« 2017年4月 | トップページ

2017年5月

2017年5月28日 (日)

森友や加計は蟻の一穴になるか

 「王道政治」とは、仁と徳によって民を治めることであり、一方、「覇道政治」と00203200_は、武力や権謀を持って治めることで、覇者は私的な野望の具現者とも言われています。
 江戸幕府御三家筆頭・水戸家の水戸光圀公が編纂を命じた『大日本史』によって、武士による覇道政治は、いずれ別の覇者に奪われるという事実を発見しますが、幕末には尊王攘夷の思想を生み出し、多くの幕末志士に影響を与えたとされます。つまり、武士による「覇道=戦いで勝ち取った権力=武家政権」であり、力で奪取したものは力で再び奪い取られる。一方、天皇による「王道=君主による人徳に基づく政治=天皇」であり、天皇のカリスマと徳性によって途絶えることなく続くと分析したとされ、結果的にその通りになったと思われています。
 今、日本の政治も自民党一強による安倍晋三首相の長期政権によって、一見、王道政治を歩んでいると見られていますが、実際は奪いとった政権であり、いずれ奪還される運命にあります。その奪還方法Imageは、手段を選ばず崩壊させることにあり、「千丈の堤も蟻の一穴から」とされ、どんなに堅固に作った堤防も、蟻が開けた小さな穴が原因で崩れることもあります。
 最近、野党やマスコミは森友学園や加計学園問題、閣僚の失言などから、この「蟻の一穴」を開けようと必死です。勿論、単なる「言いがかり、因縁を付けている」と見ていますが、こんな人達の心理状態は、「ストレスの固まりで、辛い精神状態にあり、地獄のような心で、幸せそうな人や組織を見ると、引きずり落としたくなる」のでしょう。日本だけでなく、多く政治家は、政権を奪うために権謀術数を駆使して政局を作るためには、揚げ足とり、作り話、「嘘八百」を並べるなど、どんな汚い手段も選ばないのが、多くの政治家やマスコミなのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月27日 (土)

テレビは矛盾を堂々と報道する

 新聞・テレビはテロ準備罪(共謀罪)と、外国で多発するテロ2017527image1や中核派の中村恒雄警部補殺しを並べたり、悪質性など比較報道しないのは、共謀罪に反対する日頃の主張と矛盾するからですか・・・・それとも外国人の共謀だけが悪いのですか。
 テロ事件は政治的目的を達成するために、暗殺・爆破・ハイジャックなど手段を選ばず実行していますが、大津事件や浅沼委員長暗殺事件などの一部右翼テロを除き、組織的背景が強いものです。今国会で成立を目指すテロ準備罪(共謀罪)の対象は、テロ組織や暴力団などの犯罪組織の撲滅であり、国民がより安心して生活できる社会づくりのための法律で、反対する方が不自然です。マスコミも、外国の組織的且つ計画性の強いテロには、一応は共謀性を強く批判しつつ報道するのですが、日本のテロ準備罪(共謀罪)となると、途端に批判的になり、恰も共謀罪は悪法かのような印象を与えています。兎に角、この法律は安全・安心した社会を作ることが目的で、これに反対する人達は余程へそ曲がりなのか、捜査機関にフリーハンドを与える危険性があるとか、「話し合うだけで罪になる・・・」などと必死で反対しています。
 このような皆さんは、日ごろからテロの相談をしているのでしょうか。
 それなら理解出来ますが、怖い話です。00miyamoto
 日本共産党によるテロ事件の一部を掲載します。
1933年(昭和8年)12月23~24日、宮本顕治が渋谷区幡ケ谷本町のアジトで、荒縄、針金、硫酸、包丁、斧、炭火などで査問と称するリンチで小畑達夫を殺害
1949年(昭和24年)7月15日、車庫から無人電車を動かし、三鷹駅前の交番と民家に突入させて6名の死者を出した三鷹事件
1949年(昭和24年)8月17日、青森発上野行きの旅客列車を東北本線、福島県金谷川駅と松川駅間で脱線転覆させ、3名の死者を出した松川事件
1951年(昭和26年)12月、練馬署旭町駐在所の印藤勝郎巡査(32歳)を殺害
1952年(昭和27年)1月、札幌署警備課長の白鳥一雄警部(36歳)を拳銃で殺害
1952年(昭和27)年2月3日、長野県南佐久郡田口村で、無灯火自転車に乗った日共の一団が5人の警察官に暴行を加えピストルを強奪
1952年(昭和27)年5月1日、皇居前広場に突入し8名が死亡した血のメーデー事件  
 このような昭和20年代に行った武装闘争を、0000s02_0104「誤りのうちもっとも大きなものは極左冒険主義」(革命情勢がないのに武装蜂起した)などと自己批判し、1955年の日本共産党第6回全国協議会で暴力革命は否定するも、革命が「平和的となるか非平和的となるかは結局敵の出方による」とする、「敵の出方論」による暴力革命の方針は棄てていません。
 これでは反対するのは当然で、赤い影響を受けたマスコミの反対も然りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月26日 (金)

日本はテロリスト輸出国だった

 「テロ等準備罪」に反対の立場から、「日本ではテロの発生は00000ea殆ど心配ない」などと語る人がいましたが、日本はテロの輸出国と世界中から批判されたことを忘れています。
 昭和47年5月30日、日本赤軍メンバーによるテルアビブ空港乱射事件は無差別テロの先駆けと言われています。この乱射事件の日本人犯人は、最初から死を覚悟しており、この手法はイスラム過激派が、「死ぬと天国に行ける」と信じられるジハード(聖戦)を正当化した自爆テロ誕生のキッカケになったそうです。
 昭和45(1970)年3月31日 日本航空便よど号ハイジャック事件
 昭和47(1972)年5月30日 テルアビブ空港乱射事件   
 昭和48(1973)年7月20日 日航ジャンボ機乗っ取り事件(ドバイ事件)
 昭和49(1974)年1月31日 シンガポール製油所襲撃事件(シンガポール事件)
 昭和49(1974)年9月13日 フランス大使館占拠事件(ハーグ事件)
 昭和50(1975)年8月 4日 スウェーデン大使館占拠事件(クアラルンプール事件)
 昭和52(1977)年9月28日 ダッカ日航機乗っ取り事件(ダッカ事件)
など数々の日本赤軍によるテロは、日本共産革命を世界同時共産革命の一環と位置付け、パレスチナ解放人民戦線(PFLP)と合流して、全世界を震撼させた無差別テロを最初に惹起して、世界中のテロリストから模範と讃えられる極左組織です。000s02_0503
 このような一般市民を無差別に襲撃するテロの先駆け国だけに、「テロ等準備罪」に反対する国民が多いのも頷ける話です。そして、民進党の辻元清美議員の内縁の夫は元日本赤軍・北川明氏であることや、社民党の福島瑞穂の夫・海渡雄一氏は中核派の元幹部であり、どのような立場で活動しているかは火を見るよりも明らかです。つまり、日本でも「イスラム国」と合流したテロリストの誕生の土壌は十分にあると見るのが自然です。
共謀罪ではテロは防げない! - 小林よしのりオフィシャルwebサイト
重大事件等を展開した日本赤軍その他の国際テロリスト(警察庁)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月25日 (木)

「桜田門外の変」は牛肉の恨み?

