« 報道のトーンが随分下がりました | トップページ | 外務省が「ゴルゴ13」に仕事を依頼 »

2017年3月23日 (木)

テロ等準備罪に反対する政党・団体

 「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案の審議に、民進、共Photo、市民団体、労働組合、日弁連、朝鮮総連、左傾マスコミなどは「話し合うだけで罪になる」などと必死に扇動しています。このような皆さんは、日ごろからテロの実行を密かに相談することがあるから、強く反対するのでしょうか。
 それなら理解出来ますねぇー。面白いですねぇー。恐いですねぇー。
 尤も、共産党はかつてテロ活動を実際に行っていた団体であり、現在も過去の栄光?と実績?を忘れていない団体であるとされ、公安調査庁は「破壊活動防止法(破防法)に基づく調査対象団体である」と国会で答弁していますから、反対するのは当然と言えば当然です。しかし、普通に生活する一般市民は、テロやスパイ活動などには縁遠く、私たち、国民が被害となる凶悪犯罪の撲滅を願っていることも、当然のことです。
  今、最大注目される朝鮮半島情勢ですが、在日本朝鮮人総聯合会(朝鮮総連)は、北朝鮮の動きに連動して、日本国内の重要施設の破壊、政府要人ら襲撃、繁華街などでのテロ行為を実行する使命を持った人達と見られています。
 事実、朝鮮総連は共産党と共謀して、戦後の国内で警察署を襲撃したり、駐在所勤務の警察官を殺害するなど混乱させて、朝鮮軍を日本に迎え入れる準備をしていたことが知られています。現在でも、テロ国家・北朝鮮を支えるために、物心両面から大活躍しているとされますので、これらの関係が分らないと、なぜテロ等準備罪の制定に、左傾野党・マスコミ・市民団体、朝鮮総連、左傾マスコミなどが一体となって反対するのか理解できないはずです。近いうち、マスコミが大騒ぎして扇動し、国会周辺もいつかのように騒然とすることでしょう。
■報道特注(右)「韓国 慰安婦のウソ!少女像のモデルは慰安婦じゃなかった!」「共産党が法案成立を嫌がる【共謀罪】を命狙われる和田議員と丸山議員が徹底解説!」  https://youtu.be/avj5vLXj4XM

|

« 報道のトーンが随分下がりました | トップページ | 外務省が「ゴルゴ13」に仕事を依頼 »

01、個人的に関心を持った話し」カテゴリの記事

コメント

そもそも共産党は未だに「暴力革命」の方針を堅持しており、
https://www.npa.go.jp/archive/keibi/syouten/syouten269/sec02/sec02_01.htm
そうした暴力から国民を守るのが政府に課せられた当然の責務であり、「テロ等準備罪」はまさしく彼ら暴力を企てんとする集団の存在意義そのものを否定するものであるが、問題はこんな政党に票を入れる有権者であり、自公政治の不満に目がくらみ、民進党も頼りないとなるとこんな政党でも票が入り議員を出してしまうのであり、特に「情弱」な有権者は騙されやすいので何とか「啓蒙」してゆかねばならないところで、そろそろフジテレビの看板番組であるいわゆる「月9」ドラマが1桁台の史上最低視聴率で終わったそうだが、昨日終わった日テレの「水10」ドラマ『東京タラレバ娘』や、昨年のTBSの「火10」ドラマ「逃げ恥」がいずれも2桁を記録しているのだから、ただ単に放映時間帯の問題ではないかと思われ、特に週明け月曜日の夜などは勤め人は前週から持ち越された仕事の残業が発生するものであり、したがってTV視聴のできる在宅率で言えば明らかに9時よりも10時の方が高いと思われるものの、これを「月10」に変える柔軟性が果たしてフジにあるかであり、スポンサーの調整云々よりも、やはり「月9」と言うのが「伝統」だから容易にその看板を下ろしたくないなどという理由だとしたら、フジが今日の低視聴率に喘ぐ状態から抜け出すのは当面無理であることにも言及頂きたいかと…。

投稿: | 2017年3月23日 (木) 13時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/70018589

この記事へのトラックバック一覧です: テロ等準備罪に反対する政党・団体:

« 報道のトーンが随分下がりました | トップページ | 外務省が「ゴルゴ13」に仕事を依頼 »