« 豊洲や森友に上げた手を降ろせない | トップページ | 昭和も遠くになりにけり »

2017年3月16日 (木)

昭恵夫人の寄付金百万円の真相?

籠池氏~「今日の講演料100万円ですが、どうぞお受け取り下さい」
昭恵夫人~「それは、絶対に受け取ることは出来ません」
籠池氏~「それでは、学校建築に役立てさせて頂きます」
昭恵夫人~「どうぞ、そうなさって下さい」
 16日、大阪まで調査に出かけた参議院予算委員会のメンバーに、籠池泰典氏は「平成27年9月、安倍総理大臣の昭恵夫人に講演してもらったとき00085sに、昭恵夫人から寄付金100万円を頂いた」と語ったそうですが、きっと、前述のような会話があったと想像しています。この程度のことを、「首相の寄付」と話を大きくすることは、籠池氏の実に狡猾で蛇蝎の如く人を貶める汚い人格が見えてきます。これに対し、菅義偉官房長官は「首相は自身でも、昭恵夫人や事務所、第三者を通じても寄付をしていない」と否定しており、首相自身も、官邸で「官房長官が説明した通りだ」と語ったそうです。自民党関係者も、総理や夫人を侮辱する言いたい放題発言に、余程カチンと来たのでしょう。この籠池氏の発言を受け、3月00676523日の衆院予算委で証人喚問すると報じられました。緊迫する朝鮮半島問題などに対処が必要な大切な時期に、国会やマスコミは籠池氏の発言に翻弄されていますが、この何の収穫もないバカ騒ぎも証人喚問で明らかにされるはずです。
 いずれにいても、籠池氏は見せかけだけの保守本流のポーズは、単に金儲けの手段に利用する似非右翼の典型です。ただ、証人喚問では森友問題の本筋は何だったのかポイントを外さない追及が大切であり、この「首相の寄付ばなし」は傍流であることを認識して欲しいものです。そして今、30年も前に悪徳商法で注目された豊田商事の永野一男会長がマスコミの前で刺殺された事件を思い出しています。
 関係者はくれぐれもご留意を・・・・
安倍総理の「足を引っ張らないで」: 大日建設の社長日記
自民・民進、籠池氏23日証人喚問で合意 :日本経済新聞

|

« 豊洲や森友に上げた手を降ろせない | トップページ | 昭和も遠くになりにけり »

01、個人的に関心を持った話し」カテゴリの記事

コメント

この「勝手に寄付金にしてしまう」レトリックは政敵を倒すことにも応用でき、すなわちその政敵をおだてて選挙区で講演会を開かせ、講演料を受け取れないと言われたら寄付したことにすれば、寄付行為を禁じた公選法に違反させることができるところで、そろそろ東京ディズニーランドの汚水処理施設で乳児(嬰児か)の遺体が見つかったそうで、恐らく園内のトイレで産み落とされたものが遺棄されたものと思われるが、最近は妊娠していても周囲の人間が気づかないことが多く、本人もまた周りの人に相談せず(ディズニーランドに遊びに来られるぐらいだから家族なり、学生だったら学校の先生なり、相談できる人はいるだろうに)、独りで抱え込んで悩んでしまっているが、何より死体遺棄は犯罪行為である上に、このように子供に夢を与えるようなところでよりによって子供の死体を遺棄するとはパークに対して喧嘩を売る行為で言語道断であり、こうした「トイレ出産」の悲劇を防ぐためにも、こうなる前に周囲の人が気にかけ相談に乗ることが大事ではないかといったことにも言及頂きたいかと…。

投稿: | 2017年3月17日 (金) 12時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/69946986

この記事へのトラックバック一覧です: 昭恵夫人の寄付金百万円の真相?:

« 豊洲や森友に上げた手を降ろせない | トップページ | 昭和も遠くになりにけり »