 1974年の「三菱重工ビル爆破事件」など、一連の「連続企業爆000070a破事件」の大道寺将司死刑囚(68)が5月24日、東京拘置所で病死したと報じられました。この事件は、
 「日本赤軍事件」1970~1980年代に世界各地で起こしたテロ事件、「地下鉄サリン事件」1995年(平成7年)3月20日オウム真理教による事件と並べて、近年の「三大テロ事件」の一つと思われます。また、日本の歴史上の「重大テロ事件」としては、「本能寺の変」、「赤穂浪士討ち入り」、「桜田門外ノ変」、「二・二六事件」などが上げられ、
 「本能寺の変」は、天正10年6月2日(1582年6月21日)
 「赤穂浪士討ち入り」は、元禄15年12月14日 (旧暦)(1703年1月30日)、
 「桜田門外ノ変」は、安政7年3月3日(1860年3月24日)、
 「二・二六事件」は 昭和11年(1936)年2月26日発生は、動機が積年の遺恨を晴らすことや、本能寺以外は、雪が舞う寒い日だったことなどから、芝居や映画でも美しく演出されることが多いようです。
  ところで、「桜田門外の変は牛肉の恨みから」という新説があります。
 それは、江戸時代は肉食が禁じられていましたが、例外的に、彦Yosida_545437根藩では牛肉の味噌漬けを生産し、将軍家に献上してきました。そして、時々、老中や諸大名にも贈呈していたそうです。幕末の水戸藩主徳川斉昭も、贈られた一人で、牛肉が大好きだったので井伊家からの贈呈を楽しみにしていました。しかし、井伊直弼が彦根藩主になると牛を殺すことを禁じたので贈呈されなくなりました。そこで、度々、水戸藩から彦根藩へ、牛肉を贈るよう依頼しましたが、彦根藩はむげに断ってきました。この食べ物の恨みから水戸藩と彦根藩は仲が悪くなり安政の大獄・桜田門外の変に繋がったとのことです。この話は、吉田忠著の「牛肉と日本人」によると、明治期に水戸藩の関係者が書いた「水戸藩党争始末」に基づくもので、説得力ある話しだそうです。
 世界中で発生するテロ事件も、こんな裏話しがありますと、小説や映画にもなるのでしょうが・・・・・実際のテロの根本原因は、歴史的な民族紛争、領土問題、経済格差、宗教問題、イデオロギーの対立等々、深刻な問題があると思われ、これらを題材にした感動する小説や映画など生まれそうにありません。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年5月24日 (水)

「テロ等準備罪」ナゼ必要か

 国際組織犯罪防止条約を締結しないと、日本人は「ノービザ渡航が出来なくなる」ことと、日本が外国から「テロ情報の提供を貰えない」虞があります。Image3_2
 この条約には187の国と地域が締結し、国連加盟国で未締結国はたったの11か国、G7では日本だけです。日本は国連信仰が強く、何ごとにも国際基準を求める傾向が強いのに、ナゼ締結しないのでしょうか。
 経済評論家の渡邉哲也氏は、「テロ準備罪を含む国際的なテロ規制を満たせない場合、日本人のノービザ渡航が出来なくなり、ESTA(米国ノービザとその関係国)とETIAS(欧州とその関係国)への入国が制限(国際合意で2020年をめど) 企業の輸出や資金調達にもペナルティ(多くが倒産)でもいいという話だ」と忠告しています。また、「テロ等準備罪」を新設すれば、「国際組織犯罪防止条約」の締結が可能になり、他国の捜査当局とテロ関連情報交換できるケースが大幅に増えるそうです。
 それから対象犯罪を、死刑、無期又は長期4年以上の懲役又は禁錮に当たる重大な犯罪に限定していますが、これは国際組織犯罪防止条約が、重大な犯罪、すなわち「長期4年以上の自由を剥奪する刑又はこれより重い刑を科することができる犯罪」を共謀罪の対象犯罪とすることを義務付けているからで、これ以上限定することは、条約上できないのに、277罪は多すぎると反対しています。次の動画では、「テロ等準備罪」はナゼ必要なのか、或いは反対するのかを、「赤穂浪士の討ち入り」、一般の団体が犯罪集団に変わることもありうる事例に「オウム真理教サリン事件」を上げて語っています。

Image2_2

深層NEWS テロ等準備罪で何が変わる?   https://youtu.be/5UPEo5byPL0  

| | コメント (1) | トラックバック (0)

このような殺人テロ集団が対象だ

 この事件は被害者や容疑者とも同級であり、昨日のことのように記2017524image3憶しています。
 また、このようなテロ事件からテロ等準備罪に、暴力革命を堅持し破防法の監視団体・日本共産党を頭に、赤い影響を強く受けた左巻き野党やマスコミがなぜ懸命に反対するのか理由が分かります。
 さて先日、昭和46年11月14日の渋谷暴動で、新潟県警から応援派遣されていた中村恒雄巡査(殉職後・警部補)の殺害容疑で指名手配中の中核派・大坂正明容疑(S24.9.29生)らしき人物が広島市安佐南区東原の潜伏先マンションで公務執行妨害容疑により大阪府警に逮捕されたそうです。大坂容疑者には逮捕歴がない為、親族から採取したDNA鑑定などで確認を進めているそうです。
 一方、殺害された中村巡査は、新潟県佐渡郡相川町(現佐渡市)出身で、相川高校を卒業後69年に採用、70年3月新潟中央署配属と共に関東管区機動隊員として、殉職するまで成田警備等に3~4回出動。殉職の現場は渋谷区神山町11-10先で、中村警部補の小さな慰霊碑があります。目標はNHKセンター下交差点と観世能楽堂のほぼ中間で、ローソン向かい精米店脇Shibuya_image2です。渋谷暴動とは、1971年11月14日、沖縄返還協定の批准阻止を訴え過激派ら約5千人が渋谷駅周辺で起こした暴動事件で、中核派・数百人は機動隊に火炎瓶を投げたり、鉄パイプで殴りかかり、神山派出所や車を炎上させ、中村巡査は鉄パイプで滅多打ちにされ倒れたところに、、更に出動衣を開きガソリンを肩口から身体一杯浴びせて火ダルマにされて死亡。今は若者が行き交う人気の街ですが、外国のテロと何ら遜色ない地獄絵図が広がっていたのです。
 21歳の若さで殉職された中村警部補には、改めてご冥福をお祈り致します。なお、佐渡の中村家が仏教徒なら、「四十七回忌」の法要は、命日から満46年目、つまり今年の11月のはずです。

広島市安佐南区東原の潜伏先マンション

Image1_2

 

■中村警部補の最期の様子
Image5

■東京都渋谷区神山町11-10付近
Image3Shibuyakukamiyama1110Image2


共謀罪云々の時期に中核派の大坂正明と見られる男の逮捕。
これは反日左翼に対する、天の怒りか地の声か、警察の執念か…………
何にせよ、反日国賊集団の悪事千里に暴くべし! pic.twitter.com/6dp0x4kUG0

00004551

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月23日 (火)

運動会の紅白色分けと源平合戦

 昨日はある小学校の側を通りがかると、子供たちが紅白の帽子をかぶりGatag00005888運動会の予行練習の場面に出合わせ、遠い昔に思いをはせていました。郷里の富士宮は源平合戦があった場所で、源氏は白旗、平氏は赤旗を掲げて、敵味方区別して戦ったことが運動会などで紅白に分けた起源とされます。よって、富士宮辺りでは、子供達にも平家側とされた紅組になることは嫌われた上、名前に「〇清」などと清が付いていると、あだ名は決まって「清盛」などと呼ばれたもので、今でも子供に「清」君や「清〇」さんなどの名は少ないはずです。
 ところが、平清盛による日本の今の繁栄につながる数々の功績を知ったのは、後のことでした。まず、700年間続く武士の世の礎を作った事に加え、大量の宋銭を輸入し貨幣経済を浸透瀬戸内航路の整備、国際港として神戸港の整備学問の進歩に貢献、世界遺産厳島神社の建立などを上げることが出来ます。一方、源氏方は治承・寿永の乱(源平合戦)には勝利はしたものの、その後の源氏は何かと失策が続き、間もなく北條(平氏)が執権となり、その北條も足利(源氏)に倒されるなど一進一退の世が続きました。更に、戦国の武将も、出自を源氏・平氏と色分けされ、一時、平氏の織田信長が政権をとるも、結果的に源氏方とされる徳川が制し、その江戸幕府は264年間も続くことなりますが、それも、源平どちらでもない薩摩・島津と長州・毛利との連合軍に滅ぼされ、明治新政府を開いています。
 その新政府も、70数年前、米国に壊滅的打撃を受け、今また長州出身の総理大臣・安倍晋三氏が建て直しに懸命です。なぜか今、格言「転ぶのは恥ではない、転んだままでいるのが恥なのだ」を思い出しています。運動会も戦争もよく転ぶものですが、この日本も何時までも転んでいないで早く立ち直って欲しいものです。Image1
  なお、源平の個所を整理しますと、
平氏政権 平氏:平清盛の一族
鎌倉幕府 源氏:源頼朝の一族
鎌倉幕府 平氏:執権北条氏得宗家
室町幕府 源氏:足利氏
織田政権 平氏:織田信長~豊臣政権、豊臣氏
江戸幕府 源氏:徳川氏  となるはずです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月22日 (月)

