« 高度の眼とAIの組合せで領域拡大 | トップページ | 北朝鮮のミサイル発射に想う »

2017年3月 6日 (月)

小池知事はポピュリズムの極み

 小池都知事の豊洲移転問題等への取組みは、大衆の利益201735_image3権利、願望、不安や恐怖感を利用した劇場型ポピュリズムの極みと見えてしまいます。
 記者会見で築地の汚染を問われた石原元知事は、「前から分かっていた」と返答。また、猪瀬元知事も「そこまで言って委員会」の番組で、「築地や豊洲に限らず、東京湾岸の埋め立て地域は工場跡地でもあり、何処も汚染されているのは常識」。2007(平成9)年4月、「石原さんは環境問題に熱心で、豊洲の土壌汚染対策等に関する専門家会議を設置したのは石原都政です」と擁護しています。
 多くの都民も最近は、「知事は不安を煽っているだけ・・」、「早く豊洲に安全宣言を出して欲しい」、「検証は移転後でもできる」、これが業者や都民の偽らざる声です。都知事は都民や業者の不安を煽ることではなく、安心感を与えるような正確な情報を提供することです。なのに、夏の都議選に利用できると見てか、権力を握る手段として政策より政局優先にしています。
 案の定、豊洲の地下水を過去8回と変えて調査し、環境基準の79倍のベンゼンなどを検出して不安を煽ったことや、「築地はコンクリートなどでカバーされ、汚染問題は無い」との矛盾したコメントからも”策士策に溺れる”姿が見えます。それに、築地市場は誰が見ても、老朽化が目立ち、空調装置も無く、外から害虫や野鳥、ネズミやゴキブリの出入り自由、アスベスト剥き出し、土壌汚染、トイレに出入りした長靴で歩いた床に魚を並べる等々から、誰が見ても不潔極まる場所です。猪瀬元知事が、「大切なことが知事不在のときに決めている」、「移転に熱心だったのは議会と役人だった」、「議員は、入札先の役員を兼務できない」、「マスコミはその時々の話題だけで、深みがないからダメだ。」と目先だけの報道姿勢も批判しています。そしてナゼか、2005年当時、汚染処理方法や売却価格の交渉をした都庁の担当者が、東京ガスに天下りした事実には触れません。
 議会制民主主義で選ばれる国民の代表である議員は、高い教養と判断力が求められます。しかし、大衆が喜ぶような公約を並べて、それをマスコミが評価して報道し、それを真に受けた愚民は扇動されて投票するもので、これが国をダメにする典型です。しかし、世界の政治の潮流は益々大衆に迎合した愚民による政治に陥ると見られます。Image3

|

« 高度の眼とAIの組合せで領域拡大 | トップページ | 北朝鮮のミサイル発射に想う »

11、東京都知事に注目」カテゴリの記事

コメント

経済学者の池田信夫氏は小池都知事のこの手法を「ヒトラー的」と評している一方、
http://agora-web.jp/archives/2023998.html
件の豊洲地下水の「異常値」については調査業者から衝撃発言も飛び出しているが、
http://otokitashun.com/blog/daily/14352/
おおかたの都民(いや、もう国民)にとっては「過去のことなんかどうだっていいから、結局豊洲に行くの?行かないの?」を早く決断してほしいというのが本音であるものの(もっとも、今の状況でこれを決断できるのは他ならぬ小池都知事しかいないのであるが)、それでも執拗に「過去」に拘るのは、どうもこうすることによって自民都連の数々の「悪事」をさらけ出し、今夏の都議選で小池新党に有利に働かせようという算段なのかといったところで、そろそろ食の安全といえば、立川市の1000人以上もの児童らにノロウイルスの苦しみを与えた「刻み海苔」の裁断、梱包業者の社長がノコノコとテレビに出てきたが、そのノロウイルスに感染していると自覚しながら、作業上煩わしいからといって東海屋との契約に反して「素手」で作業を行ったといい、恐らく大阪市による営業停止処分のみならず、看板に泥を塗られた東海屋も発注を止めるだろうし、これだけ報道されれば信頼も失墜して早晩廃業するだろうが、それにしてもどうも不可解なのは、東海屋ほどの企業であればこんな零細業者に下請けに出さなくても自前で設備投資して裁断、梱包まで一貫してできただろうに、何故外注していたのかを考えるに、結構あるのがその会社間の社長や経営者同士の「義理」「人情」の類であり、そんなことで1000人以上もの人の健康が脅かされてはたまったものではなく、読売新聞などでは食中毒の風評被害を受けた企業の人間にも家庭があり家族がいるのだから風評は慎むべきなどと主張する記事も見られるものの、義理・人情に甘えて食の安全に対して自覚のない業者は然るべき社会的制裁を受けても仕方がないことにも言及頂きたいかと…。

投稿: | 2017年3月 6日 (月) 12時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/69813759

この記事へのトラックバック一覧です: 小池知事はポピュリズムの極み:

« 高度の眼とAIの組合せで領域拡大 | トップページ | 北朝鮮のミサイル発射に想う »