« 乃木将軍の七言絶句に想う | トップページ | 何も無いことを願っていますが! »

2017年4月13日 (木)

パチンコで輝く未来が描けるか

 読売新聞には、いい加減「パチンコで輝く未来は描けるか」と強く提案して欲しいものです。2017414image123_2
 パチンコ最大手「マルハン」の創業者・韓昌祐氏は、かつて来日の方法は密入国で、日本での仕事はパチンコしかなかったことや、今もパチンコ業界が北朝鮮へ送金していることを認めていました。
 最近、北朝鮮の核兵器は大問題です。
 つまり、北朝鮮の核兵器開発は、日本人が朝鮮系のパチンコ店を懸命になって儲けさせ、中国やマカオ辺りから北朝鮮に迂回送金を許し、ミサイルや核兵器の製造費用に充当させて、その、お返しに日本自身が脅迫されるという実に愚かな構図です。
 これを国民は知っていても、何処も大きく批判することはありません。理由はパチンコ献金を受けた朝鮮系議員が多いこともありますが、広告業界を束ねてマスコミを支配する元スパイ組織の「電通」の創業者成田豊氏は朝鮮出身者であること、更にパチンコはGHQによる占領下、マッカーサーが朝鮮人だけに営業許可を与えるよう、日本に圧力をかけた経緯があったからとされます。
 また、読売がパチンコ問題を見て見ぬ振りなのは、読売新聞本社社主は正力松太郎で、A級戦犯に指定されたのに何故か不起訴となり、出獄後は米国CIAの方針に屈した経緯からでしょうか。今日の社説に「カジノで輝く未来は描けるか」と見出しを掲げていますが、日本にはカジノもパチンコも不要な国です。
 別の見方として、パチンコ問題も解決出来ないのにカジノは時期尚早なのか、パチンコでギャンブル依存症に免疫があるからカジノ程度は解禁しても大丈夫なのか、それとも、国民全体が依存症にかかっているから、どうでもいいのか・・・・
在日の北朝鮮送金ルート「朝銀&パチンコ」を断て!  
 https://youtu.be/PyESaT2hKHE

|

« 乃木将軍の七言絶句に想う | トップページ | 何も無いことを願っていますが! »

01、個人的に関心を持った話し」カテゴリの記事

コメント

幾多の制裁にもかかわらず北朝鮮の体制が微動だにしない理由が御社でも購読している読売新聞のWEBサイトに出ているが、
http://www.yomiuri.co.jp/fukayomi/ichiran/20170404-OYT8T50007.html
ことパチンコに関しては我らが国立市も文教地区でありながら全市域が指定されているわけではないので指定から外れた谷保駅周辺や、御社からも近い立東地区に店舗が見られるが、店舗構えはもとよりその看板広告の類もケバケバしいのみならず、店内は喫煙し放題で出入口の扉が開けば騒音と共にそれら紫煙(紫雲?)がたなびいてくる有様で、マンションの景観云々やさくら通りの桜云々をいう輩はまずこういったものから規制すべきと言えばいいのに何故かこういったものにはダンマリを決め込んでいるところで、そろそろ国立の桜も終盤に差し掛かっているが、今年は途中で冷え込みが入ったせいなのか、葉桜になりつつあるといっても結構花期が長く、国高の歩道橋の所から見てもまだまだ見応えはあるので、御社でも新入社員に花見の場所取りをさせたかどうかは存じませぬが(もっとも国立では場所取りするほど花見の場所に困ることはないようだが)、今週末までもつかどうかなので、是非とも社員一同で花見をされてはどうかといったことにも言及頂きたいかと…。

投稿: | 2017年4月13日 (木) 18時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/70243647

この記事へのトラックバック一覧です: パチンコで輝く未来が描けるか:

« 乃木将軍の七言絶句に想う | トップページ | 何も無いことを願っていますが! »