おだまきの花言葉は勝利・心配

 郷里の富士宮市には富士川が流れ、 平安時代Image7の治承4年10月20日(1180年11月9日)「富士川の戦い」があった所で、源氏側20万騎、平氏側7万騎が集まったとされ、近くには「狩宿の下馬桜」など、多くの伝承や史跡があり、街の殆どの人は源氏贔屓のようです。
 面白いのは、頼朝は白糸の滝で「この上に いかなる姫や おはすらん おだまき(苧環)流す 白糸の滝」と詠んでいますが、その後、義経の妾である静御前も、それを返すように、苧環(おだまき)を詠っています。この詩は、義経が兄・頼朝に追われ、吉野の山中で静御前と離れ離れになり、間もなく静御前は捉えられ鎌倉に送られ、頼朝の前で舞いながら詠ったとされ、静御前の舞として伝わっています。    
  しづやしづOdamaki_image1
 しづの苧環(おだまき)繰り返し
 むかしを今に なすよしもがな
 吉野山 嶺の白雪 ふみわけて
 入りにし人の 跡ぞ恋しき

 今風なら、「いつも私を、しず、しず、苧環(おだまき)の花のように美しい静と呼んでくださった義経様 幸せだった あの時に戻りたい・・・」とでもなるのでしょう。静御前の舞は、今も「鎌倉まつり」などで再現されていますが、NHKの大河ドラマ「義経」で魅せた石原さとみの舞は圧巻です。なお、オダマキの花言葉は色で違い、白は「あの人が気がかり」、赤は「心配している」、紫は「勝利」、花の色に関係がなく「愚か者」だそうですから、頼朝や静御前は何色をイメージしたのか・・・0000582618
 ※ 日本に花言葉が入ったのは19世紀末と言われますが、頼朝も静御前も、まるで知っていたかのような詩です。また、5月22日は鎌倉滅亡の日とされ、新田義貞は分倍河原の合戦で勝利すると一気に鎌倉を攻め落し、北条高時をはじめ一族は1333年5月22日、鎌倉の東勝寺で自刃、140年余り続いた鎌倉幕府は滅亡。府中市の南武線と京王線の分倍河原駅前には、鎌倉を目指す「新田義貞公(正式名は源義貞)」の馬上の像があります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月21日 (日)

ご当地ナンバー「富士山」のこと

 富士山麓の某タクシー会社のナンバーを、全て「富士山」にしたと知りました。
 観光地の盛り上げのためにも当然でしょう。Fugi_no3776_3
 さて、車の台数が予想以上に増加し、ナンバー枯渇解消目的として、平成18年10月から観光地などでご当地ナンバーが採用されましたが、思惑の当たり外れもあるようです。我が郷里の富士宮市は、「沼津自動車検査登録事務所」の管轄で、かつては「沼津」ナンバー一色だったのですが、平成20年、「沼津」ナンバーに加え、「伊豆」と「富士山」のナンバーが加わっています。そして、2012年(平成24年)に富士山が世界遺産登録されて以降は「富士山」ナンバーが増加しており、希望のナンバーは、富士山の標高の「37-76」を取得する人が多いと聴きます。 
 なお、 ネット情報ですが、ご当地ナンバーとして人気が高いのは、
 1位 湘南  2位 品川 3位 富士山 4位 横浜 5位 神戸 6位 世田谷
 とありますので、まぁ満足でしょう。
 ところで、我が街・国立市は、国立市北3丁目に所在する「多摩自動車検査登録事務所」の管轄下にあり、周りや走っている車は多摩ナンバー一色ですが、ご当地ナンバーの計画はあるのでしょうか。きっと、国立市民は「国立ナンバー」を期待するはずですが、車の台数からすると「立川ナンバー」の方が実現が高そうです。
 それ以外では、「武蔵野」、「武蔵の国」、「西東京」などは如何でしょうか・・・・
 それに「多摩自動車検査登録事務所」の管轄は、立川市・武蔵野市・三鷹市・府中市・昭島市・調布市・町田市・小金井市・小平市・東村山市・国分寺市・国立市・狛江市・東大和市・清瀬市・東久留米市・武蔵村山市・多摩市・稲城市・西東京市であり、これでは、とてもとても、国立の出る幕はなさそうです。
 なお、「富士山」ナンバーの交付対象区域は、
 「沼津」…沼津市・駿東郡(小山町を除く)。
 「伊豆」…熱海市・三島市・伊東市・下田市・伊豆市・伊豆の国市・賀茂郡・田方郡
 「富士山」…御殿場市・富士宮市・富士市・裾野市・富士郡・駿東郡小山町(このほか、関東運輸局山梨運輸支局管内のうち富士吉田市南都留郡も対象)です。
 つまり、山梨県の一部でも「富士山」ナンバーを付けることができるそうです
【追記】
 なお、国立市では平成29年から、125cc以下のバイクに限って、ご当地ナンバープレートの交付を始めています。 赤い三角屋根で親しまれた旧国立駅舎が描かれており、あちこちを走り回るバイクに取り付けられるだけに、2020年2月の再築に向けたPRに一役買いそうです。ただ、125CC以下に限っては、自治体が自由にデザインを決められるので、大田区、文京区、綾瀬、芦屋、三原町、門川町、魚津市、長久手市、盛岡、平泉、郡山など、全国各地で採用されています。 これらは「オリジナルナンバープレート」或いは「ご当地プレート」と呼ばれています。http://b.hatena.ne.jp/entry/www.yomiuri.co.jp/national/20170123-OYT1T50023.html

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年5月20日 (土)

彦根の「ひこにゃん」と「招き猫」

 題名は、「彦根城と豪徳寺の関係」か「彦根城=ひこにゃん」&「豪徳寺=招き猫」とすればピンと来る方も多いと思われます。Image4
 さて、今年のNHK大河ドラマ「おんな城主直虎」は、彦根藩初代藩主で徳川四天王の一人、井伊の赤鬼と恐れられた井伊直政の育ての親、おんな城主・直虎との逸話が主です。このドラマでは、戦国時代に遠江国井伊谷(静岡県浜松市引佐町)に実在した女性・直虎が、一族の滅亡の危機を救うべく、女ながらに井伊家の当主となり、後の直政を育てたとされます。この井伊家は徳川家と血縁で、徳川幕府のボディーガード兼側近中の側近として重用され、特に、幕末には井伊直弼が大老職に就いたほか、歴代藩主からも何人も大老に就任されるなど話題満載です。
 特に面白いのは、井伊直弼は彦根藩藩主の14男として誕生しており、まさか自分が藩主になるとは思ってもおら0000000000265804f_3ず、ちゃ(茶)・(歌)・ぽん(提太鼓)に没頭する毎日から、「チャカポン(茶・歌・鼓)」とあだ名されていたのに、それが32歳で突然藩主となり、且つ大老職に就任し、実質、幕府の最高責任者として、日米修好通商条約の締結、安政の大獄、桜田門外の変など、歴史の表舞台に登場します。
 ところで、平成の平和な世では、2010年・ユルキャラ初代チャンピオンに輝き、ブームのキッカケになった彦根市の「ひこにゃん」ですが、このひこにゃんのキャラはと井伊軍団の象徴の赤備えの兜を合体したもので、ナゼ、猫かと言うと、鷹狩り帰りの彦根藩二代藩主・直孝公を豪徳寺(世田谷)の門前で手招きして雷雨から救ったと伝えられる"招き猫”発祥の地からでしょう。きっと、「ひこにゃん」はチャカポンもイメージして、招き猫が赤備えの兜を被っているはずで、互いに相乗効果があることでしょう。なお、 豪徳寺は世田谷区豪徳寺2-24-7で、小田急線豪徳寺駅から徒歩で13分、世田谷線宮の坂駅から徒歩で3分です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年5月19日 (金)

