« 豊洲移転の先送りは限界だ! | トップページ | 最悪はスパイ工作されることです »

2017年3月29日 (水)

民進党に見事な特大ブーメラン

 辻元清美氏に3つの疑惑が浮上 「拡散やめて」要求で陥った自己矛盾
 本筋は100万円寄付問題ではなく、実際は国有地がなぜ8億円値引きされたかのはずです2017329_2。それにしても、近畿財務局は国有財産を籠池氏も驚くほど、なぜ8億円以上も値引したのか。この辺りは、同和問題などに詳しい議員が把握していると見られています。昨日の国会では、安倍首相も辻元議員のメールに関連して強気の答弁をしていました。これからは、辻元議員と関西生コンの関係や籠池メールのことを質すことがポイントでしょう。
 まず、関西生コンの工作員を3日働かせて、マスコミに裏工作したことや、園児に対する行為は辻元議員の喚問や記録を検証すれば判明することです。ただ、
森友学園問題では、真相解明を求める声より、日本が大変な時期に、いつまで拘って審議や報道しているのかとの意見が強いようです。安倍政権は、全般に失点は少なく比較的高い支持率が気に食わないのか、いわれなき誹謗中傷であっても、何とか政権から引きずり降ろしたい野党は必死です。しかし、今回の民進党が「盛大に墓穴を掘る」、自爆声明を公表したことは見事な特大ブーメランとみられます。
 これを機に解散するなら、きっと、「民進党自爆解散」と呼ばれるはずです。Photo_2

■安倍首相が本気で怒り狂う!メールの公開を拒否しようと、民進党が必死に拒否!メールは公開!そこには辻元清美議員の名が・・・
    https://youtu.be/2fDMpagXF9c

■足立康史「辻元清美を日本から追い出す!」2017年3月25日   https://youtu.be/IGRhQu72_fw  

|

« 豊洲移転の先送りは限界だ! | トップページ | 最悪はスパイ工作されることです »

01、個人的に関心を持った話し」カテゴリの記事

コメント

かつての「堀江メール」を始め、「エセ小学生」、党首の「二重国籍疑惑」の追及、そして今回の「昭恵メール」と、これほどまでにネット絡みで失敗している政党も珍しいが、件の昭恵メールにしたって、かつて小泉総理が民主党との党首討論で堀江メールを糾弾された際に「そのメールが本物だと分かれば対処する」との旨を言って上手くかわしたように、今回も本物かどうかわからないといえば良かったものを、本物だと認めてしまった以上はもはや手遅れといったところで、そろそろネット通販の急増による宅配便の再配達問題が深刻化している中で、日本郵政さんが宅配ロッカー利用によるポイント制を設けたりしている一方で、
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20170329-00000801-fnn-bus_all
パナソニックさんの家庭用宅配ボックスが注文殺到で発売延期になっているとのことであり、
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170329-00000001-sh_mar-sci
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170329-00000525-san-bus_all
こういった再配達サービスは客の権利だといって居直ることもできながら、如何に日本の消費者がこの問題を自分のことのように考え何とかその解決に向けて貢献しようという良心の表れであり、御社としても延期後の発売の暁には直ちに商材として確保し、この商機を逃すべきでないことにも言及頂きたいかと…。

投稿: | 2017年3月29日 (水) 21時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/70080809

この記事へのトラックバック一覧です: 民進党に見事な特大ブーメラン:

« 豊洲移転の先送りは限界だ! | トップページ | 最悪はスパイ工作されることです »