« 離脱・移民を多く出す国や組織は滅ぶ | トップページ | パチンコで輝く未来が描けるか »

2017年4月12日 (水)

乃木将軍の七言絶句に想う

 4月12日は武田信玄の命日で、山梨県下では「信玄公祭り」が行われ、武田二十四将に扮した「甲州軍Image1団出陣」の行列が目玉として開催されています。武田二十四将の一人に、岩殿山城の城主・小山田信茂がおります。
 岩殿山城は山梨県大月市賑岡町の標高634メートルの岩殿山頂に築かれた山城で、山城跡の真下を中央高速のトンネルが貫いています。若い頃、登ったことがありますが、目的は頂にある乃木希典(1849~1912)将軍の漢詩が刻まれた石碑でした。石碑の詩は、1879年、陸軍中佐で歩兵第1連隊長当時の乃木希典31歳の作とされます。
 欲問當年遺恨長(当年 問はんと欲す 遺恨は長えなるかと)
            とうねん とわんとほっす、いこんは とこしえなるかと
 英雄前後幾興亡(英雄 前後す 幾興亡)7ae
            えいゆう ぜんごす いくこうぼう 
 巉巌千尺荒墟上(巉巌 千尺 荒墟の上)
            さんがん せんじゃく こうきょのうえ 
 仗劍悵然見夕陽(剣に仗りて 悵然 夕陽に見ゆ)
            けんによりて、ちょうぜん ゆうひにまみゆ
【釈】いまこの年ここ、いつまでも続く恨みつらみがあるのかと思う。
   先になり後になり 世に英雄は現れ 消え興亡を幾たび。
   突兀(とっこつ)たる岩峰切り立つ千尺の岩殿城址山頂にあって、
   私はサーベルに仗って思い千々に悲風のなか夕陽に対している。
      釈は「読書余論 Jan.2014 | 井手敏博の日々逍遥」から
 昔、岩殿山城は武田勝頼の武田二十四将の一人・小山田信茂の守城でした。 
 長篠の戦(1575年6月29日)で敗れた武田陣営は、1582年、更に織田・徳川連合軍の進軍で総崩れとなり、武田勝頼は最後の望みをかけて難攻不落の岩殿山城を目指したが、小山田信茂の裏切りを知り、3月11日天目山で自刃。小山田信茂は嫡子を質として降伏したが、織田信忠は赦さず不忠を責めて父子を処刑したという。
 乃木希典は、岩殿山の頂で、どんな長い遺恨を想ったのだろうか
 明治元年には戊辰戦争で幕軍と戦い、10年の西南戦争では明治天皇から賜った軍旗を奪われ、これが終生の恨事となる。37年、日露戦争では司令官として旅順攻略を指揮、この激戦で二子を亡くす。40年、学習院院長に任ぜられ皇族子弟の教育に当るが、45年、天皇崩御により妻静子とともに大喪の当日、自邸にて殉死を遂げた。連隊旗を奪われる過ちを生涯忘れなかった人物とされます。
 信玄公祭り武田二十四将の小山田信茂に扮する人はいるのだろうか・・・Image1_2

|

« 離脱・移民を多く出す国や組織は滅ぶ | トップページ | パチンコで輝く未来が描けるか »

01、個人的に関心を持った話し」カテゴリの記事

コメント

武田信玄は確かに強い武将で、あの徳川家康も三方ヶ原で敗れているが、それでも武田家が滅んでしまったのは、ひとえに「風林火山」という「戦術」に長けていても、信長の「天下布武」のような「戦略」がなかったからと考えられており、故に川中島での上杉謙信との戦いに徒らに時間を空費し、次代の主力兵器になる鉄砲への思い切った投資をせず(甲州金があるので財力はあった)、信玄というカリスマ亡き後「人は石垣人は城」で支えられていた家臣団も崩壊したことは小山田家の例を見ればわかることであり、一方、信長の「天下布武」はこの戦略のためには戦術は何でもありであり、何も戦うだけでなく、調略に長けた秀吉が出世していった例もあり、信長亡き後もこの戦略は秀吉が継承する形で残っており、故に「戦略のミスは戦術では取り戻せない」という現代の企業経営のみならず国家運営にも通じる例であるところで、そろそろその武田の家臣は後に徳川家の家臣になったりして(ちなみに桶狭間で敗れた今川家も後に徳川家の家臣となり、江戸時代に所領を与えられたのが今の杉並区今川)、その時に武田の陣中食である甲州ほうとうももたらされそれが後に名古屋名物味噌煮込みうどんになったとの説もあるが、信玄の重臣だった板垣(乾)家は後に山内一豊に仕え土佐に渡り、幕末にそこから出た板垣退助が南国土佐を後にして(ペギー葉山氏のご冥福をお祈りします)官軍を率いて甲府城へ進軍し、それを迎え撃つべく幕府が派したのが新撰組であるものの、ここで大事なことは、乃木将軍と乃木坂46とは関係ないということにも言及頂きたいかと…。

投稿: | 2017年4月13日 (木) 09時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/70223925

この記事へのトラックバック一覧です: 乃木将軍の七言絶句に想う:

« 離脱・移民を多く出す国や組織は滅ぶ | トップページ | パチンコで輝く未来が描けるか »