自分の生誕地を観光地化した二人

 日本が国を挙げて世界遺産登録に熱心なのは、街起こし、観光地化が目的と思われ1baますが、空海や足立美術館の足立全康は一人の力で生家を一大観光地に成功したのですから凄いことです。
 郷里の静岡県出身で事業に大成功した、トヨタ自動車グループの創始者、豊田佐吉の生誕は静岡県湖西市山口113-2、また、本田技研工業(:ホンダ)の創業者・本田宗一郎の生誕は静岡県磐田郡光明村(現在の浜松市天竜区)ですが、日本全体の経済や自動車産業の発展には多大なる貢献をされたものの、ご自分の生誕の地には、それほど力を注いでいないと思われます。Image7
 このお二人に比べると、平安時代の弘法大師・空海は若くして遣唐使の留学僧として、中国(唐)に渡って真言密教を学ぶと共に、天文・地勢・土木・医薬・語学等のオールラウンドの知識・技能・文献を修得して日本に持ち帰り、全国津々浦々で「空海伝説」が語り継がれています。そして自分の生誕の地に、父の名・佐伯善通から善通寺と名づけた寺を、813年、先祖の菩提を弔うために創建された他、四国全域には「八十八ヶ所巡り(殆どが真言宗)」を広めております。
  また、島根県能義郡飯梨村字古川(現、安来市古川町)の足立美術館は、昭和45年に足立全康が71才で郷土への恩返しと島根県の文化発展の助けにと創設し、今では出雲大社巡りと共に全国から来訪者は絶えません。足立全康は明治32年(1899)2月8日生まれで、小学校卒業後、生家の農業を手伝いながら、14才で安来の港まで15kmを大八車で木炭を運搬しながら炭の小売りをするなど、様々の事業を興し、戦後は大阪で繊維問屋、不動産関係などで成功したそうです。また、興味をもっていた日本画を収集や庭造りへの関心も膨らみ、横山大観などの近代日本画、北大路魯山人や河井寛次郎の陶芸、平櫛田中の木彫、林義雄の童画等々、総数約1,500点が展示されています。写真はかつて訪問したとき撮影したものです。

Img_7160Img_7161Img_7178Img_7169Img_7185Img_9

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月18日 (木)

熊谷市は「直実公の故郷ぞ♬♬」

 先日、所用で上越新幹線で熊谷辺りを通過したとき連想したのは、Image1「ここ武蔵野の大里は関東一の旗頭 直実公の故郷ぞ」の歌詞でした。また、昭和8年、山形で記録した最高気温40.8℃を、平成19年、74年ぶりに熊谷市と多治見市で40.9℃を記録。これから、熊谷は「あついぞ!熊谷」とハンディを逆手に町おこしをしています。少し暑くなると、熊谷市民がマイクを向けられ「熊谷は暑い以外何も無いから・・・」と自虐的に語ったコメントをテレビで流していました。このときも敦盛を討った源氏の熊谷直実(なおざね)がいるのに、と思ったものでした。
  「人間五十年 下天のうちをくらぶれば 夢幻の如くなり ひとたび生を享け 滅せぬもののあるべきか・・」は、信長が好んだとされる幸若舞の敦盛の一節です。敦盛は清盛の甥で、一の谷の戦いで海に敗走する若干15・6歳の敦盛に、43歳の歴戦の勇士・直実が戦いを臨み、泣く泣く首を討ちとることになります。この「人間五十年・・・」は敦盛をやむを得なく討ち取り、世の無常を感じて出家した直実の嘆きの言葉です。
 なお、幸若舞の敦盛の一節を好んだ信長の首塚は、我が故郷・富士宮の西山本門寺にあります。信長は1582年6月21日、本能寺の変で討ち死にしますが、家臣が持ち出し富士山を望む西山本門寺に納めたという伝説です。また、静岡県藤枝市にある真宗大谷派の寺院・熊谷山「蓮生寺」は熊谷次郎直実に縁ある寺です。
直実ぶし」 作詞:栗原ひろし 作曲:明本京静
1 秩父の峰の雪白く Photo
  名も荒川の風寒し
  ここ武蔵野の大里は
  関東一の旗頭
  直実公の故郷ぞ
  【挿入歌】
  一の谷の戦破れ
  討たれし平家の公達哀れ
  暁寒し須磨の嵐に
  聞こゆるはこれぞ青葉の笛
2 源平須磨の戦いに
  花も恥じらう薄化粧
  智勇兼備の将なれば
  敦盛の首討ちかねて
  無情の嵐胸をかむ
3 人生うたた五十年
  夢まぼろしに似たるかな
  今は栄位もなにかせん
  あまねく人を救わんと
  その名も熊谷蓮生坊
4 流れて早き年月に
  武蔵野山河変るとも
  阪東武者の精神(こころね)は
  われらが胸に今もなお 
  生きてぞ通う直実ぶし
直実ぶし YouTube  
 https://youtu.be/GBurOhB1Syk

◆N4 青葉の笛 倍賞千恵子   https://youtu.be/oYl4ffnf3Q8  

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年5月17日 (水)

日本が世界遺産登録に熱心なのは

 郷里の発展は誰でも願うことで、世界遺産に登録されるなど観光資源に恵まれた地域は税収面などで何かと有利と思います。00world_heritage_sites_in_japan_ja_まだ世界遺産登録されてなくても、元々が優れた景勝地、史跡、遺跡、文化、温泉、産業などの資源を活用した地域の活性化は、何処でも熱心な取組みが行われているようで、観光客の増加につながっていると思われます。
 さて、「神宿る島 宗像・沖ノ島と関連遺産群」が2017年の世界文化遺産登録を目指す国内候補に決まったそうですが、登録されれば日本で21番目の世界遺産となります。この「世界遺産条約」は、1972年(昭和47年)にユネスコ(国際連合教育科学文化機関)で、「世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約」が始まりで、これに日本がようやく加盟したのは1992年(平成4年)で、先進国では最後の126番目の加盟でした。
 最近では、これほど熱心な「世界遺産条約」にナゼ20年も加盟しなかったのか
 その理由は、加盟国となれば世界遺産基金への分担金拠出、遺産の保護等の援助金の増額、且つ、日本のような経済大国では、世界遺産登録されても支援金は全く貰えない等の理由があったそうです。そして1993年には、日本第1号として「白神山地」「屋久島」の自然遺産と「姫路城」「法隆寺地域の仏教建造物群」の文化遺産が登録され、今では、20か所が登録されるもユネスコからの補助金は皆無です。よって、日本が登録を求めるのは、専ら観光資源、観光誘致が主目的とされ、それでも登録で遺産が破壊から守られるなら目的を達したとみるべきでしょう。なお、日本の遺産登録や登録を目指す所は、数万年前の石器時代や1万年以上前の縄文時代からの、悠久の歴史と文化、伝統が育んだ世界でも無二の国であることを誇りにしたいと思います。
「玉川上水」世界遺産登録に期待: 大日建設の社長日記 2015年6月23日
世界遺産登録を目指している日本の世界遺産候補地
•北海道・北東北を中心とした縄文遺跡群 – (北海道、青森、岩手、秋田)
•金を中心とする佐渡鉱山の遺産群 – (新潟)
•国立西洋美術館本館 – (ル・コルビュジエの建築と都市計画の一部として) – (東京)
•武家の古都・鎌倉 – (神奈川)
•彦根城 – (滋賀)
•百舌鳥・古市古墳群 – (大阪)
•飛鳥・藤原の宮都とその関連資産群 – (奈良)
•宗像・沖ノ島と関連遺産群 – (福岡)
•長崎の教会群とキリスト教関連遺産 – (長崎)
•北海道東部の窪みで残る大規模竪穴住居跡群 (北海道)
•最上川の文化的景観-舟運と水が育んだ農と祈り,豊饒な大地- (山形県)
•松島-貝塚群に見る縄文の原風景 (宮城県)
•水戸藩の学問・教育遺産群 (茨城県)
•足尾銅山-日本の近代化・産業化と公害対策の起点- (栃木県)
•足利学校と足利氏の遺産 (栃木県)
•埼玉古墳群-古代東アジア古墳文化の終着点- (埼玉県)
•近世高岡の文化遺産群 (富山県)
•立山・黒部~防災大国日本のモデル-信仰・砂防・発電-~ (富山県)
•城下町金沢の文化遺産群と文化的景観 (石川県)
•霊峰白山と山麓の文化的景観-自然・生業・信仰- (石川県・福井県・岐阜県)
•若狭の社寺建造物群と文化的景観-神仏習合を基調とした中世景観 (福井県)
•日本製糸業近代化遺産~日本の近代化をリードし、世界に羽ばたいた糸都岡谷の製糸資産~ (長野県)
•善光寺と門前町 (長野県)
•松本城 (長野県)
•妻籠宿・馬籠宿と中山道-『夜明け前』の世界- (長野県・岐阜県)
•飛騨高山の町並みと祭礼の場-伝統的な町並みと屋台祭礼の文化的景観- (岐阜県)
•天橋立-日本の文化景観の原点 (京都府)
•近世岡山の文化・土木遺産群-岡山藩郡代津田永忠の事績- (岡山県)
•三徳山-信仰の山と文化的景観- (鳥取県)
•萩-日本の近世社会を切り拓いた城下町の顕著な都市遺産 (山口県)
•錦帯橋と岩国の町割 (山口県)
•山口に花開いた大内文化の遺産-京都文化と大陸文化の受容と融合による国際性豊かな独自の文化- (山口県)
•四国八十八箇所霊場と遍路道 (香川県・愛媛県・徳島県・高知県)
•宇佐・国東-「神仏習合」の原風景 (大分県)
•阿蘇-火山との共生とその文化的景観 (熊本県)
•竹富島・波照間島の文化的景観~黒潮に育まれた亜熱帯海域の小島~ (沖縄県)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月16日 (火)

