隊員として、殉職するまで成田警備等に3~4回出動。殉職の現場は渋谷区神山町11-10先で、中村警部補の小さな慰霊碑があります。目標はNHKセンター下交差点と観世能楽堂のほぼ中間で、ローソン向かい精米店脇Shibuya_image2です。渋谷暴動とは、1971年11月14日、沖縄返還協定の批准阻止を訴え過激派ら約5千人が渋谷駅周辺で起こした暴動事件で、中核派・数百人は機動隊に火炎瓶を投げたり、鉄パイプで殴りかかり、神山派出所や車を炎上させ、中村巡査は鉄パイプで滅多打ちにされ倒れたところに、、更に出動衣を開きガソリンを肩口から身体一杯浴びせて火ダルマにされて死亡。今は若者が行き交う人気の街ですが、外国のテロと何ら遜色ない地獄絵図が広がっていたのです。
 21歳の若さで殉職された中村警部補には、改めてご冥福をお祈り致します。なお、佐渡の中村家が仏教徒なら、「四十七回忌」の法要は、命日から満46年目、つまり今年の11月のはずです。
広島市安佐南区東原の潜伏先マンションImage1_2
■中村警部補の最期の様子
Image5

■東京都渋谷区神山町11-10付近
Image3Shibuyakukamiyama1110Image2


共謀罪云々の時期に中核派の大坂正明と見られる男の逮捕。
これは反日左翼に対する、天の怒りか地の声か、警察の執念か…………
何にせよ、反日国賊集団の悪事千里に暴くべし! pic.twitter.com/6dp0x4kUG0

00004551

|

« 運動会の紅白色分けと源平合戦 | トップページ | 「テロ等準備罪」ナゼ必要か »

05、気になった事件や事故など」カテゴリの記事

コメント

折しもイギリスのコンサート会場で爆発テロがあったばかりであり、あのようなテロが日本で絶対に起きないという確証はなく、国民の生命、財産を守るという国家としての当然の責務を果たす上でも当該法整備は必要不可欠であり、共産党がそれに頑なに反対するというのは自らにその法に抵触するやましい事情があるからであり、そうでなければ堂々と賛成すべきであり、反対するということは共産党は国民の生命、財産など蔑ろにしても良いと受け取らざるを得ないところで、そろそろ杉山社長はゴルフを嗜まれるかは存じませぬが、そのゴルフ業界が今やプレー人口が激減し危機的状況にあるとのことで、
http://toyokeizai.net/articles/-/171547
オリンピック種目にもなっているのにこのままでは消滅の危機と危惧されているが、しかしその五輪会場となる「カンツリー」クラブが女性正会員を認めないなど国民の反感を買っており、それでなくてもゴルフといえば「接待」がつきものであり、出世や受注のために白球ならぬ薄給サラリーマンが高価な「具足」一式を揃え、休日を犠牲にして上司や取引先にひたすら「忖度」しながら「仕方なく」やるスポーツという印象が強く、そのような状況を一向に改善しようとしない「上から目線」業界の「自業自得」であることにも言及頂きたいかと…。

投稿: | 2017年5月24日 (水) 18時25分

大日建設(株)杉山
 イスラム国の主張の一つが、欧米が決めた植民地支配の国境線の否定があるとされます。第一次世界大戦当時の中東地域の領土分割を巡る「三枚舌外交」への反撃とみれば理解しやすいと思っています。また、有色人種を長年イジメ、奪い獲った証拠はイギリスが世界に誇る大泥棒博物館と言われる「大英博物館」にあるとされます。
また、ゴルフに限らず、「趣味など価値観の多様化」から、様々な分野に取り組む人が多くなっています。1903(明治36)年5月24日、「神戸ゴルフ倶楽部」の開場式が催されたそうですが、一世を風靡したゴルフやボーリングなどのスポーツに限らず、流行りすたりは世の習いとされ、今、栄華を誇る会社や組織、国家も同様に、いずれは衰退はやむ得ないことと思います。ただ、流行り廃りの先読みは難しいことですが、欧州諸国の益々の衰退は今後も続くはずです。

投稿: 大日建設(株)杉山 | 2017年5月24日 (水) 21時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/70654704

この記事へのトラックバック一覧です: このような殺人テロ集団が対象だ:

« 運動会の紅白色分けと源平合戦 | トップページ | 「テロ等準備罪」ナゼ必要か »