« 3.10「東京大空襲の日」に想う | トップページ | やはり、技術立国・日本は強い。 »

2017年3月13日 (月)

都議会・百条委員会は政治ショー

 都議会の「百条委員会」が11日午後に開かれていましたが、ここ数日所用で新聞・テレビから離れていましたので、全体を把311握していません。ただ、車の中でラジオから「百条委員会は政治的ショーでは・・」とのコメントが聞こえ、その通りと同感しています。
 マスコミは、安保法案や原発などに「レッテル貼りの決めつけ言葉」は聞くに堪えないもので、その多くは主な左翼野党や左翼機関紙と同じトーンだから、何をかいわんやです。最近では、「豊洲は地下水が汚染され危険だ」、「日本人の誇りと自信を持たせる教育を許すな」、「右翼教育だ」などの大合唱です。これは左翼政党と番組デレクターが相談でもしなかったら、こうにはならないはずです。それに、世論調査が賛成・反対は五分五分と言いながら、コメンテーターは全員が反対の立場で意見を言うのだから、これでは報道の公平性も何もありません。
 猪瀬元知事が、豊洲の移転にコメントを求められ、「築地の汚染のことは言わないで欲しい」とデレクターに事前に言われたことを暴露していました。つまり、テレビのワイドショーなどは、予めデレクターの意図する方向で構成しているのです。あるコメンテーターが「豊洲の汚染水で洗った刺身なんか食べられない」と語っても、誰も、掃除も含めて綺麗な水道水を使うと訂正しないから、視聴者は、汚染水で魚や俎板を洗うと短絡的に考えて、我々愚民が洗脳されるのです。「メラビアンの法則」や「人は見た目が9割」という著書もありましたが、人間は一度刷り込まれた印象は尾を引くものです。
 元・ニュースキャスターの小池都知事が、この愚民が洗脳されるプロセスを知らないはずはありません。小池都知事は「石原氏に責任があったのか否か明確にしたい」と言いますが、果して、責任を明確に出来るのか、出来ないとなれば「大山鳴動して鼠一匹」の可能性も大です。今は、中西準子氏の記事、「豊洲への早期移転が望ましい理由 」が的を突いていると思っています。
【GEPR】豊洲騒動は原発事故の「二度目の笑劇
    http://agora-web.jp/archives/2024900.html
【Vlog】「小池劇場」の人類学的考察
  https://youtu.be/5cQXu9I7AO8

|

« 3.10「東京大空襲の日」に想う | トップページ | やはり、技術立国・日本は強い。 »

11、東京都知事に注目」カテゴリの記事

コメント

 現在開かれている百条委員会が政治ショーというのは全くもってその通りであり、本来こんなものは開く必要などなく、過去をほじくり返したところで、このまま築地に留まることを正当化することにはならず、小池知事に残された選択肢はもう事実上、如何にして豊洲に移転するかという政治判断しかなく、にもかかわらず、小池知事がこんな茶番劇を何故此の期に及んで開いているのかと言えば、もう実は知事の腹の中では既に豊洲移転は決めているのだが、その前に、今回の一件で自民党都連の悪事(特に東京ガスとの不透明な契約経緯やドン関係企業との利権絡みなど)を暴けるだけ暴き出して都連を弱体化させ、今夏の都議選においていわゆる小池新党に有利に働くようにする算段ではないかといったところで、そろそろ食品関係の話題と言えば、他店よりも極端な大盛りになる上にさらにこれに客のリクエストに応じてマシマシといった野菜トッピングを行うことで有名なラーメン店「ラーメン二郎」(国立市近辺では府中店や新小金井街道店がある。立川店もあるが現在休業中)の仙台店において、「大」では初めての客は食べきれないから「小」にした方がいいとの店員からの再三の忠告にもかかわらず、「大」を注文した上にトッピングも「全部マシ」にしたものの、やはり食べきれずに半分も残して「こんなの食えるわけねーよ」とか悪態をついて出ていった客に対して店側が出入り禁にしたことがネット上で賛否両論を呼んでいるが、
https://news.yahoo.co.jp/byline/toryu/20170312-00068618/
だいたい店側は再三の忠告という形でこの店の「大」とはどういうものかという客への情報提供の責務は果たしており、従って店側が客への情報提供を怠ったとの批判は当たらず、しかも任意であるトッピングも「全部マシ」などというのは明らかに客側の確信犯的行為であり、このような客を店側が出入り禁にするのは法律上も何ら問題なく、
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170310-00005823-bengocom-soci
金さえ払えば客の自由というのは当たらず、店側にも他の客への迷惑や無用な残飯処理の発生、さらには店の名前への沽券といったことから、「客を選ぶ権利」はある(契約上は店、客とも対等で、決して「お客様は神様」ではない)といったことにも言及頂きたいかと…。

投稿: | 2017年3月13日 (月) 23時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/69908781

この記事へのトラックバック一覧です: 都議会・百条委員会は政治ショー:

« 3.10「東京大空襲の日」に想う | トップページ | やはり、技術立国・日本は強い。 »