日露海戦勝利の陰にアルゼンチン

 舞鶴港は日露戦争当時から、戦艦三笠などの母港と知られ、街の通り名は三笠通Photoりや武蔵通りをはじめ、八島・敷島・朝日・出雲・春日・大和などの戦艦名が付けられ、今も日本海側唯一の海上自衛隊基地としてイージス艦などの母港です。また、「母は来ました 今日も来たこの岸壁に 今日も来た・・・」とソ連抑留から引揚船で帰ってくる息子の帰りを待つ母を唄った岸壁の母の舞台でも知られ、かつて、そんな情景に触れたく訪問したことがありました。
 さて、5月18日から20日まで、マウリシオ・マクリ・アルゼンチン共和国大統領が訪日しますが、安倍首相も日露戦争で活躍した戦艦「日進」「春日」は、アルゼンチンから譲渡を受けた戦艦だったエピソードにも触れるはずです。同戦艦は、明治38年5月27日~28日、旗艦「三笠」に座乗した東郷平八郎率いる聯合艦隊の主力戦艦として、当時、世界最強のバルチック艦隊と対馬沖で交戦し、これを撃滅し日本を勝利に導きました。Image3
 実は、この二隻の戦艦はアルゼンチンがイタリアに発注していたものを、日露関係が悪化していたことから、日本が譲渡を願い出て「日進」「春日」と命名した歴史がありました。そして、日露海戦の時は、アルゼンチン海軍を代表してマヌエル・ドメック・ガルシア大佐(後の海軍大将・海軍大臣)が観戦武官として「日進」に乗艦し、戦況を外国人の立場から観戦した報告書が公開されています。そして、この戦艦譲渡の経緯から友好関係が今に続いています。
 なお、1982年の「フォークランド紛争」では、アルゼンチン沖の英国領フォークランド諸島をアルゼンチンが武力で占領し紛争となりましたが、英国の圧倒的勝利で終わりました。この島はイギリスは1832年に軍事占領し1843年には総督府を設置し、イギリス領と主張。一方、アルゼンチンは1816年にスペインから独立した時にアルゼンチン領になったと主張し今も奪還を狙っており、近年、中国と関係を深める動きもあるそうですから、日本の立場も微妙です。

Image1
■日本海海戦1.
   https://youtu.be/RFt60lGX-KI

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年5月15日 (月)

東京裁判史観を受け入れた悲劇

 韓国大統領選は、反日、親北の盧武鉉の盟友・文在寅(ムンジェイン)が選出されたこ0000000000049941668aとで、最終的かつ不可逆的な解決を確認した日韓慰安婦合意も蒸し返すこと必至でしょう。
 さて、戦後の日本は東京裁判史観(戦勝国史観)を受け入れたことで、「日本を悪く言うなら、歴史を捏造しても構わない」と掟破りの何でも有りの現状です。つまり、国際法を無視した事後法で日本を裁いたことは、米国が犯した戦争犯罪を隠す意図があったもので、一見友好国となった現在、これに見直しや検証を求めても一蹴されることからも何をかいわんやです。米国は、空爆による民間人大量虐殺は仕方なしとし、日本の残虐性を仕立てるためパターン死の行進南京虐殺を捏造し、竹島や北方領土略奪を容認するなどは、慰安婦問題と同一上にあるとされます。特に慰安婦問題は、殊更に日本を責める立てる韓国や米国ですが、彼らこそが、世界各地で野獣の如き振る舞いをした犯罪国家であり、日本が降伏した弱みに付け入り、野蛮国、侵略国と一貫した主張を続けられ、これに日本自身も侵略して申し訳ありませんと謝罪金を払い続けるから図に乗っているのです。000_bo1204203200_
 それに、数百年にわたって黒人奴隷・人種差別を続け、有色人種国を植民地にした欧米諸国は、宗主国に貢女や宦官を献上した歴史を持つ朝鮮半島とは、売春宿の経営者と客.のような共通意識があるのか、それともベトナム戦争当時の混血児ライダハンへの共犯意識などの歴史を隠す意図なのか、殊更に日本だけが悪い国家のように擦りつけているようにみえます。
 つまり、日本が敗戦史観で謝り続けている限り、慰安婦問題、南京虐殺、竹島問題など全て解決しないと見ています。石原莞爾は、最終戦争論で武力による決戦戦争の時代と持久戦争の時代を交互に現出して来たと述べていますが、慰安婦などの歴史戦持久戦争の時代と見るべきです。そして、戦前の「ABCD包囲網」の如く、今の日本は、自国内の反日国民(Anti-Japanese)に加えて、A(米国)・C(中国)・K(韓国・北朝鮮)・R(ロシア)による「AACKR包囲網」で封じられている現実も直視すべきです。この包囲網から脱する第一歩は、植民地や奴隷を解放し、世界中の人種差別撤廃に貢献したのは日本であると、多くの国民が認識し世界に発信することで自信回復を図ることです。このことは、欠点を克服するには、長所を伸ばして自信を持つ以外にないことと酷似し、何時までも欠点を是正しようとジタバタするあまり長所まで頭打ちしされて自信喪失している現状が今の日本です。
 なお、合併問題にも触れますが、当時の朝鮮半島の李氏朝鮮は中国の属国で統治能力のない弱小国で、ロシアの植民地になるか、日本に併合されるかしか生きる道は無かったPhotoとされ、李完用(リーカンヨウ)政権が日本を選んだことで韓国は繁栄します。しかし後者だったなら、全域が現在の北朝鮮の姿になったはずです。ただ、伊藤博文は「合併は却って厄介を増すばかりで何の効なし」と批判したことや、福沢諭吉が「脱亜論」で「支那・朝鮮とは関わるな」と忠告したにも関わらず、深い関係を持ったことは大失敗との見方が有力であり、今後の半島政策では同じ轍を踏まないことでしょう。
【水間政憲】従軍慰安婦捏造の根源「アメリカ」の真実[桜H25/8/26]      https://youtu.be/NI1mUpEhack

■1/3【プロパガンダ】いわゆる「従軍慰安婦問題」の嘘 [桜H26/3/29]   https://youtu.be/zpCOf9ovgP8  

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年5月14日 (日)

