« キリスト教を禁じた本当の理由 | トップページ | 踏み絵を踏むか・踏まないのか »

2017年4月 8日 (土)

同じ価値観を共有すること。

 遠藤周作原作の映画「沈黙=SILENCE」で、「おらたちもパードレ(宣教師)と同じ心Image」と語る場面があります。また、長崎市のカトリック教会・大浦天主堂建立の翌年1865年(元治元年)、隠れキリシタンがやってきて、神父に「ワタシノ胸、アナタト同じ。マリア様はどこ?」 と尋ねて神父は大喜びした逸話があるそうです。
 最近、元歌手の桜田淳子さんが久々に復帰する話題が報じられましたが、かつて1992年に韓国で行われた統一教会 (現・世界平和統一家庭連合)の合同結婚式で相手を決められたことを質問され、「相手が見ず知らずの人であれ,価値観が同じなので・・・・」という主旨のコメントをしていました。
 さて、元防衛副大臣・民進党の長島昭久衆院議員(衆院比例東京ブロック)が同党を離党する意向を固めたそうです。離党の理由は「真の保守政治を追及してきた私にとり、価値観の大きく異なる共産党との選挙共闘路線Image_2は譲れぬ一線を越える」と語っていますので、さすがに「暴力革命の方針を堅持する日本共産党 」と手を組むことに躊躇したのでしょう。同議員は横浜市生まれですが、本籍は立川市であり選挙事務所も立川市内に置く、民進党の中でも保守派論客で知られ、今回の決断に多くの支持者の皆さんとも価値観を共有し納得されるはずです。
 国家間の争いも、一般的には価値観の相違からとされ、多くの場合、人種・民族・宗教・イデオロギーの対立があります。よく偉い方々は、「自分と異なる価値を理解する」、「交流を通じて相互理解を深める」などと説教されますが、元々が違う価値観を持つ方を理解し支持する難しさを常々感じております。今、お釈迦さま99_2が誕生して最初に説いたという、相手の立場を理解する努力を説いた「天上天下、唯我独尊」と言う言葉を思い出していますが、単に努力目標で終わりそうです。果たして、トランプ大統領と習近平主席は、どんな普遍的な価値観を共有出来るのか。

|

« キリスト教を禁じた本当の理由 | トップページ | 踏み絵を踏むか・踏まないのか »

03、 国立市界隈のこと」カテゴリの記事

コメント

いわゆる「婚活」などで結婚相手に「価値観の合う人物」を求めたりするが、そもそも氏も違えば素性も違う人物との価値観が最初からぴったり合っていることなどあり得ないのであり、本来は「それぞれ違っていた価値観を結婚生活により夫婦双方で合わせる」のが正しい姿なのであって、どちらか一方の価値観に合わせることもあれば、両者の均衡点で合うこともあり、それができない夫婦が結局破綻するのであって、お笑い芸人の価値観に合わせられないといって、背伸びして梨園の妻になったとしても果たして長続きするかどうかはわからず、しかし結婚というものはそもそも「異文化コミュニケーション」なのであり、それによって双方にそれぞれなかった新たなものが創造されるのが望ましい姿であるが、民進党と共産党との間にそれを求めるのは無理であり、有権者からは早々と「選挙に勝つためだけの目的」と見透かされており、件の長島氏もそれを察して見切りをつけたのだろうと思われるところで、そろそろそうはいっても立派な政策を掲げていても選挙で勝たなければ政治ができないのが悲しいかな今の日本では事実であり、ちょうど学力があっても入試に受からなくては意味がなく、建築の知識技能があっても建築士の試験に受からなくては意味がないのと同じように、何だかんだと綺麗事を並べても選挙で勝たなければ意味がないのであって、それで言えば最近の研究では「選挙カーはウザいが票になる」ことがわかっており、
http://otokitashun.com/blog/daily/14096/
http://www.asahi.com/articles/ASK467HL5K46ULBJ00L.html
よく選挙カーの利用を拒否し、自転車で回るなどといった候補者が見られるが、有権者の大多数を占める年寄りにはナンセンスであり、こういったことを割り切れるかどうかが政治家生命に関わってくることにも言及頂きたいかと…。

投稿: | 2017年4月 8日 (土) 15時36分

久しぶりでございます。お元気でしたか?
 衆議院の選挙区の事で情報として区域割りを見て当社のブログではどのように書かれてるか、見てみたく来ましたが書かれてなかった模様です。
去年の大晦日に選挙カーを走らせてた民進党の長島昭久衆院議員ですが、とうとう国立市民も彼か共産党か自民党に入れないと、それかそのほかの誰かに入れないと駄目な訳ですが、立川市民と国立市民とのアレルギーをブログに書いて頂ければ幸いかと。
 まぁお互いに市民は交流無くても自衛隊駐屯地の近くに居座っている一部の市民同士では交流有るでしょうから。

投稿: きりっ | 2017年4月20日 (木) 17時14分

大日建設(株)杉山
「改定案で東京21区は変貌するか」と更新致しましたので回答とさせて下さい。
http://dainichi-k.cocolog-nifty.com/blog/2017/04/post-8283.html
 なお、国立市と立川市の市民同士の交流は薄いと思われますが、市役所の交流や図書館相互利用、また国立には消防署も警察署もないので、国立市の警察は立川警察署が、消防は立川消防署がともに管轄しているなど、昔から深い交流があることも知るべきと思います。そして、今後、同じ選挙区となれば、同じ候補者の支援者や市議同士の交流も深まることでしょう。

投稿: 大日建設(株)杉山 | 2017年4月21日 (金) 10時14分

そういえば警察と消防署については忘れてました。ご指摘助かります。

投稿: きりっ | 2017年4月21日 (金) 16時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/70189768

この記事へのトラックバック一覧です: 同じ価値観を共有すること。:

« キリスト教を禁じた本当の理由 | トップページ | 踏み絵を踏むか・踏まないのか »