« 小池知事はポピュリズムの極み | トップページ | 褐色の恋人「スジャータ」と宗教 »

2017年3月 7日 (火)

北朝鮮のミサイル発射に想う

 北朝鮮が弾道ミサイルの発射を繰り返して恫喝していますが、日本Image迎撃態勢だけで大丈夫でしょうか。北朝鮮は日本の米軍基地を狙ったと発表しています。
 子供当時ですが、親戚の高校生にボクシング選手がいて、ある時「どこでも殴って来い」と言われたことがありました。拳で何処でも打たせるのですが、相手は身体や頭を前後左右に振ってパンチをかわす、ダッキングやウィービング、スウェーのテクニックを駆使、時にはパンチを叩き落とされ、相手に触ることも出来ませんでした。それでも、何回も練習するうちに、まぐれでパンチが当たることもあったものでした。
 ボクシングに限りませんが、スポーツや武道では攻撃は最大の防御と言われます。しかし、多少体験したボクシングでも相手が防御だけなら、素人でもマグレでパンチが当たることがあります。その後、柔道や剣道も体験し、受け身や構えも練習しますが、それだけで上達しないことは当然です。それに、試合では防御が崩れると一気に相手に付け込まれるもので、防御と攻撃は一体で動くことが大切とされます。
  また、戦いの始まりには三つの先があり、自分から敵に攻撃を仕掛ける「先」、敵から攻撃してきたときの「先」、相互攻撃になった場合の「先」があるとされ、どれも大切なのは常に気迫で相手を圧倒 しておくことで、少しでも隙あらば瞬時に攻撃に移ることです。しかし、戦後は憲法九条から生じた国民の防衛意識の劣化から、手足を縛られたボクサーや武士と同様です。どんなに優れたイージス艦や地対空誘導弾パトリオット(PAC-3)、高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)などを何台配備しても、相手からの途切れない連続した攻撃から防御するには限界があります。
 杜甫の「春望」"国破れて山河あり"には、戦後の日本の光景を思わせる哀愁と悲壮感が漂い共感を覚えますが、北朝鮮など隣国からは、そんな感傷に浸っている暇がないことを伝えています。
 弾道ミサイル発射「在日米軍基地狙った訓練」=北朝鮮メディアImage_3

Image_2

|

« 小池知事はポピュリズムの極み | トップページ | 褐色の恋人「スジャータ」と宗教 »

01、個人的に関心を持った話し」カテゴリの記事

コメント

今回のミサイル発射は金正男殺害事件から国際世論の矛先を逸らそうという意図もさることながら(本件についてはマレーシア、北朝鮮双方とも「ペルソナ・ノン・グラータ」を行使し大使を国外追放)、やはり韓国へのTHAAD配備開始への牽制が大きいと思われ、しかし仮に北朝鮮が米国までミサイルを飛ばす能力を既に持っているとすればスパイなどによりそれを察知したアメリカが黙っているはずがなく、敵地攻撃を含めた何らかの行動に出るはずだが、現時点でそれがないということは、そういった情報を把握できずにいるか、把握しているがまだそういった能力はないと判断しているかだろうと思われ、いずれにせよ朝鮮有事となれば韓国にいる邦人に対し退避勧告が出されるはずで、今のところそうした兆候はないといったところで、そろそろ先週土曜日に大ヒット映画『アナと雪の女王』がフジテレビにより「ノーカット」との触れ込みで地上波初放映され、看板番組の月9が不振の同局としては高視聴率を叩き出したようだが、しかしノーカットと言いながら、あろうことかMayJの歌うエンドロールがカットされ、夜9時過ぎに小さな子供に合唱をさせるような同局による勝手な演出に差し替えられたことが物議を呼んでおり、だいたいノーカットというからにはエンドロールまで含めて「ありのまま」を放映するものであり、これでは看板に偽りありではないかといったこともさることながら、不振の月9を挽回すべく、30周年を迎える次作では嵐の相葉雅紀を主演に中山美穂、井川遥、仲間由紀恵、松重豊、生瀬勝久といった豪華出演陣を迎えるということだが、4番バッターばかり集めても試合には勝てないことにも言及頂きたいかと…。

投稿: | 2017年3月 7日 (火) 13時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/69836165

この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮のミサイル発射に想う:

« 小池知事はポピュリズムの極み | トップページ | 褐色の恋人「スジャータ」と宗教 »