矛盾や綻びが露呈した小池都政

 難問山積の都政に誰がどう取り組むかを期待されつつ、昨年7月31日投開2017514_image1_2票された都知事選で、『崖から飛び降りる』と見栄を切った小池百合子氏が291万2628票を獲得して当選を果たしていました。そして小池都政には、難問二枚看板とされた五輪予算と豊洲問題への斬り込みが期待されていたのに、「築地はコンクリに覆われてるから汚染は無い」発言や五輪コスト削減を叫びつつ「豪華小池クルーザーの発注」などのダブルスタンダード(二重規範)に呆れている都民が多くなっています。
 この、矛盾した小池都政の成果が問われる都議選が、7月2日に迫り、都内では候補者たちの宣伝カーや街頭演説を見かけるようになりました。
■築地移転賛成派の生田よしかつ氏は
 「築地の汚さ、衛生面に問題があるというのは、わかっていたが、黙認されてきた。あえて触れなかった。小池が、豊洲より築地と意地を張っているから、 それを覆すために、 築地はこんなに汚いんだと言うしかなくなったんだよ。実に、小池の罪は重い。」と語っています。
■前大阪市長の橋下徹氏は、
 「都民の無料港湾視察に使うというが、その場合クルーザーの購入費用だけでなく職員の人件費や維持管理費などのフルコストでは莫大な費用がかかっているはず。どうしても都民サービスとしてやるなら民間遊覧船を活用すればいい。でもそれが東京大改革?」と疑問を投げかけています。
 この“小池クルーザー”と揶揄される豪華クルーザーの入札が行なわれた昨年12月といえば、五輪費用節約を期待されて奔走していたはずなのに、その陰でこんな豪華船を発注するとは、都民への裏切り以外のなにものでもないでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月13日 (土)

朝日新聞は旭日旗を擁護すべき

 「朝日新聞はなぜ社旗である旭日旗に対する侮辱に抗議しないのか」と語る方がおりました。韓国で2017513_image1_2旭日旗を日本の軍国主義の象徴と捉え、サッカーの日韓戦などで観客席に掲げられたとして度々抗議を受けていますが、朝日はどう考えているのでしょうか。
 4月25日も、ソウル近郊の水原で行われたサッカーのアジア・チャンピオンズリーグ、川崎と韓国・水原の試合で、水原サポーターが川崎サポーターの掲げた「旭日旗」に抗議して旗を取り上げる騒ぎがありました。
 ただ、日本のやる事・成す事全てが気に入らない韓国の国民ですが、朝日新聞の旭日旗には何も文句を言わないところは面白いことと思っていましたが、ナゼなのか、そのヒントが少しだけ見えました。作家・百田尚樹の『カエルの楽園』では、権威的なカエルの「デイブレイク」(daybreak=夜明け)は朝日新聞を指すと思われ、また「day + break」は「日を壊す」となり、つまり日本の破壊者という意味があると見られるそうです。そして、『カエルの楽園』の三戒は「①カエルを信じろ、②カエルと争うな、③争うため000_sx333_bo1204203200_力を持つな」の三つは、憲法第九条を指すことは明らかで、なかなか意味深なネーミングです。
 なお、旭日旗は快晴を意味し、「軍艦旗=国際法上の国籍識別旗」であり、紅白と併せてめでたいこととされ、古くから使われていることを、もっとアピールすべきと思いますし、朝日新聞も「日本の破壊者」と誤解されないよう擁護すべきでしょう。0000_201301041610020

残念ながら、彼らは #カエルの楽園 を読んでも洗脳は解けないと思います…"@Rain4192:カエルの楽園は是非朝日新聞の関係者にも読んで欲しいですね。
余程のお人好しでなければ自虐史観の洗脳から解き放たれると思うのですが‥
デイブレイク→日本破壊
ワロタ"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

良書「日本とアジアの大東亜戦争」

 15世紀から始まった有色人種国家の植民地支配の侵略者は、西欧列強の000001106334956_main_l_3白人であり、「大東亜戦争」は植民地支配からの自衛戦争だったのです。この著書は、大航海時代〜幕末・明治維新〜近代史、という大きな流れを大局的な視点で大東亜戦争を語られています。
 武力による戦いでは確かに日本は敗戦を喫しますが、しかし、戦争はそれで終わりではありませんでした。再び、植民地支配に戻ってきた西洋列強に対し、アジアは最後まで残った日本兵と独立義勇軍によって西欧列強を追い払い、次々とアジアは独立します。更に、アフリカ諸国の独立も相次ぎ、黒人差別に異を唱えるキング牧師の公民権運動にもつながったことも明らかです。
日本とアジアの大東亜戦争
 侵略の世界史を変えた大東亜戦争の真実
 
(もっと日本が好きになる親子で読む近現代史シリーズ) 単行本https://www.amazon.co.jp/gp/product/4892959650/ref=as_li_qf_sp_asin_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4892959650&linkCode=as2&tag=japan2000-22
【「はじめに」より】 
 アジアの国々の独立戦争を助けた日本は、たとえ敵に降伏したとはいえ、西欧列強の植民地支配を打ちこわし、世界史の流れを大きく変えることに力をつくした国であることは、まぎれもない事実なのである。大東亜戦争は、わが国の歴史教科書にあるようなアジアで悪いことをやった戦争ではないことがわかるだろう。この大東亜戦争によって、戦後、アジアのいたるところで多くの国々が、長いあいだ苦しめられてきた西欧列強の植民地支配から解放されて発展をとげたこと、そして日本がそれらに力をつくした国であることに対して、日本人は、もっと大きな自信と誇りを持つべきなのである。日本の未来をになう子供たちが、この本を読むことによって、西欧列強の侵略から日本とアジアを守ろうとした、当時の日本人の勇気と努力、そして国民としての義務と責任感を学んでもらえればと思うしだいである。「はじめに」より
出版社からのコメント
 教科書には書かれていない、「本当の歴史」が、ここにある──15世紀から500年も続いた、西欧列強による植民地支配。この、白人による植民地支配に従わない国が、極東にひとつだけあった。それが、わたしたちの祖国、日本である──。
 なぜ戦争は始まったのか。本当に勝利したのは誰なのか
 この一冊で、「大東亜戦争」のすべてがわかる!
 本書の内容を紹介した動画をyoutubeでご覧いただけます。
http://www.youtube.com/watch?v=F8dT587G8Cg
▼日本軍の緒戦の勝利によって、アジア人は「自分たちも欧米人に負けない」という自信を持った。―― ゴー・チョクトン(シンガポール第2代首相)
▼わたしの心の中にアジア人としての自信がしだいに芽ばえてきた。マレー人だって日本人のように決心すれば、なんでもできるはずだと。――
   マハティール・ビン・モハマッド(マレーシア第4代首相)
▼インドが独立できたのは、日本のおかげである。われわれアジアの民は、日本に対する感謝の心をわすれてはならない。――ラダクリシュナン(インド第2代大統領)
▼あの戦争によって世界の至る所で植民地支配が打ちこわされました。これは、日本が勇敢に戦ってくれたおかげです。――タナット・コーマン(タイ副首相・外務大臣)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年5月12日 (金)

小池知事は「アコギなまねをする」

 「阿漕なまねをする」とは、大多数の人が「やってはいけない」と思っていることを平気ですることとされ、禁漁地だった三重の阿漕ヶ浦で、2017512image「阿漕の平次」と呼ばれる漁師が何度も密漁をして捕らえられたという伝説から「しつこく、ずうずうしいこと。義理人情に欠けあくどいこと」を言います。
 小池都知事は、東京五輪と豊洲移転の二つのお手玉を手にして、都民や関係者を弄んでいるのでしょうか。11日は小池知事は安倍総理と会談し約500億円の都外施設の整備費用を都が負担する方針を示したそうですが、「決断が遅すぎる。都民ファーストを掲げるからには当然」と見られています。一方の豊洲移転にしても、早かれ遅かれ移転せざるを得ない現状なのに、じらし作戦で都民や関係者を弄んでいるように見えます。00_otedama_obaasan
 築地の魚河岸「鈴与」の三代目・生田与克氏らは、「昨年11月の豊洲移転延期以降、1日約500万円の維持管理費が生じている」として、小池知事らに計3億6000万円の返還を求める住民監査請求書を都に提出しています。
 また、「東京都水産物卸売業者協会」の伊藤裕康会長は「どう考えても、豊洲市場に移転する選択肢しかない」と語っています。更に、森喜朗元総理も「築地が当分移転しないことで、環状二号線の建設が頓挫し市場跡地を駐車場にする案も霧消しました。小池さんの一連の見直しは、都民受けを狙った選挙公約のつじつま合わせ、オリンピックを道具に使ったパフォーマンス、と見られても仕方ありません」と述べています。小池知事は阿漕なまねをしているとしか見えませんが、これは性格ですか、戦略ですか。Image2 
豊洲問題を斬る!山本一郎と激論!第一話 /6分22秒
  https://youtu.be/cGQdJuyuMdI

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月11日 (木)

