« 北朝鮮情勢は、この参考人に聞け | トップページ | 新幹線開発とゼロ戦技術者たち »

2017年4月28日 (金)

北朝鮮は世界有数の資源大国

 金(Gold)の輝きは古くから宝飾品として好まれ、その普遍的な価値から世界共通の通貨や「金本位制」の時代もありました。今も金は有事に強いとかインフレに強いとも言われ、最も大切にされている金属です。特に、戦争で国が奪Imageわれたり支配者が変わって、同時に通貨が変わっても金は普遍的価値から大切にされて来ました。日本でも古くから「・銀・珊瑚、綾錦」と言われ、財宝のトップに置かれています。
  世界のの産出量は有史以来、僅か14万6000トンで、50mプール3つ分程度にしかならず、今も地下に眠る埋蔵量は約5万トンでプール1つ分程度とされ、この奪い合いから価格も高騰し戦争の火種にもなっています。今、注目の朝鮮半島では、日本統治時代から北の鉱工業南の農業と言われ、北側は金などをはじめ、様々な鉱物が採掘され裕福だったと聞きます。特に、金の埋蔵量は約2千トンと見られ、他にも世界1位のマグネシウム40億トンの他、マンガン30万トン、タングステン25万トン、モリブデン5万4千トンなどの埋蔵からも魅力ある国です。
 このように、北朝鮮は世界有数のレアメタル、鉱物(主にウラン・金)の資源大国であり、この資源輸出で外貨獲得やミサイル、核開発などが行われているはずです。マスコミは、如何にも北朝鮮が孤立した最貧国かのよう報じますが、国際社会からは別の意味で注目されている国であることも知るべきと思います。いずれ日本と国交が回復して支援をするときは、この資源を有効活用して発展に寄与するはずです。なお最近の、日本の金産出は鹿児島の菱刈鉱山と知られ、年間8トン程度だそうです。

|

« 北朝鮮情勢は、この参考人に聞け | トップページ | 新幹線開発とゼロ戦技術者たち »

01、個人的に関心を持った話し」カテゴリの記事

コメント

北朝鮮の鉱物資源が豊富であることは確かであり、また実は世界では北朝鮮と国交を結んでいない国の方が少なく、それなりに外貨獲得源になっているものの、如何せん「石油」がないのが致命傷で、掘削のための重機を動かせないばかりか、そもそも掘削技術がないこともあり、文字通り「宝の持ち腐れ」となっており、特に原油に至ってはほぼ中国からの輸入に頼っていることから、これが止められると軍隊も動かせない状態となるが、目下の北朝鮮住民の心配は、何たら誕生日のパレードに外国(特に中国)からの客がいなかったことであり、中国に見離されたらこの国はもう終わりであることは3歳の子供でもわかるといわれているところで、そろそろ今日・4/28より、国立駅南口と谷保駅から羽田空港への直通バスが運行開始となり、特に第1便に乗れば南武線の始発電車で行くよりも早く空港に着けるようであり、国立にはこの他にも毎晩谷保駅前から大阪への夜行高速バスが、また新宿駅西口から国立駅への深夜急行バスも出ているにもかかわらず、意外と知らない人が多く、これではまさに「宝の持ち腐れ」であるが、それより白十字さん、マロニエさん、アントルメさんと並び国立の「宝」であった老舗洋菓子店「伊藤屋」さんが、今月で大学通りの店舗を閉めてしまったことが何とも残念であることにも言及頂きたいかと…。

投稿: | 2017年4月28日 (金) 12時40分

大日建設(株)杉山
 北朝鮮は、ソ連(ロシア)は産みの親、中国は育ての親と言われていますので、両国は最近の北の動きを心配しているはずです。
 北朝鮮では殆ど石油の出ない国のようで、年間の石油輸入量約70万トンの内、90%は中国、残りはロシアが供給しているようです。よって、中国こそが北朝鮮の殺生与奪の権を握っているとみるのは当然のことです。今のところ、トランプ大統領は習近平主席との会談で、中国を本気にさせたと言われ制裁の効果が出ていると見られ、北朝鮮は核実験を自制していと思われています。
 ところが、中国の原油が駄目ならロシアから供給を受ける動きもあって、安倍総理はプーチン大統領に北朝鮮問題の解決に向けた協力を要請したはずです。いずれにしても、北朝鮮が暴発しないうちに、核開発やミサイル開発を断念させる方向で、日米中露韓による会談が行われることを期待しています。

投稿: 大日建設(株)杉山 | 2017年4月28日 (金) 12時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/70403110

この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮は世界有数の資源大国:

« 北朝鮮情勢は、この参考人に聞け | トップページ | 新幹線開発とゼロ戦技術者たち »