« 北朝鮮の防衛能力が羨ましい | トップページ | 日本全土が地獄絵図を覚悟せよ »

2017年4月23日 (日)

北朝鮮攻撃で一番の足枷は日本

 米軍による北朝鮮の攻撃で、一番の足枷になるのは、頭の中に描いた理想郷というお花畑に住む2017423image11多数の日本国民との見方があります。現実の脅威に備えるため、早急に法律改正や邦人避難、核シェルターの準備などを検討すべきと思います。
 さて、米国の原子力空母カールビンソンが率いる空母打撃群が、ようやく朝鮮半島に向かうと報じられました。先の報道では既に到着していると思われたのに、遅々とした動きに様々の憶測が飛び交っています。4月15日「太陽節」に核実験したら即攻撃とまことしやかに報道されていましたが、翌日にシンポ(新浦)からミサイルを発射したことは、中国の外交努力で核実験を自制したと分析されています。次の緊張は4月25日の人民軍創建日とみられ、過去5回の核実験も大きな行事の「節目」に行われていることから、今回も強行する可能性が大ながら、もし中止したなら中国の圧力が功を奏したと見るべきです。
 しかし、北朝鮮の核実験・即攻撃には懐疑的見方も広まりつつあります。
 それは、北朝鮮による大規模な報復の危険性が大きすぎることが指摘され、北朝鮮の核やミサイルなどの軍事能力は近年飛躍的に進化していることや、韓国や日本にも大きな被害が及ぶ可能性も指摘されています。
 中でも、一番の問題は日本との見方もあり、イージスMD艦やパトリオット( PAC-3)の配備も少なく、自国の防衛体制や核施設へのミサイル攻撃など防護の甘さ、核シェルター皆無の現状からも、戦う前に必要な敵を知り己を知れば百戦危うからずという基本が全く出来ないことが憂慮されています。こんな無防備な現状では、とても、米軍にイケイケドンドンと太鼓を打つことは出来ないはずです。

|

« 北朝鮮の防衛能力が羨ましい | トップページ | 日本全土が地獄絵図を覚悟せよ »

01、個人的に関心を持った話し」カテゴリの記事

コメント

米軍がトマホークを300発も撃ち込めば北の防空網は崩壊するという説もあり、
http://toyokeizai.net/articles/-/168148?display=b
何も軍事施設のみを攻撃するだけが戦争ではなく、軍事施設に通じる送電設備や道路、燃料設備、さらには食料倉庫などを攻撃すれば、いくら北の将軍様でも腹が減っては戦はできぬものであり、したがってガチで軍事力だけを比較して論じるのは早計であり、「兵站」を軽視したが故に失敗した典型例が旧日本軍だったところで、そろそろ日本でもやっと韓国在留邦人救出のための方策が検討され始めたものの、
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170421-00000008-mai-pol
自衛隊が救出に行くとなると韓国側の同意が必要とは言うものの、当然彼らにとっては「日本軍の再来」と言うことで感情的に反発することが予想されるが、この非常時にそんなこと言っていられるかといったことにも言及頂きたいかと…。

投稿: | 2017年4月23日 (日) 21時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/70350219

この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮攻撃で一番の足枷は日本:

« 北朝鮮の防衛能力が羨ましい | トップページ | 日本全土が地獄絵図を覚悟せよ »