戦略のミスは戦術では挽回できない

 フジテレビのことは、仕事で日枝会長の自宅前を幾度も通りがかった2017511_image_2ことや、最近、同局のデレクターから連絡を受けた程度ですが、いろいろ心配しております。昨日、日枝会長は代表権のない取締役相談役に、亀山社長はBSフジの社長に退くと報じられました。かつて、ヒットを連発した黄金期もありましたが、近年は視聴率不振から斜陽著しいそうです。個人的には、「新報道2001」やBSフジの「プライムニュース」は良く視聴しますし、また「藤枝梅安」「鬼平犯科帳」「剣客商売」などの時代劇も良く観ていた記憶があります。
 経営実態など知るはずもありませんが、社運を賭けた番組や韓国色の失敗など色々とありそうです。ただ「戦略のミスは戦術では挽回できない」と言いつつも、クラウゼヴィッツは「戦争論」で「最高の戦略とは非常に強い戦力を常に維持すること」と述べています。これを企業に例えるなら、豊富な資金・質の高い人材などに裏打ちされた経営でしょう。フジに之が無いなどと思いませんが、他局と比較して何かが不足していたはずです。ただ小部隊が優位に立つ戦術に、「奇襲」「地の利」「多方面からの攻撃」があるとされ、源義経は、地の利を利用して背後に回り、「京都の戦い」「一ノ谷の戦い」「屋島の戦い」などで連戦連勝しています。この戦法は、戦国時代、明治維新、日清・日露・大東亜戦争等でも採用されましたが、成功したり失敗したりです。また優位に立つには「要塞化」「国民の支援」「精神力」も大切とされますので、経営の見直し、社員の奮起、何より国民から支持される番組作りが大切と思います。それに、過去の成功体験を忘れ、目指すべき戦略を見極める必要も大切です。「驕れる人も久しからず、ただ春の夜の夢のごとし」と言われ、栄華を極めた平家の天下も長くは続かなかったことは世の習いです。
■直言極言】テレビは終わった?フジテレビ役員の退任[桜H29/5/12]  https://youtu.be/cyjcxIkxXns

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年5月10日 (水)

「負け続けた男、新幹線をつくる」

 この番組は、国分寺市光町の「鉄道技術研究所」で開発された東海Image1_2道新幹線にまつわる話しで5月11日(19:00〜20:54)、BS朝日「負け続けた男、新幹線をつくる」が放送されます。当ブログでも、
 「新幹線開発とゼロ戦技術者たち
 「地名「光町」の由来は新幹線「ひかり」
 などと勝ってに紹介しております。今回は東海道新幹線開業にこぎ着けた4代目の国鉄総裁だった十河(そごう)信二総裁の苦労話しのようですが、十河信二は隠居生活をしていたのに、政治家から担ぎ上げられ70歳過ぎてから、不祥事続きから成り手のいなかった国鉄総裁を引き受けたのでした。番組の内容は、「鉄道技術研究所」で開発された新幹線のことが主体と思わますので是非拝見しようと思っております。
 敗戦直後、GHQの命令で日本は航空機の研究・生産が一切禁止され、陸・海軍の航空技術者たちが失業し、路頭に迷っていたところを、大量に採用したのが国鉄の鉄道技術研究所でした。採用された技術者の中には、
零戦の改良技師・松平精、特攻兵器桜花の設計士・三木忠直、海軍飛行設計士・島文雄らもおります。つまり、現在の新幹線は、飛行機とロケットの技術が融合して開発されているそうですので、きっと、番組の中でも紹介されるはずです。なお、東海道新幹線は着工から僅か5年半で開業にこぎ着けていますが、車体の工夫、トンネル工事・用地買収・コース設定・車内の糞尿処理問題など知られていないご苦労も多くあったと聞きます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年5月 9日 (火)

日本国憲法より日米地位協定が上

 駐留米軍は、日本防衛に格安利用出来る便利な制度と思ってImage_2いるからでしょうか、日米地位協定に異議を感じても殆ど改正されません。改正を提案すれば、日米安全保障条約の解消や米軍の完全撤退、核の傘を失う虞など極めて影響が大きいはずです。
 それに、駐留米軍は憲法九条とセットで存在していることも忘れてならないことです。在日米軍の駐留経費の日本負担は、昨年は8911億円だそうですが、個人的にはセコム契約していると思えば安いものと思っています。それに戦後70年間
、日本人の血を一滴も流さずに日本を守らせた実績を認めることも大切と鷹揚に構えることも大切です。
 ただ問題なことは、日米地位協定は日本国憲法より上ということです。
 日本が何を叫んでも、米国の手の平とされる根拠が日米地位協Image1定の存在です。
 今の憲法を改正して、「自衛隊の根拠規定を追加」、「緊急事態条項の追加」、「憲法改正条項の改正」、「24条の家族助け合い義務」など、今の日本に相応しい形にして欲しいと願う一人ですが、この日米地位協定が大きく横たわる限り空しいことです。
 最近、安倍首相が憲法9条3項に自衛隊の存在を明記するなどの案を示し、「2020年を新しい憲法が施行される年にしたい」と報じていますが、小手先の改正では、同協定の下に憲法が位置づけることをより明確にするだけになりそうです。尤も、3項に自衛隊と共に駐留米軍を日本の傭兵と明記するなら別ですが、憲法改正推進本部も集団的自衛権行使と絡む、この辺りで二の足を踏むはずです。
 ※日米地位協定(日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約第6条に基づく施設及び区域並びに日本国における合衆国軍隊の地位に関する協定)の第二条3項には、「合衆国軍隊が使用する基地は、この協定の目的のため必要でなくなったときは、いつでも日本国に返還しなければならない。合衆国は、基地の必要性を前記の返還を目的としてたえず検討することに合意する。」とあり、見直しは同時に「日本国に返還する」ことも検討されることになるはずです。

日本はなぜここまでアメリカに従属したか
 『戦後の日米関係の全てが分かる』天木直人vs前泊博盛
  https://youtu.be/vlxGaI_LhCQ 000009http://mainichi.jp/articles/20160618/mul/00m/010/00600sc

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月 8日 (月)

新幹線開発とゼロ戦技術者たち

 郷里の富士宮市は天下分け目の源平合戦で知られる富士川で分断さ000imgefd7fc945m5vzkれており、かつて東海道線や身延線を利用すると一時停電するデッドセクション(無通電区間)を体験することが出来ました。
 つまり、西が中部電力(60Hz)、東が東京電力(50Hz)に分断し、切り替え地点で一時的に電車内が停電したのです。1964(昭和39)年開業した新幹線は、50Hz(東側)沿線に「周波数変換変電所」を設置して、電力会社から届く50Hzの交流電源を60Hzに変換して新幹線へ送電することで、50Hzエリア内でも60Hz専用の車両が走行できるようにしたそうです。
 我が社に隣接した、国分寺市光町の鉄道総合技術研究所には、旧海軍の零戦技術者達が勤め新幹線を開発していたのです。ご紹介します、NHKプロジェクトXでは「流線型車体の開発」、「高速走行を可能にする台車の開発」、「自動列車制御システム(ATC)の開発」などの苦労談を語っていますが、これらは、航空機の胴体設計、航空機の振動抑制対策、通信システムなど全て戦中の軍事技術の転用だそうです。
 なお、何かと話題の広告代理店「電通」は、解体された諜報機関が立ち上げたとされますが、いつか触れる機会もあるでしょう。また、富士川で連想する話しは、元武士の平家も優雅な暮らしと驕りからか貴族ボケして、水鳥が飛び立つ羽音に驚いて一戦も交えないで京都へ退散したとされますが、戦後70年、日本の発展を支えた侍も少なくなり、平和ボケした国民だけでは、当時の平家と似たようなものか・・・・・
■NHKプロジェクトX|第007回
執念が生んだ新幹線 老友90歳・飛行機が姿を変えた」(2000年05月09日放送)
  http://dai.ly/x5jxnyg

NHKプロジェクトX|第007回 「執念が生んだ新幹線 老友90歳・飛行機が姿を変えた...

