« 踏み絵を踏むか・踏まないのか | トップページ | 危機管理の目的は戦争への備え »

2017年4月10日 (月)

朝鮮半島に空母打撃群派遣

   朝鮮半島周辺海域に、米軍の空母打撃群を派遣することからも、トランプ大統領は何かを決意したと見られています。Es
  米軍は現在空母打撃群と呼ばれる、ヘリや戦闘機を搭載した航空母艦一隻を中核に、それを護衛するイージス・システムを搭載したミサイル巡洋艦が1隻、攻撃を行う複数の駆逐艦、対艦の役割をもつ原子力潜水艦、物資の補給艦などで構成される戦闘部隊を合計11個も保有し世界の海で展開しています。
 この空母打撃群一つの能力だけで、中規模国の軍隊を凌駕するとされますから、これを打ち破るにはイージス艦の迎撃能力を超える飽和攻撃が唯一の対抗手段でしょう。この空母打撃群を揃えるだけで1兆円、年間維持費が一兆円かかるそうですから、では我が国も欲しいとは簡単にはいかない話しです。この圧倒的すぎる空母打撃群を米軍は11個も保有して、世界中の海域に常時展開することで、自由主義圏や同盟国からは世界の用心棒或いは警察官と呼ばれているのでしょう。
 4月9日、カール・ビンソンを中心とする第1空母打撃群が、シンガポールから朝鮮半島に向かったそうですが、同海域には5個の空母打撃群が集結することになります。トランプ大統領は習近平主席と北朝鮮問題の意見交換から何か方針を示した111はずであり、結果を安倍首相は、9日午前にトランプ大統領から電話で報告を受けたようです。
 北朝鮮では正恩が最高指導者に就任して11日で5年、15日は金日成主席生誕105年、25日は朝鮮人民軍の創設85年と記念日を控え、何かの動きがあると予測されています。事実、豊渓里の核実験場の不穏な動きからも、トランプ大統領は何かを決意したはずです。数日前、一時帰国させていた韓国駐在の長嶺大使らを韓国に戻したことも邦人保護に万全を期す必要からでしょう。さて日本本土はどう守るのか・・・
「核爆弾」が落ちてきたら、どこに避難すべきか? - Yahoo!ニュース ...

|

« 踏み絵を踏むか・踏まないのか | トップページ | 危機管理の目的は戦争への備え »

01、個人的に関心を持った話し」カテゴリの記事

コメント

仮に米軍に北朝鮮に対する攻撃があるとすれば、韓国にいる邦人への退避勧告、韓国への渡航延期勧告が出されるはずだが、難しいのは米軍の攻撃前にそれを早々とやってしまうと北朝鮮側に意図を察知されてしまうことであり、そうなると攻撃が始まるまで隠さざるを得なくなるから、今韓国にいる人、これから韓国に行こうという人はその辺の事情を察して速やかに各自「それなりの」行動を取った方が良く、かつてのイラン・イラク戦争時のようにトルコ航空は助けてくれないところで、そろそろ問題はそれだけではなく、万が一、北朝鮮が核ミサイルを日本に撃ってきたらという対策が何もなされていないことであり、仮に東京都心で核爆発が起きれば半径80km(ほぼ東京、神奈川、千葉、埼玉を網羅)の人が閃光を見れば失明、半径16km(ほぼ東京23区全域。横田基地を中心にした場合は府中まで)では一瞬にして火傷に遭うと言われており、
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170409-00010002-biz_lifeh-sci
御社のような建設会社としては宅配ボックスよりも先に「核シェルター」の方が「商材」になるかもしれないことにも言及頂きたいかと…。

投稿: | 2017年4月10日 (月) 18時23分

大日建設(株)杉山
戦後の教育や政治の影響で「平和ボケ」が進行し、防衛態勢は脆弱で、核シェルターなどの施設など全く準備しておらず丸裸の現状です。今、出来るのはせいぜい「憲法九条」の看板を掲げることと、飲料水・食料・薬品などの防災グッズの準備程度です。

投稿: | 2017年4月10日 (月) 19時31分

まず核爆発に伴う閃光対策として外出時のサングラス着用を義務付けるだけでも効果があると思われるが(ただし、義務付けるのはサングラスの着用だけで、決してそれで白スーツ着て肩を切って歩くことまでは要求していない)、あの韓国でも「毎月15日は民防衛の日」として真剣に訓練しているのに(そもそも朝鮮戦争は「休戦中」なのであって、決して終わったわけではない)、その隣の日本では、学習指導要領に「銃剣道」を明記するぐらいとは、竹槍千本集めてもB29は落とせないのであり、まさに関東防空大演習を嗤ふことになることにも言及頂きたいかと…。

投稿: | 2017年4月10日 (月) 21時00分

取りあえず今、手近なものでできる核爆発対策としては、閃光から目を守るサングラスの他、爆風による飛来物から頭部を守るヘルメット、放射性物質を吸い込まないためのマスクの着用が効果的と思われ、さらにこれに上陸してきた北朝鮮兵に当座の応戦をするための棒などがあれば完璧であるが、その格好で街中を歩いていたらまず警官から職質を受けることは確実である(それでなくてもコンビニにはまず入れないと思われるが、かつては駿◯台(某予備校ではない)辺りで「普通に見られた格好」と聞いている)ことにも言及頂きたいかと…。

投稿: | 2017年4月10日 (月) 22時13分

 日本に上陸してきた北朝鮮兵には、当座の金銭や武器、サバイバルに必要な物資を朝鮮総連の同胞の皆さんが与えるはずです。それに、宿泊施設などは既に目星を付けていて、何時でも占拠して温かい「おもてなし」のサービスをさせるはずです。

投稿: | 2017年4月11日 (火) 12時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/70212194

この記事へのトラックバック一覧です: 朝鮮半島に空母打撃群派遣:

« 踏み絵を踏むか・踏まないのか | トップページ | 危機管理の目的は戦争への備え »