« 愚民による愚民のための政治 | トップページ | 民進党に見事な特大ブーメラン »

2017年3月29日 (水)

豊洲移転の先送りは限界だ!

 またも豊洲移転の政治ショー?、二番煎じの出がらしのお茶なんか飲めるかImage4_2。いつまでも移転延期で都民や築地の業者を振り回しやがって、その手は桑名の焼き蛤だい。
 江戸っ子の一心太助なら何と言うのか・・・ 
 さて、自民都連は、4月11日に開催される都連の政治資金パーティーに小池百合子都知事を招待することを決めたそうですが、実にいい案と思います。小池知事は、自民都連を「抵抗勢力」と位置づけていることに対して、都政改革に「協力を拒んでいるのは小池氏の方だ」(都連幹部)と強調する狙いから、踏み絵を踏ませる意図があるとみられています。果たして、小池都知事はパーティーに出席か・欠席か・・・・出来れば、出席して堂々と豊洲移転延期の正当性と黒幕の圧力などを語って欲しいものです。既に、小池知事は「豊洲問題は都議選の争点になりえる」と述べ、下村会長は「豊洲問題を選挙の争点にしてはならない」と釘を刺しています。
 しかも、石原元知事の証人喚問で、築地の汚染暴露や「豊洲移転の混迷、迷走に対する責任は小池さんにある」、「豊洲がこのまま放置されるということは、結局、科学が風評に負けたことになる。これは正に国辱だ」との証言から、小池ブームは終焉を迎えようとしています。よって、自民は迷うことなく、正々堂々と豊洲の早期移転を主張して中央突破すべきです。「都民ファーストの会」も単独過半数(64人)奪取を目指して、70人前後の擁立かと報道されていましたが、既に縮小する動きもありそうです。小池知事と連携を表明した公明党も複雑な立場でしょう。とにかく、築地市場の敷地は移転後「環状2号線」が通る計画なのだから一刻も早い決断が必要です。
■「報道特注(右)」テーマ① 豊洲問題
    https://youtu.be/y3fa6dBHUU8

|

« 愚民による愚民のための政治 | トップページ | 民進党に見事な特大ブーメラン »

11、東京都知事に注目」カテゴリの記事

コメント

まぁかつての小泉総理も「メーデー」というある意味「敵陣」に出席していたし、まして小池知事はまだ自民党の党籍は離脱していないと思われ(都知事選出馬時に進退伺は出したが結論は出ていない)、都連のパーティーへ出るのに何ら逡巡するものはなく堂々と出ればいいと思われるが、豊洲問題はいつまでも逡巡しているわけにはゆかないことは確かで、ちょうど年度末日に当たる今週金曜日の定例記者会見で何らかの方針を示さねば、都議選での「小池新党」の行方にも影響が出かねないところで、そろそろその都議選において我らが国立市を含む北多摩第二選挙区(定員2)に果たして小池新党が候補者を擁立してくるかが注目され、もし擁立となると現職自民都議は苦戦が予想されるが、むしろそれならばもう一人の現職である生◯者ネット候補者への票を小池新党候補者に食わせるようにして、自民都議自身は逃げ切った方が、ガチで小池新党と戦うよりも得策であると思われ、特に生◯者ネットは国立市議会からは一掃され、昨年の市長選でも負けたにもかかわらず、なまじっか都議を出していることから相変わらず国立駅前に出没するような有様であり(この辺の事情は「きりっ」さんにお任せします)、この際いい機会だから都議会からも一掃したらどうかといったことにも言及頂いた上で、そろそろ従業員80名でありながら50名もの新卒者に採用内定を出した上でそれを取り消した旅行会社「てるみくらぶ」の社長は一体どんな事業計画があってそのような身の丈に合わないような経営をしようとしたのか?この一社の無謀な経営のために中小業者全体が危ないからと忌避されてしまい、真面目に誠実に身の丈に合った経営している業者まで淘汰されることになり、これは何も旅行業界に限った話ではないことにも言及頂きたいかと…。

投稿: | 2017年3月29日 (水) 12時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/70074049

この記事へのトラックバック一覧です: 豊洲移転の先送りは限界だ!:

« 愚民による愚民のための政治 | トップページ | 民進党に見事な特大ブーメラン »