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年5月 7日 (日)

大東亜戦争は日本が勝った

 あの戦争の原因は何だったのか、当時の日本を取り巻く国際情勢はどうだっImage4たのかを考えず、ただ「敗戦国=悪者」、「戦勝国=正義」と定義した「東京裁判史観」を引きずったままの日本人には必読です。最近、「大東亜戦争は日本が勝った」と、英国人ジャーナリスト、ヘンリー・ストークス氏が語る「世界史の中の日本」が注目されています。このブログでも、白人支配から解放、民族の自主独立、人種差別の撤廃等々から、結果的には「戦勝国は日本だった」と拡散しておりますが、いつまでも敗戦史観・自虐史観を蔓延させて、ペコペコと謝り続ける敗戦国は皆無のはずです。
 「勝負に勝って試合に負けた」とは、武力や空襲による死者数などの単純な勝ち負けでは負けたものの、その後の対面や体裁、または争いが収まった後の経済発展、世界に及ぼした影響など、大局的な視点から観察することも大切です。
 つまり、米軍など連合軍は勝つことにのみ執着し、戦争犯罪である非戦闘員や民間人の大虐殺、原爆や化学兵器使用など、姑息な戦法を取る相手に正々堂々と挑んで負けたのが日本です。
 日本を壊滅させて安心したと思ったアメリカは、その後も朝鮮戦争・ベトナム戦争・湾岸戦争・アフガン戦争等々に引きずり込まれ、米国民は休まることを知りません。
■「大東亜戦争は日本が勝った」の「おわりに」から (以下はコピーペースト)201756_image0293
 今年は、東京裁判開廷から七十年目の節目の年を迎える。日本の最大の問題は、日本人が米国による洗脳を自覚することができないことだ。「日本は戦争犯罪をした」とか、「侵略戦争を起こした犯罪国家だ」などというまったくの虚偽を、真実であると思い込んでいる。日本人は、この無明から覚醒せねばならない。日本人は立派な民族である。日本は、戦争犯罪国家などではない。その誇りを取り戻し、いわれなき日本人の父祖に対する名誉毀損を打破することだ。三島由紀夫は、そのことを魂から訴えようとして、東京裁判が行われたその場所で、自決をしたのだ。
■真のA級戦犯は、東條でなく、ルーズベルト・チャーチル・スターリン、まさに、これを断言してくれる人を待ってました。関東大空襲も原爆も、民間人の家屋を狙った攻撃。白人がアメリカ大陸の先住民をほとんど絶滅させてしまい、アジアのほとんどの国を、植民地化し、搾取しまくっていた、それに抵抗した日本を、力づくで押さえつけようとした、ルーズベルト・チャーチル・スターリン、やっと、真実を語る人が出てきたと嬉しくなります。
■現在まで日本人がとり憑かれているGHQの「洗脳」を両断し、既に多くが亡くなりつつある戦前・戦中の記憶と体験を持つ方々の名誉回復を幇助し、戦後すぐからのGHQ式教育の誤りを指摘してくれています。著者が日本人ではないからこその客観的な視点と共に、平易な文章、痛快な内容で引きこんでくれます。何故日本人がこういう著書を出せないのか、少々恥じ入るところもあります。個人的には星10個つけてもいいと思える、全ての日本人が読まなくてはならない1冊だと思います。
■マッカーサーを直に見た(GHQの近所に住んでいたので)世代です。東京裁判があった子供のころから日本ばかりが悪いとは思っていませんでしたが、この本を読んでかなりの程度納得しました。となりの国の国民のようにいつまでも大騒ぎはせず、じっと我慢の上で努力するのが日本人のよさで、その結果がいまの国際的な位置を得たわけですが、大東亜戦争についてはそのきっかけになったいきさつなど、いつでも心中には引っかかるものがありました。慰安婦問題を含め、いつの日にか世界の人たちにも事実を理解してもらえるときが来るのを期待します。日本人は優秀な国民であることを誇りに持って行きたいものです。
大東亜戦争は日本が勝った─英国人ジャーナリスト ヘンリー・ストークスが語る「世界史の中の日本」
https://youtu.be/_wDOff6My-s

1章 日本が戦ったのは「太平洋戦争」ではない!
2章 「太平洋戦争」史観で洗脳される日本
3章 日本は「和」の国である
4章 世界に冠たる日本の歴史
5章 オリエントにあった世界の文明と帝国
6章 侵略され侵略するイギリスの歴史
7章 アメリカの「マニフェスト・デスティニー」
8章 白人キリスト教徒による太平洋侵略
9章 マッカーサー親子によるフィリピン侵略
10章 大日本帝国と西欧列強の帝国主義の違い
11章 大日本帝国は「植民地支配」などしていない!
12章 日本は中国を侵略していない
13章 アメリカによる先制攻撃の「共同謀議」
14章 大統領がアメリカ国民を欺いた日
15章 大英帝国を滅ぼしたのは日本だった!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年5月 6日 (土)

緊急事態を想定する国・しない国

 発生して欲しくない万が一の事態に、具体的にどう対処するか201756image4_2を想定することを、今の日本国民はタブー視しているようです。
 例えば、「北朝鮮と米軍が開戦したら・・・」、
 「大量の難民が日本に押し寄せたら・・・」
 「日米安保条約が破棄されたら・・」、
 「国会でテロが発生して大量死亡したら・・・」
 「天皇陛下や皇族が暗殺されたら・・・」
 「原爆が投下されたら・・・」等々、
 絶対に起きて欲しくないことを言葉にしたり考えること自体が、非難の火種になりそうです。これは、押し付けられた憲法により、国防の手足を縛られているのと同様に、心まで縛られているからでしょうか。昨今の情勢から北朝鮮の立場で考えますと、きっと北朝鮮はタブーなく、ギリギリの事態を想定した国家に見えます。北朝鮮の金インリョン国連次席大使は、「いつ核戦争が起きても、おかしくない危険な状態」、「アメリカがあえて軍事攻撃を選択し、先制攻撃を強く求めるなら、北朝鮮は、アメリカが望む、いかなる形態の戦争にも対応する用意がある」と述べたそうです。
 隣合わせに、最悪を想定したギリギリの国と、なにも考えない・考えられない国がありますが、どっちも危険に晒されていることは同じはずです。中国紙は、「中朝友好協力相互援助条約の見直し示唆」と報じたそうですが、北朝鮮はこの程度のことは想定ずみのはずです。果たして、日本は日米安保条約を破棄されたらと想定しているのでしょうか。最近、大規模災害時などに首相に様々な権限を付与する緊急事態条項の追加を発議する方針が示されましたが、これにも野党やマスコミは安全保障問題と絡めて反対の声を上げるはずです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年5月 5日 (金)

堪忍袋の緒が切れた?中国

 昔から巨大国家・中国に隣接した朝鮮半島は、宦官や貢女などの朝貢国家として生き延びてきた屈辱の長い歴史がありま201755_imageす。このような、媚びへつらう事大主義から脱却し、対等の立場で付き合うことは北朝鮮の悲願でもあるのでしょう。   
  そして今、人類最強の武器とされる核兵器を手にした北朝鮮は、その悲願を達成しつつあると見たのか、対中国外交を次々とエスカレートさせています。その強気の外交の手始めは、核開発に反対の立場で中国と太いパイプを持つとされた張成沢の粛清。昨年は牡丹峰楽団(モランボン楽団)中国公演のドタキャン、更には、北京に届く核ミサイルの開発。そして決定的とみられるのは、中国が傀儡政権として擁立するつもりだった金正男の毒殺から、中国も堪忍袋の緒が切れたのでしょう。
 この具体的対応を、トランプ大統領は習近平主席と話し合ったはずです。
 昨日、北朝鮮は遂に中国を名指しで、「不当な口実で朝中関係を丸ごと壊そうとしている」、「我々の忍耐の限界を試すな」などと激しく非難したと報じられました。北朝鮮では最近、ガソリンや食料品、衣類などの値段が急上昇しているようであり、中国からの輸出制限の効果が現れているのでしょうか。いずれにしても、人が生きるための生命線の一つとされる油を断つ「油断」によって、北朝鮮が暴発することは避けて欲しいものです。果たして制裁によって、北朝鮮は核開発を中止するのか、しないなら限定的攻撃はあるのか、金正恩の亡命はあるのか・・・・・・様々のオプションが机にあるそうですが、ただ並べただけで膠着する可能性もあります。そして、北朝鮮を各国が核保有国と認めたとき、日本はその脅威にどう対応するのか・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